カテゴリー「04e UK」の6件の記事

2015年7月 2日 (木)

シャーロック

ロンドンのべーカー・ストリート。もちろん、コナン・ドイル作の名探偵シャーロック・ホームズが医師のワトスンと共同生活をしていた下宿があったことになっていたところです。

Fe2578

<ホームズ像>K-7/DA16-50mm

ロンドン地下鉄でいうと、べーカー・ルー線、サークル線、ジュビリー線など5つの路線が交差するべーカー・ストリート駅が最寄り駅です。地下鉄を出ると、ホームズのブロンズ像が出迎えてくれます。

共同生活をしたことになっていた下宿の住所はべーカー街221Bとなっていますが、この住所は実は存在しないことになっていました。ところが、コナン・ドイルが亡くなったのと同じ1930年に、区画整理によって、221番地が誕生しました。

Fe2591

<シャーロック・ホームズ博物館>K-7/DA16-50mm

現在のべーカー街239番地には、こんな建物も。初めてロンドンを訪ねた2000年には楽勝で入場できましたが、昨年訪ねたら、長蛇の列で写真だけ撮ってきました。

この私設博物館は1990年にできたらしいですが、10年たった2000年の時点でも、あまり有名ではないらしく、べーカー・ストリート駅周辺にホームズの衣装を着た客引きがいたものです。

Fe2579

<ホームズのイメージ>K-7/DA16-50mm

ホームズというと、鳥打ち帽にパイプというイメージです。べーカー・ストリート駅の壁面にもこのイメージをシルエットにしたホームズの横顔がタイルで埋め込まれているくらいで。

Fe2580

<巨大鳥打ち帽>K-7/DA16-50mm

…のようにも見えますね。さすがはべーカー街です。でも、ここは…。

Fe2581

<マダム・タッソーろう人形館>K-7/DA16-50mm

アインシュタインにピカソですか。右の見知らぬオバサンがタッソー夫人だそうで。ここも、長蛇の列です。どうも、ロンドンの有料パビリオンは予約なしで行くとまず入ることができません。

ちなみにバンコクにもこのろう人形館ができたそうです。香港のヴィクトリアピークにもあります。香港ではブルース・リーだけは入場しなくても対面できます。

2000年に訪れたときにはマダム・タッソー別館の「ロック・サーカス」というパビリオンがピカデリー・サーカスにあったのですが、既になくなっていました。ロック・サーカスは並ぶこともなく、楽勝でしたが。中では、ビートルズもストーンズもロッド・スチュワートもいました。さすがに、日本人のろう人形はありませんでしたが。

kimcafeさん、バンコクでPUNCHと対面できますよ…ってもう実際対面してますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

ペテロの右足・ロンドン編

Fe2027

<ウエストミンスター大聖堂>K-7/DA16-50mm

ロンドンはヴィクトリア駅にほど近い、ウエストミンスター大聖堂です。世界遺産であるウエストミンスター寺院とは別物です。

Fe2014

<内部>K-7/DA16-50mm

中はこんな感じでして、奥には司教座があります。つまりは、イングランド国教会ではなく、ローマ・カトリックの大聖堂で、イングランドとウェールズでは最も大きいカテドラルなんだそうです。

あの、ヨハネ・パウロ2世も公式訪問しミサを行ったとか。そしてエリザベス2世(現女王)も1995年に公式訪問し、典礼に参加したそうですが、それはイギリスの君主としてはヘンリー8世(6度結婚し、イングランド国教会をカトリックから分離させた張本人)以来というから、500年近く無視していたことになります。

Fe2016

<聖ペテロ>K-7/DA16-50mm

で、こういう人物も像になっていました。頭に皿のようなものをのせているのは、「天使の輪」そのものでして、カトリックの聖人には輪っかができるのです。

ペテロはキリストの一番弟子で、後にローマまでたどり着いて亡くなり、その墓があった場所がサン・ピエトロ大聖堂となったとされています。

そのあたりの下りは、こちらを参照のこと。

Fe2017

<ペテロの右足>K-7/DA16-50mm

サン・ピエトロ大聖堂の中にあるペテロ像には伝説があり、その右足に触れると幸せになれるとのことで、かなりすり減っています。もっとも、最近の画像をチェックすると、右足の摩耗がすごいためか、足にカバーのようなものをつけられています。

ロンドンのペテロも同じような効果があるのか、触っていく人がいるようです。ちょっと色が変化していますね。

Fe2018

<右足拡大>K-7/DA16-50mm

ま、もともとカトリックの信者の少ないイギリスですから、ローマほどひどいことにはなっていないようです。

昨年のことですが、写真は撮りましたが、足には触れてこなかったな。今幸福度がいまいちなのはこのせいかも…。

インドに向けて
小物を調達中です。土産とかじゃなくて。今日は自転車用のダイヤル式ワイヤーロックを100均で購入してきました。これで大きい荷物を結びつければ、移動中のトイレも安心。いやいや、トイレじたいがやばい可能性も…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月11日 (月)

地味なイギリス、家屋は派手

Fe2107

<トラファルガー広場>K-7/DA16-50mm

紳士淑女の国といわれるイギリス。国民性も地味といわれますが、なかなか侮れません。

このところのニュースも王室に王女が誕生とか、総選挙の意外な結末など、けっこうスポットライトを浴びていると思います。

Fe1259

<閉店中のパブ>K-7/DA16-50mm

赤一色の元パブ。この時点で借り主募集中のようでした。はっと目を引く鮮やかさです。ドーバーにて。

Fe2287

<楽器店>K-7/DA16-50mm

黄色い壁に赤枠の窓。これもまた目立ちます。イギリスの建物は、地味なものも多いのですが、数軒にひとつは派手な外観のものがあります。思わずシャッターを切ってしまいます。ブライトンにて。

Fe1268

<パブ兼B&B>K-7/DA16-50mm

下がパブ。上階はB&B。WiFiはなさそうですが、何となく泊まってみたくなる気もする宿です。色合いは普通だと思いますが、こういう感じのツートーンは斬新かも。これまたドーバーにて。

ロンドン、リバプールなどの中心部では建物が中層のビルのようになっているところが多いので、あまり個性的なものは出てきませんが、地方の中小都市になってくると、こういうものが増えてくるようです。

自分の場合、いきなりドーバーから入りましたから、それまでのフランスとはものすごく違うと感じました。

物価は高いですが、街歩きは楽しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

つなぎの食事

Fe2006

<ヴィクトリア駅前のパブ>K-7/DA16-50mm

イギリスでは物価が高いこともあって、外食をする場合、店を選ぶところから慎重に行う必要があります。

イングランドもしくはイギリスの料理というものは、シンプソンズなどの超高級店かダイニングパブくらいしか選択肢がなく、あとはスタンドでフィッシュ&チップスあたりに落ち着いてしまいそうです。

となると、外国料理ということになりますが、中でも目立つのが中国料理とインド料理です。どちらも古くからの移民がいて、本格的な味を保っていますが、毎日こればかりだと飽きてしまいます。

ということで選んだのが、フランス料理の店でした。

Fe2314

<シトロンプレッセ>GR DIGITAL

本当ならワインも飲んでみたい気持もありましたが、後でパブに行くことにして我慢します。これはレモン果汁を水とソーダで割る飲み物。オレンジ果汁ならオランジュプレッセです。結構いけました。

Fe2317

<オニオングラタンスープ>GR DIGITAL

かなり本格的。味もいうことなしです。

Fe2320

<フィッシュケーキ>GR DIGITAL

なんだろうなと思い注文してみました。要するに、魚をミンチにして、衣をつけて揚げたものです。魚のクロケット、魚コロッケですね。これは鮭です。スモークサーモンあたりになると、とんでもない金額を取られそうですが、これは安いです。味も庶民的。

場所はヴィクトリア駅隣接の二階で、マクドナルドをはじめとする食事の店が集まっているところ。Cafe Rougeというところ。料金も18.6ポンドとロンドンにしてはリーズナブルではありました。

でも、パンが注文しないとでてきません。

Fe2322

<外でギネス>GR DIGITAL

宿近くのパブでギネスを注文。4.1ポンド。

初回のイギリスでは、夕食をすべて外国料理でまかないました。中国、ギリシア、インド、韓国、イタリアなど国際色豊でしたが。

さて、今年もタイフェスティバルの季節になってきました。今年は5月16日(土)~17日(日)となっています。我が、「ヤムの会」も16日に出撃します。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

Photo Of The Year 2014(3)

それでは一気に4位から1位までを発表します。

Entry No.4

2014b04

<本日の収穫>

Data:PENTAX K-7/FA35mm
Place:Myanmar/Amarapura

夕刻のウーベイン橋。十分な収穫を持ち帰る地元の男性。漁師なのか普通の男性なのかはわかりません。

ここ、もうひとつ写真がアップされますので、ミャンマーでも有数の「いい写真」が撮れるスポットなのだと思います。

Entry No.3

2014b03

<ドーバーのパブ>

Data:PENTAX K-7/DA16-50mmZoom
Place:England/Dover

早朝のドーバー散歩です。まだ店さえ開いていません。食事事情の厳しいイギリスでしたが、被写体はかなり豊富です。

Entry No.2

2014b02

<参拝の女性>

Data:PENTAX K-7/DA15mm
Place:Thailand/Bangkok

これは狙って撮りました。女性が行動してからだと、ストーカーみたいになりますので、はじめからこの位置にいて、人が入ってきたのでシャッターを切ったのです。

Entry No.1

2014b01

<僧侶>

Data:PENTAX K-7/FA35mm
Place:Myanmar/Amarapura

これまたウーベイン橋にて。やっぱりここは絵になります。

さて、いかがだったでしょうか。どちらかというと、単焦点レンズの方が撮影に集中でき、いい感じに撮れますね。ズームだと、あまり考えずに何となく撮っている感じもします。2014年という1年間ではありますが、2013年12月のミャンマーから、2014年8月のイングランドまでですね。

この前の旅のものは次年度公開となりますかね。

お気に入りの写真がありましたら、是非是非コメントください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

Photo Of The Year 2014(2)

本日は7位から5位まで。

Entry No.7

2014b07

<ホワイトクリフ>

Data:PENTAX K-7/DA16-50mmZoom
Place:England/Dover

すでに発表した作品。深夜特急ルートでカレーからドーバーまでフェリーを使いましたが、終始雲の低くたれ込めたような天気でした。船内でアナウンスがあり、窓からドーバーの白い崖が見えたので急いでデッキに出てみると、晴れ渡り、爽快な気分に。デッキに出てきた旅行者たちも同じような気持だったと思います。

やっぱ、写真は晴れている方が数倍いいですね。

Entry No.6

2014b06

<看板娘>

Data:PENTAX K-7/DA16-50mm
Place:France/Paris

未発表作品。セーヌ川沿いという観光ルートでありながら、人々の生活感も残るような路地にて発見しました。カフェの看板娘です。フランスなんですが、キャラはしっかりアメリカンです。看板娘ですが、少なくとも30年以上はここに立ち続けているような気がします。

Entry No.5

2014b05

<アイスクリームショップ>

Data:PENTAX K-7/DA16-50mmZoom
Place:England/Liverpool

クラシックなデリバリー車が仲良く並びます。イングランドというと、色遣いが地味に思えますが、意外にも鮮やか。

本日はここまで。次回はベスト4を一気に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)