« ボローニャの斜塔に登る | トップページ | ピサの斜塔に登る »

2006年12月15日 (金)

マンジャの塔に登る

高いところシリーズ第3弾。

トスカーナ中部にある小都市シエナ。アクセスはフィレンツェからバスで1時間。ちなみに、このバスはフィレンツェ市内を走るバスとは違い、おそらく「バス」または「アウトブス」と発音しても通じない。都市間を結ぶバスのことをプルマンと呼ぶ。ちなみに車体は水色か青。沢木耕太郎が、イタリア南部のプリンディシに上陸し、「ローマまでバスで行きたい」と聞いたところ答えは「鉄道で行け」といわれたのも、プルマンという言葉を知らなかったからかも知れない。

If0216

<ブルマン>by MZ-3/FA35mm F2.0(Fujicolor Super400)

ちなみに、この画像はフィレンツェとシエナを結ぶものではなく、ローマとティヴォリを結ぶもの。

シエナは世界遺産に指定されたところ。中心部にある扇形のカンポ広場へ。ここは、7月2日と8月16日に「パリオ」と呼ばれるシエナの地区対抗の裸馬による競馬が行われる。

If0456

<プップリコ宮>by MZ-3/Sigma20mm F1.8(Fujicolor Super400)

カンポ広場に立つ現在は市庁舎のプップリコ宮。時計台のようなものはマンジャの塔。ここに登ろうと思う。

マンジャの塔は高さ102m。煉瓦造りの塔で、1日に販売するチケットの数は950枚に限定されている。そのために、朝食も食べずにフィレンツェを朝早く発ってきた。だが、この日は天気が悪く、直前まで雨模様。マンジャの塔は雨の日や雨のあとはチケットの販売を見合わせる。チケット売り場の前でしばらく待たされることになる。

If0464

<プップリコ宮内部>by MZ-3/FA35mm F2.0(Fujicolor Super400)

中に入り順番待ちをしていたら、職員がおがくずをまいてならしていた。これは、パリオに出場する馬のためか。ちなみに訪れたのは、パリオをすぐに控えた8月11日のこと。ここから馬が出ていくようである。

ようやくゲートが開き、10名程度が招き入れられる。階段を上がりようやくチケット売り場。入場料6.0ユーロ。だが、塔に登るためには、大きな荷物を無料のロッカーに預けなくてはならない。カメラは持っていていいが、交換レンズの持参も不可。どうするか一瞬考え、20mmレンズをつけることにする。

螺旋階段をぐるぐると登る。上に行くに従い狭くなるが、フィレンツェのドゥオモのクーポラほどではなく、10名程度限定なので、降りてくる人もなく自分のペースで登ることができる。ようやく頂上部へ。

If0472

<マンジャの塔からの眺め>by MZ-3/Sigma20mm F1.8(Fujicolor Super400)

さすがに高い。カンポ広場は本当に扇形だ。塔の上ではたまたまイングランドから来た子供と交流してしまう。

If0475

<三きょうだい>by MZ-3/Sigma20mm F1.8(Fujicolor Super400)

6歳、9歳、11歳だったかな。とうちゃんは後ろで写真撮影に夢中。

塔に登るにはいろいろ規制がありますが、危険ではないと思います。とはいえ、安全対策もばっちりで、こんなものもありました。

If0479

<緊急連絡用電話>by Ixy digital 500

とはいえ、イタリア語を話せなくてはどういう状況か伝えられないな。たぶんまわりの人が知らせてくれるだろうけど。

If0452

<パリオの準備真っ最中>by MZ-3/FA35mm F2.0(Fujicolor Super400)

これは、パリオ見物のためのスタンド席作り。ここをキープするのにはかなりのお金を払う必要があるらしい。初めてイタリアに行った時にも、やはりパリオ前のシエナを訪れたのですが、もっと直前でシエナの人は地区の紋章入りのスカーフなどを羽織って対抗意識を丸出しにしていました。地区の応援歌みたいなものもあって、これを合唱する人たちもたくさんいましたね。

シエナはここだけではなく、ドゥオモ周辺にも見所があります。近隣のサン・ジミニャーノと合わせるも良し、1日かけてゆっくり見学するも良しです。お勧め。

|

« ボローニャの斜塔に登る | トップページ | ピサの斜塔に登る »

04a Italy」カテゴリの記事

Tower」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

僕は3年前にお菓子買いにシエナに行きましたよ。フィレンツェからの日帰りでしたけど。
まだ時間に余裕があるなら寒くて物価も高いけどぜったいにコルティナですよ。
そこで壁を見ながらホットチョコレート。

投稿: シッシー | 2006年12月15日 (金) 20時11分

シッシーさん、こんにちは&はじめまして。
シエナのお菓子というと、パンフォルテですね。この時は購入しませんでしたが、前に行った時にナンニーニで購入したと思います。

コルティナというとコルティナ・ダンペッツォですか。
壁というとドロミテですね。
イタリアのアルプスは未訪問です。コモまでは行きましたけど。

また、カキコに来てください。ありがとうございました。

投稿: ヒョウちゃん | 2006年12月15日 (金) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/13073461

この記事へのトラックバック一覧です: マンジャの塔に登る:

« ボローニャの斜塔に登る | トップページ | ピサの斜塔に登る »