« 佐敦の朝はお粥で | トップページ | 黄枝記の雲呑麺と油菜 »

2007年4月 8日 (日)

マカオへ

宿をチェックアウトして、マカオに向かう。移動手段は次の通り。

  1. MTR(地下鉄) 佐敦站-(荃灣線)-金鐘站-(港島線)-上環站
  2. 港外フェリー  港澳碼頭-(Turbo Jet/噴射飛船)-新港澳碼頭
  3. タクシー/的士

まずはMTRの利用。香港の地下鉄もバンコクのBTSなどと同じように、リサイクル式のプラスチック製のものがチケットとなるが、朝食時にプリペイド式の八達通(オクトパス・カード)を購入済み。これはとても便利で、センサーの上をかざして入場する。このところようやく、日本でもSuica・PASMOという同じようなものができたが、香港ではこれをイギリスから独立した1997年7月から導入しているのだ。

Hm033

<八達通>GRD

7年前の香港・マカオの時もこれを購入して動き回っている。自宅のどこかにあるはずだが、とうとう見つけられなかった。なので、今回また購入することとなった。料金は150HKDだが、うち50HKDがデポジット。チャージも簡単にできて、50~1,000HKDまで可能。わたしも、100HKDチャージしました。

7年前には、オクトパスの利用範囲は、地下鉄とバス、KCR(九廣鐵路)、LTR(九廣輕鐵)ピークトラムくらいに限られた。バスも香港と九龍だけなら、利用可能だったものの、新界の路線では対応していないものもあった。

それが今や、バスはほとんどの路線で利用可能。ミニバスも対応しているという。それに加え、尖沙咀と中環などを結ぶ、港内フェリーと離島への港外フェリーの一部も利用可能になった。また、レトロそのものの二階建てトラムも利用可能である。それとコンビニの買い物にも使えるのである。

Hm034

<駅への入口>GR1s/28mm/EBX

地下鉄への入口はアスタリスクのようなマークのところ。わたしは前日このあたりで降ろされて、夜の街を彷徨うことになるのだが。では、駅へと行き、オクトパスで改札を通過。ちなみに、地元の人はいちいちカードを出さずに、財布やカバンをセンサーにかざして通過している。

Hm036

<スクリーン・ドア>GRD

ホームにはスクリーン・ドアが設置されている。バンコクの地下鉄も同じだが、香港の地下鉄は営業を続けながら順次これを増やしていったことになる。7年前にはこんなものはなかった。

さて、マカオ・フェリーターミナルのある上環へはこの路線では乗り換えが必要。そのまま終点の中環で行ってもいいが、かなり歩くことになり、海底トンネルを渡ってすぐの金鐘で乗り換えた方が便利。

Hm042

<Turbo Cat>MZ3/35mm/RVP100

さて次はフェリーの利用。上環站からフェリー・ターミナルまではかなり歩く。マカオまでは138HKD。11:45の船を利用。ここには当然イミグレーションがあり、パスポートにスタンプを押される。だが、相当数の中華人民共和国発行のパスポートを持つ者がいて、かなり時間をかけられている。なんとかぎりぎりで間に合ったが、満席であった。

Hm039

<たった一晩だけの香港を眺める>MZ3/35mm/RVP100

このフェリー路線は、Turbo Jetという会社の運営。かつて、激しく競争を繰り広げていた、Turbo Cat(港澳飛航船)とFar East Jetfoils(遠東噴射船)が合併しほとんど独占状態である。船は高速双体船のターボキャットとジェット噴射式水中翼船のジェットフォイルが入り交じっている。今回は乗り心地の良いといわれる、ターボキャットに当たる。

Hm041

<友誼大橋>GRD

香港を発っておよそ1時間。友誼大橋をくぐりいよいよマカオ。しかし、イミグレは大混雑で、およそこれに30分以上も要してしまう。大陸出身者がかなり多そうで、マナー悪し。

ようやくたどり着いたマカオ。ここでは香港ドルもマカオパタカ(以下MOP)と対価で使えるのだが、実は若干香港ドルの方が高いのである。そこで少額をパタカに換えておく。イミグレを出たあとなので、世界の常識に従ってレートは悪い。

フェリー・ターミナルを出ると大きなホテルへの無料送迎バス(免費巴士)が待っている。ここで、2泊する新麗華酒店(ホテル・シントラ)のバスを探したのだが、どうもない模様。仕方なく、タクシーの列に並ぶ。宿までは23MOPで、荷物をトランクに入れた分を取られた。タクシーが動き始めてシントラの免費巴士を見かけたがもう遅い。

宿についてようやく人心地である。ああ、疲れたぜ。

注 とんびさんの「ユーラシアブログ」に八達通に関する記述がありましたので、トラックバックさせていただきました。

|

« 佐敦の朝はお粥で | トップページ | 黄枝記の雲呑麺と油菜 »

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

オクトパスは便利です。いちいち金額を確かめたり、小銭を探したりする手間が要らないし、おまけに割引まである。
自分の場合は、船に何度も乗ったので、2回チャージしたかな。
さて、マカオのホテルのバス、タクシーに乗ってから見つかるとは、ちょっと残念でしたね。

投稿: とんび | 2007年4月 9日 (月) 03時05分

とんびさん、こんにちは。
オクトパス・カードは小銭がいらないので便利ですね。
それに、これを使うと若干割引になるんです。
これがマカオでも使えると便利だったんですけどね。
通貨システムが違うのでだめなのかなあ。
免費巴士はホテルの入り口までつけてくれて、そこからベルボーイが荷物を運んでくれるので、かなり使えますね。
帰りには乗ったのですが、なんとひとり貸し切りでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月 9日 (月) 21時33分

こんにちは、バンコクの”かじ”です。

私のバンコク日記(ブログ)へ来ていただきありがとうございます。
ここへは初めてですが、今後見に来ますのでよろしくお願いいたします。
香港の”オクトパス”は私も持っています、非常に便利ですね。
香港・マカオは今年また行く予定ですので、参考になります。

投稿: かじ | 2007年4月10日 (火) 21時07分

かじさん、こんにちは&はじめまして。
ようこそです。
オクトパスはやっぱり便利ですね。便利店(コンビニ)でも、小銭がいらないので、何回か飲み物を買ったりもしました。
このブログがどのくらい役に立つかわかりませんが、参考にしてもらえばありがたいです。
では、これからもよろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年4月10日 (火) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/14611745

この記事へのトラックバック一覧です: マカオへ:

» 【アジア カジノ】台北~マカオカジノとマカオタワー [吉本興業 芸人ではなく社員HP]
ゴールデンウイークへ遠方へ出かけるなんて、どこへ行っても人だらけで考えたくもなかった。。。 しかし、せっかくの休日にジッとしているなんて、与えられた人生における時間を無駄に過ごしているようで・・・ で、今年初のカジノへ行こうかと・・・フッっと思った...... [続きを読む]

受信: 2007年4月23日 (月) 18時06分

« 佐敦の朝はお粥で | トップページ | 黄枝記の雲呑麺と油菜 »