« マカオタワーとペンニャ教会 | トップページ | 生記で及第粥 »

2007年5月 3日 (木)

ファーストフェリーで尖沙咀へ

マカオに2泊し、香港に戻る。来た時には上環からTurbo Jetを使ったが、帰りは違うルートにしようと思っていた。ホテル・シントラで荷物を受け取り、免費巴士に乗り込む。ベルボーイが荷物を運んでくれて快適です。バスはなんと独り占め。途中ホテル・リスボアとニュー・ヤオハン(新八百伴)に立ち寄ったが、誰も乗ってこなかった。

Hm339

<ファーストフェリー>MZ3/35mm/RVP100

香港・マカオ間の移動だが、圧倒的に上環から出るTurbo Jetを利用するのが普通だろう。だが、この間にはもう一つのルートがあり、尖沙咀の中港城(China Hong Kong City)までファーストフェリー(新渡輪)が結んでいるのだ。

マカオのフェリーターミナルでは、ファーストフェリーの窓口を探すのにちょっと苦労した。料金は140HKDとTurbo Jetよりもちょっぴり高い。尖沙咀行きの乗船口もかなり離れた場所にあった。

待合室はほどよい混み具合で、しばらくすると船への通路が開かれた。船内には残念ながら大きな荷物置き場がなかったが、通路に置いた荷物を係が隣の空席に置けと身振りで示す。

Hm341

<ファーストフェリー船室>GRD

紫のシート。Turbo Catと比べると1ランク下のような簡素さ。乗客は5、6割くらい。尖沙咀まで1時間以上かかりました。

Hm415

<入国スタンプ>GRD

中港城から市内へのアクセスは、公共バスとタクシー(的士)のみ。わざわざ、そんな不便な場所を選んだのは、入国スタンプに違いがあるかも知れないと推測したからである。

香港の出入国スタンプは空港が黒。かつての啓徳空港でも同じ黒を使っていた。上環のフェリーターミナルは青である。では、中港城はというと、緑であった(画像右上参照)。なるほど、考えていた通りである。

Hm354

<タクシー>GR1s/28mm/EBX

この日の宿はYMCA International House(香港青年會國際賓館)。タクシーに乗り込み、行き先を「YMCA 、油麻地」と告げる。香港にはYMCAが2ヶ所あり、間違わないためである。料金は荷物代込みで25HKDであった。ちなみに、香港島と九龍を走るタクシーはすべて赤と白の塗装である。新界は緑、ランタオ島は青。それぞれ料金体系も違っているが、この3種類のタクシーを見ることができるのは、香港国際空港のみです。

油麻地のYMCAは、1999年にネパールの帰りに利用したことがある。その時は、部屋の備品などにも満足したのだが、さすがに古さは否めなかった。

Hm343

<YMCAの客室>GRD

シンプルにシングルベッド2つ。必要最低限のものはある。冷蔵庫もあって、中はがらんどう。この宿だけはデポジットを取られなかったのであるが。部屋は9階にあったが、使えるエレベーターは2基のみ。どうやら旧館に案内されたようであった。しかし、ベルボーイは部屋まで荷物を運んでくれた上に、チップも要求することなく去っていく。

ここでは、インスタント麺の有料サービスも行っている。やはり、ちょっとお金のある欧米バックパッカーが利用するのだろうか。

ここが香港の拠点となるのである。

|

« マカオタワーとペンニャ教会 | トップページ | 生記で及第粥 »

902t Hong Kong & Macau」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/14937303

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストフェリーで尖沙咀へ:

« マカオタワーとペンニャ教会 | トップページ | 生記で及第粥 »