« 続ローラン・ギャロス | トップページ | ネパール:トロリーバスで子供と交流 »

2007年7月15日 (日)

麺線

台北観光をして宿に戻ってきたものの小腹が空いた。宿の近くを歩くと手頃な小さな店があり、麺を食べさせていた。1杯注文。店の番をしていた青年は「ありがとう」と日本語で答える。その頃台湾を歩くと何故か日本語で話しかけられる。年配者ではなく20~30代くらいの人たちである。どうやら日本語ブームらしかった。

Tw054

<大腸麺線>GR1s/28mm/Fujicolor Super400

これが初めての麺線との出会いである。とろみをつけた極細の麺に豚の大腸を煮込んだものをトッピング。コリアンダーが散らしてある。一部では「台湾の素麺」とも紹介されているが、まあ手軽なスナックだろう。これは気に入った。

翌日は自強號という、特急列車で高雄へ移動する。宿には朝食はついていないので、どこかで食べることになるが、あの店にまた行ってみよう。しかし、店はまだ開いていなかった。再び、何か食べられるものを探して歩くと、麺線の屋台があった。テイクアウトして、公園で食べる。

Tw058

<テイクアウトの麺線>GR1s/28mm/Fujicolor Supre400

これもまた美味しかった。テイクアウト用に蓋が付き、ビニールに入れてくれる。箸はなく、使い捨てのレンゲでいただく。その後別の屋台の麺線を食べたが、やはり箸はつかなかった。店で食べれば、つくのだろうが。

麺線はインスタントのカップ麺もあることがわかった。台湾の手頃なホテルには湯沸かしポットがあるのでこういう時には便利である。麺が好きな友人に土産にしようと思ったが、自分でも食べてみたいので2個をコンビニで購入。翌日の朝食にした。

Tp271

<カップの麺線>Coolpix880

これはかなり塩分が多かったような思い出があるが、まあ美味しい。とはいえ、最初に出会った大腸麺線がもっとも美味かったのだが。

麺線に限らず、台湾のB級グルメはまだあるので、ぼちぼち紹介していきたいと思います。

|

« 続ローラン・ギャロス | トップページ | ネパール:トロリーバスで子供と交流 »

01b Taiwan」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 B級グルメ、いいですねー。私はツァーで行くことが多く、食事付きなので、そういう機会は少なくて。でもアジアだと衛生上の問題があって、やっぱり屋台で食べるのはちょっと、という気がします。台湾や香港なら大丈夫でしょうね。

投稿: マサエ。 | 2007年7月16日 (月) 10時26分

台湾の人は親日家が多く、また日本語が流暢な人が多いですよね。
初めて台北に到着した時、街中でご老人に「どこへ行きますか?」と流暢な日本語で声を掛けられ、ちょっと驚いたことがあります。
年配の人だと日本語が上手なのもわかりますが、若者でもブームになっているんですねー

大腸麺線、味が濃そうな見た目ですが、白米と一緒に食べると、すすんでしまいそうな一品ですね。

投稿: 旅ランナー | 2007年7月16日 (月) 11時20分

◇マサエ。さん、こんにちは。
タイも屋台メシはなかなかです。
カンボジアも問題ないでしょう。
まあ、見た目の衛生度は気にした方がいいですね。
台湾や香港では屋台でも免許がいるので衛生観念はしっかりしていると思いますよ。
ホテルの朝食、ありがたいものがありますが、1食くらい抜いてこちらにチャレンジしてみるというのも、一興ではないかと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年7月16日 (月) 15時01分

◇旅ランナーさん、こんにちは。
日本語教育を受けた世代もかなりの老齢化が進んでいると思います。
ただ、山地同胞と呼ばれる、少数民族の人たち、たとえばアミ族とタイヤル族などは、言葉が通じないので、日本語でコミュニケーションを図っているということを聞きました。
ただ、北京語教育が相当進んでいるので、やがて消えゆく日本語ということになりますね。

一方、街にあふれる日本語ですが、「の」の字などは香港とともに、かなりあふれています。
また、「おじさん、おばさん」という言葉はそのまま使われていますね。
一時ハーミー族が話題になりましたが、テレビなどでは未だに日本のドラマなどが字幕で放送されているので、言葉を覚えてしまった人もいるのではないでしょうか。

麺線はあくまでも麺類なので、ご飯と一緒ということはないと思いますが、いけるかも知れませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年7月16日 (月) 15時09分

食べ物になると出てきてスミマセン(笑)
(でも、ローラン・ギャロスの記事もちゃんと読んでますよ~)

ジャンクフード好きなので、カップの麺線にも惹かれますが、やっぱりちゃんと作ってもらったものの方が具沢山で美味しそうです。
辛ラーメンのカップはもはや日本でも当たり前に売ってますが、台湾のこういうのも売ってるのかな?アメ横とかいけばありそうだけど。

投稿: やまきち | 2007年7月22日 (日) 18時01分

◇やまきちさん、こんにちは。
いえいえ、食べ物だけでも反応してくれて、嬉しいですよ。
やっぱり、店で作ってくれる麺線が一番美味しいです。
屋台もいいですが、落ち着いて食べることができないし。
うちの近くのスーパーでも辛ラーメンは普通に売られてますね。
台湾のものは麺線に限らず、見たことないです。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年7月22日 (日) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/15764758

この記事へのトラックバック一覧です: 麺線:

« 続ローラン・ギャロス | トップページ | ネパール:トロリーバスで子供と交流 »