« ブロシェット | トップページ | 青い誘惑-シャウエン »

2007年10月20日 (土)

シャウエンの安宿

前の記事に書いた通り、ティトアンは1泊で切り上げシャウエンに移動。バスチケットは持っていなかったので、またもグランタクシーのお世話となる。30DHで1時間と少し。客は比較的早く集まり、昼前にはシャウエンに到着した。

Im0881

<Hotel Boston>MZ3/35mm/RVP F

荷物を取り出し、ガイドブックの地図を見ていると傍らにいた青年一歩手前の少年が「シャウエンにようこそ。あのホテルはいい」と教えてもらったのが、Hotel Boston。ここから目と鼻の先である。ならば、行ってみようか。

ガイドブックによると、オーナーはボストンに居住していたことがあり、アメリカ国籍を持つとある。案内されたのは、5階の部屋。日本風にいうと4階にあたるが、もちろんエレベーターはない。最上階である。1泊110DHで、2泊した。

Im0694

<宿泊した部屋>GRD

セミダブルのベッドひとつ。机あり。荷物置き場はないので、机の上に置いた。あとで、柄物の布を持ってきたので、これをベッドに敷いた。シャワーとトイレは共同。典型的な安宿である。ただし、ここにはバルコニーがあり、洗濯物が干せた。ただし、隣の部屋の窓があって、ちょっと気になる。

Im0696

<狭いバルコニー>GRD

屋上も見て欲しいとのことで、そちらに行ってみると、なかなかの眺め。ここにも2部屋ほどあった。ただし、部屋の外にベッドを持ち出して眠っている連中もまだいる。ドミトリーみたいにもなっているのかな。

Im0697

<屋上より>MZ3/50mm/RVP F

泊まる旨を告げると宿の主人は従業員を呼んで部屋の掃除をさせた。まだ、チェックアウトしたばかりらしく、ゴミが散乱している。ベッドメイクもされた。

世間話をしていると、宿の主人は「これを吸うか?」と持ち出したのが、ハシシである。そういえば、グランタクシーを降りたところで出会った少年も、同じことをきいた。リフ山脈に点在する都市では未だにキーフという習慣があるらしい。つまりは大麻吸引のことである。

もちろん、丁寧にお断りをしたが、主人はさらに丸薬のようなものもとりだして同じことをきく。こちらは樹脂なのだろうか。グランタクシーのドライバーも突然山道でクルマを止め、道ばたの草をトランクに放り込んだほどである。

主人はこちらの腕の南京虫に食われた跡も「何だ?」といってくるし、注射跡にでも見られたか。…ということで、ちょっとしたジャンキー宿なのかも知れないが、居心地はよかった。

「地球の歩き方」には1泊40DHで登場している。ハイシーズンなので、値上がりしているのかも知れない。朝食付きともあるが、その気配はなかったので、外で食べた。一方、「ロンリー・プラネット」では紹介されていない。キーフがネックになっているのかも知れない。でも、モロカンたちはかなり泊まっている。彼らにとってはまあまあの宿なのかも。

トイレはアラブ式。もちろん紙はない。シャワーは従業員にいって鍵を開けてもらう。鍵を貸してくれるのではなく、鍵を開けに来るのである。使い終えたら、その旨を再びいうのだ。シャワールームには、洋式トイレもあったが、ほとんど使われていないようだった。お湯の出はあまりよくない。だが、日中暑いのであまり気にならなかった。もっとも、冬は寒くて仕方ないかも知れないが。シャワールームは1フロアに1つあるようだ。

アメリカ帰りということでか、階段などにはアメリカ映画のポスターやボストンの夜景の写真などが掲げられている。ジャンキーなオヤジだが、きっちり断ったので、その後もしつこく勧められるということはなかった。この手の宿もまあまあ泊まれるなと思った次第である。

|

« ブロシェット | トップページ | 青い誘惑-シャウエン »

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

 1泊110DHですか。安い!。でもトイレとシャワーが共同というのは、私には無理だな。日本でもそういうところには泊まってないので。
 それにしても、ハシシを勧められるとは。モロッコにもそういう習慣があるのですねー。知りませんでした。

投稿: マサエ。 | 2007年10月21日 (日) 10時45分

◇マサエ。さん、こんにちは。
この宿は星なしでしたが、一つ星くらいのところでも、共同シャワーは割とあります。
後日、そういうところにも泊まりますので、また来てください。
モロッコで面白いのは、シャワー付きの部屋でもトイレが共同だったりします。今回はそういうところはありませんでしたが。
トイレ・シャワー共同って、ユースホステルなどがそうですよね。ご利用されたことはありませんか?
不便そうですが、慣れるとまあこんなものかなと感じますよ。
リフ山脈では、キーフの習慣があるようですが、他の地域でも、長いキセルで吸っている人がいましたよ。
わたしゃ、前回の時は成田で足止めくらいまして、荷物調べられました。今回はノーチェックですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年10月21日 (日) 14時30分

お邪魔して、とても素晴らしい写真とモロッコ気まま旅の様子を楽しませて頂きました。

投稿: sonata | 2007年11月 3日 (土) 09時32分

☆sonataさん、こんにちは&はじめまして。
マサエ。さんのところからいらしたと思いますが、ようこそです。
モロッコですが、おそらく年内はこの話題で記事を上げていくことになりそうです。
長くなりますが、また来てくださいませ。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年11月 3日 (土) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/16817441

この記事へのトラックバック一覧です: シャウエンの安宿:

« ブロシェット | トップページ | 青い誘惑-シャウエン »