« ジュース屋台の男たち | トップページ | 屋台をはしごする »

2007年12月16日 (日)

クトゥビアの塔と昼間のフナ広場

マラケシュのメディナのランドマークが、クトゥビアの塔。高さ77mとなかなかすっきりした姿で、ジャマ・エル・フナ広場あたりからなら、確認できるはずである。メディナの奥に行っても、わかることもある。

Im1485

<観光馬車とクトゥビア>MZ3/35mm/E100VS

フナ広場の入り口には観光馬車がずらっと客待ちしている。フナ広場は歩行者天国のようなものだが、時折馬車が通っていくので、注意は必要だ。

Im1492

<クトゥビア>MZ3/35mm/E100VS

普通ミナレットはモスクに付属するものだが、クトゥビアの近くにはモスクはない。かつては登ることもできたそうだが、これも現在はできない。ただ眺めるだけである。だが歴史は古く、1192年に完成したそうだ。なんと、鎌倉幕府の成立と同じ年である。

新市街からやってくる場合、市内バスからはようやく最後に見ることができる。そういうルートなのである。徒歩の場合はコブ門からまっすぐ歩けばクトゥビアの脇を通るはず。夜はライトアップされ綺麗です。

フナ広場に戻る。ジュース屋台の記事でも紹介したが、ありとあらゆる人たちがいる。だが、彼らは無断撮影を嫌うので、なかなか撮ることができない。ちょっとしたチップを渡せば快く応じてくれるのだが。

そんな中で何とか撮影に成功したいくつかを紹介する。

Im1578

<ヘンナ描き>MZ3/35mm/E100VS

ヘンナを使って手や足にさまざまな模様を描くことはモロッコでの習慣のひとつ。これを観光客相手に行うわけだが、とりわけ欧米人には人気のようである。近くで眺めて、写真に収めようとしたら、「ノーフォト」といわれ、遠くから撮ることにする。

やっているのは女性ばかりで、あまりお姉さんと呼べる人は少なそうである。欧米系はタトゥ代わりに腕などにもやってもらうようだ。しばらくは残るようだが、腕の悪い人や品質の劣るヘンナを使っている場合もあるらしい。

Im1577

<路上の歯医者>MZ3/35mm/E100VS

モロッコは歯医者が多く、歯の形のわかりやすい看板を掲げているのですぐにわかる。それにしても、これはミント茶の飲みすぎではないのか。なんてことを気にしてしまったりして。

で、フナ広場にも免許があるのかどうか、非常に怪しげな歯医者がいます。右のものは歯の型なのか入れ歯なのか。左は明らかに抜いた歯である。こんなところで抜歯したくないですね。とはいえ、やってもらっている場面はまったく目撃していませんが。

Im1506

<ライトアップされたクトゥビア>GRD 3:2mode

これは、ISO感度を800くらいに設定。もちろん、ノーフラッシュです。

さあ、夜になった。フナの屋台で夕食と行きましょうか。

|

« ジュース屋台の男たち | トップページ | 屋台をはしごする »

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Tower」カテゴリの記事

コメント

クトゥビア、朝、バスターミナルそばの門から城壁内に入り、市場とか歩いているうちに迷子になりました。だから、クトゥビアまで行くのに苦労しました。夜、フナ広場で食べたあと、宿に帰る途中も見ましたが、そのときは大通をとって帰れるのであっけなかったです。

投稿: とんび | 2007年12月17日 (月) 06時10分

 クトゥビアの搭、夜はライトアップされるのですね。きれい!。
 フナ広場の歯医者、私も見ました。歯の形、なんか気持ち悪いよね。あんな路上で消毒もせずに治療するんだろうか?。

投稿: マサエ。 | 2007年12月17日 (月) 10時21分

◇とんびさん、こんにちは。
クトゥビアを基点として歩いているときには、迷子にならなかったのに、バスターミナルでチケットを購入いして、戻ってくる途中、色気を出して横道に入り、まったくわからなくなってあせった経験ありです。前回のことですが。

ま、クトゥビアが見えているうちは、安心なんですよね。今回は、新市街に宿を取りましたが、毎日歩いてフナに通いました。
バスターミナルのあるドゥカラ門ではなく、コブ門からです。
これだとルートは簡単なのですが、夜暗くなってくると、ちょっと自信なくなったりして。
フェズでは、あまりに暗くて、新市街で迷いかけたことがあります。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年12月17日 (月) 20時33分

☆マサエ。さん、こんにちは。
はい、ライトアップされますよ。
いちお、こうして撮ったと書きましたが、まだ薄暮のような時間帯です。もっと暗くなると、かなりブレを気にしなくてはなりません。
三脚がない状態では、綺麗な夜景はトワイライトの時間が勝負なんです。今回、三脚も持参してません。

路上の歯医者はマラケシュ以外にも、見かけると思います。とはいえ、マラケシュがこの手のものは、一番多いですけど。
治療は果たしてやっているのかどうか。
モロッコでは、やたらと開業している歯医者を見かけるので、今は単なる見世物と思うんです。

また、蛇使いはフェズでもいました。

投稿: ヒョウちゃん | 2007年12月17日 (月) 20時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/17381889

この記事へのトラックバック一覧です: クトゥビアの塔と昼間のフナ広場:

« ジュース屋台の男たち | トップページ | 屋台をはしごする »