« エッサウィラで本格イタリアン | トップページ | プロウン・ミー食ってマラッカへ »

2008年1月14日 (月)

出発はアップグレード

お待たせいたしました。年末年始の旅レポを開始します。土曜日にフィルムを現像から引き取ってきて、モノクロとリバーサル2本をスキャンできました。ま、今回出すのは、すべてデジ画像なんですけど。それでは行ってみよう。

旅の行程でも触れていますが、成田-シンガポール間は全日空を利用。成田はまだ年末のピークには程遠かったものの、全日空のカウンターだけは長蛇の列であった。30分ほど並び、何とかチェックイン。今回は早割りなので、そのときに通路側の席をリクエストしてあり、その通りとなる。

Sm0002

<NH111便>GRD 3:2mode

あとは搭乗するだけとなり、登場口の辺りをぶらついていると、呼び出された。こんなことは初めてである。あの混雑から見て、もしかすると別の航空会社に振り替えられてシンガポールに向かうことにでもなるかと思ったが、出頭すると「混雑しているためビジネスクラスにアップグレードします」とのこと。やったぜ。

Sm0005

<ビジネス席>GRD 3:2mode

機材はボーイング767-300という機種。どこかの路線でもちろんエコノミー席に乗ったことがあるはずだが、ここは、横に5席しかない。広々快適。リクライニングだけでなく、足元やシート自体も可動式で、好みのポジションを取ることができる。あいにくと窓側になったが、シートピッチが広いので、隣の人を立ち上がらせずに通路に出ることができる。

まったく、ビジネスシートに慣れてしまうと、後が怖そうである。アテンダントは、素晴らしいことに、こちらの名前を呼んで飲み物や機内食の希望を聞いて回っている。これって常識ってことですよね。

ちなみに、アップグレードされたのは、2度目のことだが、前回はカトマンズ-香港のロイヤル・ネパール機であった。行きのとき空港で夜明かししなくてはならないほどのディレイだったためか、エコノミーよりやや広いシートに案内され、機内食の選択までできたほどであったが、それほどのありがたみはなかった。やはりメジャーな会社のビジネスはいいものです。そういえば、かなり昔になるが、仲間内の企画ツアーで中国に行ったときに利用した旅行会社が「初めてのことですから」との計らいで行き帰りともビジネスを使わせてもらったことがあった。それも全日空だった。何かの縁があるのかもしれない。

Sm0008

<映画を見る>GRD 3:2mode

また嬉しいことに、この路線では1966年の古沢憲吾監督作品「クレージー大作戦」をやっていた。普段、機内の映画など見ることはなく、モニターをナビ画面にしてひたすら、手持ちの音楽などを聴いていることが多いのだが、これは嬉しかった。わたし、植木等とクレージーキャッツのファンです。

もちろん、クレージー映画をリアルタイムで見たことはないのだが、ある時クレージーと植木等のシングル版が復刻されて、そのとりことなり、映画もビデオを入手したりした。「ニッポン無責任時代」、「日本一のホラ吹き男」、「日本一のゴマすり男」なんてところ持ってます。

ストーリーは、金庫破りの名人(谷啓)のいる刑務所にある目的を持った植木等がわざと犯罪を犯して捕まり、やってくる。看守のハナ肇は受刑者たちの更生を目的に所内でバンドを結成しているが、これがクレージーのメンバー。ある時、慰労目的で老人ホームを訪れたクレージーのメンバーは、これに乗じて看守ごと脱走に成功。裏社会のドンの持つ10億円を狙って荒唐無稽の活躍が始まる…。というものである。いや、よかったですよ。

Sm0009

<和食>GRD 3:2mode

映画が終わって待望の食事。和食を選んだら、フグやら鮟肝やらの並ぶ、刺身が登場。白ワインとともにいただきました。

Sm0012

<俵ご飯>GRD 3:2mode

明らかに、エコノミーの食事よりも高カロリーである。でも嬉しい。

Sm0015

<そろそろシンガポール>GRD 3:2mode

その後快適なシートで音楽を聴きつつ、すっかり眠り込んでいました。気づくと降下を始め、島影が映っていたりします。これはシンガポールではなく、マレーシアかインドネシアの島です。

ま、ビジネスといっても、ひと時の夢のようなものだったかもしれない。なぜならば、今夜の宿は日本で予約できる最低クラスの宿だから。

そそ、今回、持参のカメラは、Pentax MZ-3/20mm/35mm/50mmとRicho GR1s、Richo GR Digitalです。MZ-3にはもちろんリバーサル。GR1sには、モノクロ。GRDはすべて3:2modeで撮って来ました。

|

« エッサウィラで本格イタリアン | トップページ | プロウン・ミー食ってマラッカへ »

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Revue」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

はじまりましたね。グレードアップで旅が始まるなんてラッキーですね。これからの旅でもいいことがあるのじゃないかとワクワクしたことでしょう。
自分は1度だけグレードアップの恩恵に浴しましたが、何か共通点が多いですよ。シンガポール行きで、時期も同じ時期、券種は正規の割引券。違うのはJALだったことだけ。

投稿: とんび | 2008年1月14日 (月) 00時20分

 おお、いいなー、アップグレード。あこがれのビジネスクラス。
 一度だけチャーター便でビジネスクラスに割り当てられたことがあったけど、座席はゆったりで食器も違って良かったです。
 ANAの和食も美味しそう。うらやましいなー。

投稿: マサエ。 | 2008年1月14日 (月) 09時48分

◇とんびさん、こんにちは。
ラッキーとは思いましたが、もしかしたらこれでツキを使い果たしてしまうのではないかとも危惧しました。
まあ、これを2007年の締めとして、また何かあるさと思っていますけど。

帰ってから、とんびさんの旅行記を読み返してみましたが、ホントその通りですね。
今度のアップグレードはいつになることやら。
なかったりして。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月14日 (月) 12時25分

☆マサエ。さん、こんにちは。
アップグレードってやはりいいものですね。
帰りはエコノミーでしたが、こちらもまあ快適でした。
食事は今まで乗った中で一番よかったかもしれません。
ま、昨年がんばったことへのご褒美なのかも。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月14日 (月) 12時28分

おー、一度は言われてみたいセリフですー。
自腹切って乗るのは、ほぼ不可能ですから( ̄∇ ̄)
いいなぁ…。

投稿: mayu | 2008年1月14日 (月) 19時54分

△mayuさん、こんにちは。
自腹、とても無理ですよね。
旅の資金が乗るだけでなくなってしまいます。
スターアライアンスでアップグレードされたので、今度はその他のアライアンスでもお願いしたいところです。
誰か、航空会社関係者見てないかなあ。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月14日 (月) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/17685518

この記事へのトラックバック一覧です: 出発はアップグレード:

« エッサウィラで本格イタリアン | トップページ | プロウン・ミー食ってマラッカへ »