« 馬場俊英@紅白歌合戦 | トップページ | エッサウィラとオーソン・ウェルズ »

2008年1月 8日 (火)

Supr@toursでエッサウィラへ

さて、残りのコンテンツがまだあります。モロッコ。しばらくは年末年始の旅と混在状態ですが、現像が上がってこないので、こちらが優先となりそうです。現像しても、スキャンをしなくてはならないので、そちらは、再来週くらいからかなあ。

さて、マラケシュの次はエッサウィラに向かうことにしました。エッサウィラは大西洋岸にある港町で、メディナは世界遺産に登録されています。モロカンも一度は訪れたいというエッサウィラ。ここに行くのは2005年の1月以来で、約2年ぶり。前は2泊しましたが、今度も旅の終盤に持ってきて、土産物屋のアーメッドと再会が果たせたらとも思っていました。

鉄道がマラケシュで途絶えているので、再びバスで行くことになります。バスも民営、CTMとありますが、今回使ったのは、Supratoursという会社のもの。これは、モロッコ鉄道ONCFが運営するバス会社で、鉄道との接続を考えてダイヤが組まれています。ちなみに、「地球の歩き方」にはほとんど記述がありませんが、「ロンリー・プラネット」には記述があります。

Im1609

<Supratoursのバス>MZ3/50mm/E100VS

このバスは、2年前には見かけなかったと思うのですが、鉄道駅のあるフェズとマラケシュで運行されているようです。まだあるかもしれませんが。料金は65DHと民営・CTMよりもやや割高。マラケシュからは駅前から出て、エッサウィラではよりメディナに近い専用ターミナルに到着します。

内部はそれほどCTMと変わらないものの、車体が新しいだけ、少し快適か。

Im1613

<中間地点>MZ3/50mm/E100VS

Supratoursのバスは、エッサウィラまで1日4便くらい。CTMよりも数は多い。所要時間は3時間程度ですが、これはCTMも同じです。ちなみに、中間地点で休憩があり、ここには同じくCTMも止まっていました。右がSupratours、左がCTM。

チケットはすぐに売切れてしまうようなので、できたら早めに確保したほうがいいでしょう。自分の場合は、マラケシュ到着直後にゲットしました。そして、駅前ホテルに泊まったのは、これに乗るためでもあったのです。

バスは、エッサウィラの専用バスターミナルに到着。荷物を担いでも、メディナまでは目と鼻の先です。

|

« 馬場俊英@紅白歌合戦 | トップページ | エッサウィラとオーソン・ウェルズ »

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

砂漠で数日を過ごしてきて、リッサニから乗ったフェズ行きの夜行バスが
確かこんな感じだったと思います。
でも、あれはCTMだったかもしれない。。。

モロッコのバスは、比較的快適なほうですよね。
バスだけじゃなくて、鉄道もそう。
過酷な気候をのぞけば、旅をしやすい国です。

この気候が難物なんだけど(苦笑)。

投稿: HARU | 2008年1月 8日 (火) 22時21分

◇HARUさん、こんにちは。
ちょっとロンプラで調べましたが、フェズのSupratoursは記述がありませんでした。とはいえ、わたしゃ、駅前の宿にいたので、何台もこのバスを見かけています。
ただ、そのときは新しいツアーバスか何かかなと思っていたのですが、あとでロンプラを読んで理解したのです。(^^;

モロッコの乗り物はタイの田舎などに比べると快適ですよね。
わたしも、3年前の旅で旅行しやすいなあと思ったくらいです。

でも、南部や砂漠の暑さは辛いですね。
冬も宿が寒くてちょっと辛いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年1月 8日 (火) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/17624963

この記事へのトラックバック一覧です: Supr@toursでエッサウィラへ:

« 馬場俊英@紅白歌合戦 | トップページ | エッサウィラとオーソン・ウェルズ »