« カサのメディナ | トップページ | マラッカのチャイナタウン »

2008年2月19日 (火)

イベリア&モロッコ、旅の終わり

宿から荷物を取ってきて、いよいよ空港に向かう。前日時刻を調べておいたので、列車で空港入りである。まずは、カサ・ポール駅まで徒歩。

Im1859

<カサ・ポール駅>MZ3/35mm/E100VS

カサ・ポールとはフランス語でカサの港という意味。画像を見ればわかりますね。以前の記事にも書いたが、ここからはムハンマド5世行き列車は出ていない。ただし、接続列車が出ている。1時間に1本程度。アイン・セバー乗り換えで40分弱。料金35DH。

カサ・ポールはタンジェまたはフェズ方面のみで、マラケシュ方面への列車は止まらない。ローマのテルミニ駅のように行き止まりの構造のため、駅としての雰囲気はカサ・ヴォワジャー駅よりも上である。

ONCFでは、ホームに行くにはチケットに駅員からハサミを入れられる必要がある。イタリアなどではホームへの出入り自由。そのかわり、列車に乗るためにはチケットに刻印しておく必要があり、これを怠ると罰金が待っている。かつてはほとんどのヨーロッパで、このシステムではあったようだが、モロッコのかつての宗主国フランスも、近頃はテロ対策だろうか、刻印とともにホームへの入場は係のチェックが必要で、チケットなしでは入れないようになった。

Im1944

<アイン・セバー>MZ3/50mm/E100VS

これがカサ・ポールから1駅のみ乗った車両。最新型で、2階建てである。中も綺麗で快適。これで行けたら楽々なんだけどな。

Im1950

<ムハンマド5世空港駅>MZ3/50mm/E100VS

一方、空港への列車はこちら。かなりクラシックな感じです。空港の建物に入るには、手荷物チェックがあり、かなり時間がかかった。余裕を持って出た方がよさそう。

と、いうことで、ようやくイベリア&モロッコの旅レポ、終わらせていただきます。いやあ、長かった。3週間ちょっとの旅が、半年近くかかったことになる。自己最高記録。ここまで、たくさんのコメントありがとうございました。わずかではありますが、実際に旅で役立てたという話も聞いているので、ホントやりがいがありました。またいつかはこんな旅をしてみたいものですが、それはいつのことになるものか。

次回のエントリーからは、シンガポール&マレーシアのカテゴリーとなります。こちらも、長くかかりそうですが、まあこれほどではないでしょう。こちらもよろしくです。また、今回のエントリーで紹介しきれなかったものは、ポルトガル、スペイン、モロッコのカテゴリーで、いつかは取り上げてみたいと思います。

|

« カサのメディナ | トップページ | マラッカのチャイナタウン »

904t Iberia & Morocco」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

 旅行記、ご苦労様でした。
 写真も豊富で中身の濃い旅行記ですから、個人旅行をされる方にはきっと参考になることも多かったと思います。私も自分が行ったところを比べて懐かしく、楽しませていただきました。

投稿: マサエ。 | 2008年2月20日 (水) 15時04分

catマサエ。さん、こんにちは。
たくさんのコメントありがとうございました。
旅行記は、本サイトの方でまだ残りがあります。
そちらもよろしくです。
マサエ。さんのモロッコ旅行にも、ある程度役立てたかと思うと、作り手としても嬉しいです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年2月20日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/40188165

この記事へのトラックバック一覧です: イベリア&モロッコ、旅の終わり:

« カサのメディナ | トップページ | マラッカのチャイナタウン »