« ヒンドゥ寺院と中国人 | トップページ | シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー »

2008年4月22日 (火)

ラッフルズ・ホテルであの味を

シンガポールの代名詞ともいえるのが、ラッフルズ・ホテルである。アルメニア人のサーキーズ兄弟によって創業されたコロニアルホテルで、サマーセット・モームをはじめ数多くのセレブたちが利用してきたホテル。宿泊するには高額な滞在費をはじめ、いろいろと難関があるのだが、ホテル内の施設ならば大手を振って利用できる。なので、何でも興味ありの観光客はやはり行ってみたくなったのである。

Sm0651

<ラッフルズ・ホテル>MZ3/35mm/RVP F

入り口にはリムジンが乗り付けられ、恭しい態度で出迎えるホテルの従業員。それを尻目に、にわか利用者はそそくさと内部へ。

Sm0658

<ラッフルズ・コートヤード>MZ3/35mm/RVP F

中庭は飲食もできるスペース。それにしても、非常に数多い観光客。誰もがあこがれなんだろうな。ちなみに、外来者は客室には近づけないようになっているので、どこをほっつき歩いても怪しまれることはなさそうである。オレの目指す場所は…。

Sm0789

<シンガポール・スリング>GRD

ロング・バー。カウンターに落ち着き、噂のシンガポール・スリングをオーダー。淡いピンクのカクテル。あとで気になって調べてみたら、ジンがベースらしい。飲みやすく、いい味だが、空きっ腹には結構効いた。

このバーは、イギリスのパブをよく再現している。…というか、イギリス植民地時代からやっているところなので、パブそのものをシンガポールにそのまま持ってきたといった方がいいか。それにてはかなりの値段設定で、このカクテル1杯が税込みで24.7SGDとかなりの値段である。もちろん、カードも使えるがそんな無粋なことはしなかった。

カウンターには殻つきの落花生が無造作に容器に入れられ、これだけはフリー。床は落花生の殻やたばこの吸い殻などが散乱している。客層が本国イギリスよりも若干おとなしいものの、これはまさにパブ。

さすがに、ここでは食事をすることができず、これ1杯だけでやむなく退散することになったのだが。まあ、味は記憶にとどめておこうか。いつか泊まれる日が来るまで。ちなみに、上画像には、Sigmaの20mmレンズをつけたメインカメラのPentax MZ-3を入れて記念撮影とした。なかなかでかいレンズでしょ。これがまた重い。

|

« ヒンドゥ寺院と中国人 | トップページ | シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー »

905t Singapore & Malaysia」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

ラッフルズホテル、前のシンガ訪問では忙しくてたちよる間がありませんでした。今度は行こうかな。シンガポール・スリング、結構な値段ですね。でも、ここへ行ったからにゃ、試してみたいです。

投稿: とんび | 2008年4月29日 (火) 07時49分

chickとんびさん、こんにちは。
このカクテルはラッフルズ・ホテル内にある他のバーでも提供されるそうですが、やはりロング・バーで味わいたいものです。
もう、ラッフルズ・ホテルは観光客だらけで、ひとつの観光名所でもあるようです。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年4月29日 (火) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/40954337

この記事へのトラックバック一覧です: ラッフルズ・ホテルであの味を:

« ヒンドゥ寺院と中国人 | トップページ | シンガポール名物、フィッシュ・ヘッド・カレー »