« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

雨季旅行の勧め

Mk0039

<ワット・ポーの犬>GR DIGITAL

これまでの旅行では、できるだけ雨の降らない地域と季節を選んで来たつもりである。そのうち例外だったのが、1994年8月の四川省とその翌年8月の雲南省、2004年8月のメキシコである。メキシコでは朝と夕方にスコールが来るくらいで日中はほぼ問題はなかったのだが、四川と雲南では片時も傘が手放せなかった記憶がある。

そんなこともあって、夏はヨーロッパ方面へ、冬はアジアへというのがここ数年のパターンであった。だが、ラオスと中国が日本人に対して、15日間ビザなしで滞在できる措置をとり、ラオスの国道13号線が落ち着いたものになってきた状況を目の当たりにして、タイ、ラオス、雲南省を陸路で行き来できるのではないかという構想が数年前からぼんやりと心に浮かぶようになってきた。

だが、ルートを検討すると、かなり長い期間が必要となり、自分のスケジュールを考えると、雨季にあたる時期しかないなということになった。とりあえず、バンコクまでの航空券を確保。雲南にたどり着いたら、帰りは飛行機でもいいかなと、旅行代理店などをあたったものの、結局かつて存在した景洪-チェンマイまたは、景洪-バンコクのルートは運行停止中ということが判明。では、すべて陸路ということになるのだが、せめて、バンコクからラオス国境近くまではせめて寝台列車で行きたいなとも考え、バンコクの代理店に手配をお願いしたが、これもだめ。結局、バンコクエアウェイズのWebサイトから、クレジットカード決済でチェンマイまで飛ぶことになった次第である。

バンコクエアウェイズは日本語で途中まで入力できて便利なのだが、今思えば、格安のノックエアとかエア・アジアなどを利用する手もあったかなと。

そんなわけで、チェンマイから北上し、ラオスを経て、シーサンパンナへ。そこから引き返し、再びラオス入りし、今度は南下。最後は友好橋を渡り、ノーンカイへというルートでした。そして、当然のように雨。荷物には、山岳用品店で購入した防水のザックカバーを掛け、一番大事なフィルムには、スーパーのレジ袋で二重くらいに包み、それをやはり防水の袋に入れてザックにしまう。荷物はときにクルマの屋根に積まれることもあったが、こちらにもビニールシートで保護してくれるためか、ザックに汚れが付いた以外は、水分の侵入ということはなかった。

Mk0404

<寺院で眠る>GR DIGITAL

移動中はまだましな方なのかもしれない。雨はどうしてもついて回る。チェンマイまでは雨は降らなかった。バンコクも意外なほど涼しかった。それは太陽が出ないということでもあったのだが。本格的な雨は、景洪にたどり着いたときから始まった。持参した折りたたみ傘はほとんんど役に立たず、新たに買い直すほどであったが、景洪では毎日のように雨であった。

再びラオスに入ると、豪雨はぴたりと止んだものの、今度はルアンパバーンの浸水という情報が飛び込んできた。ルアンパバーンにたどり着くと、水は引いていたが、こちらの体調が優れなくなってしまう。そしてさらに南下。ヴィエンチャンで最後のスコールに見舞われたあとは、からっとした天気。自分ではそれほど日焼けした感覚はなかったものの、腕と顔が真っ黒。さらにサンダルを履いていた足の指先も…。

雨季は憂鬱になるものの、常に雨が降っているわけではない。その時は雨宿りをすればいいだけだし、雨季の空の元、食事をしたり、写真を撮ってきた。気づくと、用意したリバーサル40本と、モノクロ3本は使い終わっていたのである。

雨季でももちろん旅はできる。ただし、日本人旅行者はバンコクとチェンマイとルアンパバーンで見かけたくらいだが、アメリカ人やフランス人はこの時期でも驚くほどの数であった。特に、最初に中国入りしたときにバスに同乗していたフランス人のカップルは、その日のうちに昆明行きの寝台バスに乗るというたくましさであった。

ただし、豪雨に見舞われた雲南では、時折土砂崩れも見かけたし、道路が寸断されしばらく不通という状況もあったので、100%安全ということはないかもしれない。チェンマイで出会ったガイドは、「この時期がベストシーズン。緑が多いし、花も綺麗」とのことであった。

さあ、雨季のアジアに出かけてみませんか?でも、9月とか10月くらいの降水量がやや減るあたりがいいと思うけど。

Postscript まだリバーサルを現像に出していません。モノクロは、月曜日に仕上がってきます。なので当分、デジ画像が続くと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

帰国報告

本日早朝の便で、戻ってきました。途中何度かレポートを入れることもできましたが、ここに正式にご報告します。

旅のルート

  • 2008/07/31 バンコク泊
  • 2008/08/01 バンコク泊
  • 2008/08/02 チェンマイ泊
  • 2008/08/03 チェンマイ泊
  • 2008/08/04 チェンライ泊
  • 2008/08/05 フアイサイ泊(メコンを渡りラオス入り)
  • 2008/08/06 ルアンナムター泊
  • 2008/08/07 景洪泊(国際バスで雲南省入り)
  • 2008/08/08 景洪泊
  • 2008/08/09 景洪泊(ガンランパ観光)
  • 2008/08/10 景洪泊(モンフン観光)
  • 2008/08/11 モンラー泊
  • 2008/08/12 ウドムサイ泊(再びラオスへ)
  • 2008/08/13 ウドムサイ泊
  • 2008/08/14 ノーンキャウ泊
  • 2008/08/15 ルアンパバーン泊
  • 2008/08/16 ルアンパバーン泊
  • 2008/08/17 ルアンパバーン泊
  • 2008/08/18 バンビエン泊
  • 2008/08/19 バンビエン泊
  • 2008/08/20 ヴィエンチャン泊
  • 2008/08/21 ノーンカイ泊(友好橋を渡りタイへ)
  • 2008/08/22 夜行バス移動
  • 2008/08/23 バンコク泊
  • 2008/08/24 バンコク泊(カンチャナブリー観光)

Mk2106

<夕刻のメコン>GR DIGITAL

上の画像は、ヴィエンチャンからのメコン。メコン流域ということがひとつのテーマでもありました。

まあいろいろな出来事がありましたが、フィルムをまったく現像にも出していないし、GRDのデジ画像も未整理ということで、本日はこのくらいで。ちなみに、RVP100、40本すべてを何とか撮りきってきました。また、モノクロームの3本も。モノクロームは、ヴィエンチャンで終了。荷物は何とか少なくしようと心がけていきましたが、寄る年波にひときわ堪えたのか(^^;、レンズ3本といっても、かなりの重量となりました。なので終始持っていたのは、2本のみ。うち、1本はカメラにつけていたので、1本のみをバッグに忍ばせていたというような状況です。

今回、FA77mm limitedは、お休みとなりましたが、まあそれでもよかったかなと。

今回のレポートは、かなり長くなるだろうと思いますが、ご容赦ください。現像が仕上がって、スキャンを適当にすませるまでは、デジ画像でご勘弁のほどを。それにしても、やっぱり疲れたわ。明日から現実世界が待ってる。果たして適応できるかどうか。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

バンコクより

バンコクに到着しました。ノーンカイでは、夜行寝台列車のチケットは取れず、夜行VIPバスとなり、今朝5:30にモーチットバスターミナル到着。宿には6:00という時間でしたが、すんなりチェックインでき、午後まで爆睡しました。その後、ウィークエンドマーケットを見て、夕食を食べ、今に至ります。

帰りは、明後日の深夜便なので、あと2日あることになります。明日は、日帰りでどこかへ。明後日はお土産でも探します。フィルムも残り2本半ってところ。ま、ぼちぼちですね。

天気的には、タイはほぼ晴れていました。雲南がほぼ豪雨。ラオスは毎日どこかで雨だったような。2/3が雨って感じでしょうか。物価的には、ラオスが結構かかった感じです。特に外食代。中国はさすがに安いです。また、近年円に対するバーツ高という伝え方をされていますが、ミネラルウォーターとか、店で購入するペットボトルのお茶とかは、信じられない価格です。この点はラオスよりも1~2割安いのでは。

雨季の旅でしたが、バスやワゴンの屋根に積んだ荷物が、びしょ濡れになって、フィルムが台無しになることもなく、持ち物を紛失することもなく、無事終えることができそうです。まあ、本人が途中へこたれかけましたけど。

では、これにて。これが、この旅での最後の現地レポートです。あとは、戻ってからです。あと、数日お待ちください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

バンビエンより

今朝のミニバンで4時前にバンビエンに到着しました。5時間という話でしたが、実際には7時間かかりました。結構疲れたです。

気ままに旅を続けているように見えても、実際には刻一刻とタイムリミットに迫られているわけです。なので、南を目指す。バンビエンはもちろん初めてですけど、街を歩く人たちはほとんど、外国人旅行者です。これ、ピーク時にはどんなことになってしまうんだろう。今のままでも、リトル・カオサンまたはナナみたいだけど。

心配していた、国道13号線ですが、危ない雰囲気はなかったと言えるかと。とにかくかなりの数のバスと、ワゴンが行き来していて、もしゲリラがいるとしても、それは山奥深く潜んでいるわけでもなく、山道の途中にある集落の人たちが行動を起こしたということではないかと。なにしろ、山の人たちは、鉄砲持って歩いていますしね。

さて、バンビエンですが、道行く旅行者もルアンパバーンで見かけた連中が多いです。ここでも、ぼんやりと過ごそうかと思ってますが、すでに町はざっと歩いてしまった。ソン川は、増水したんだろうなという跡はあったものの、今はかなり水量が減ってると思いました。

問題の体調ですが、回復いたしました。先ほど、ナジムでカレーを食べてきました。カオニャオはなくて、うるち米でしたが、おいしく頂きました。

次のレポは、バンコクでできれば。あるいはなしかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

ルアンパバーンより2

ルアンパバーン滞在3日になりました。

体調は70%程度回復したと思います。昨日は昼食をパス。夜もテイクアウトのサンドイッチを部屋で食べました。宿ももっと静かなとこに変更しました。とはいえ、ぶらぶら歩き疲れたら戻るパターンでも、フィルム消費はかなりのものです。

今回2回目なので、一通り歩いたものの、ルアンパバーンに関してはじっくり観光というわけでもなく、坊さんとお話しなんかしたり、のどが渇いたら、フルーツシェイクを飲んだりしてます。

托鉢も2日見たし、あとは、ナイトマーケットを撮るくらいなので、予定より早めにバンビエンに行くことにしました。バスチケットも取ってきました。あちらでも時間がありそうなので、また書くかも知れません。

明日が、最も移動距離が長く、かつ時間がかかる移動です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

ルアンパバーンより

ルアンパバーンに到着しました。ウドムサイから、バスでノーンキャウへ。そこからルアンパバーンというルートです。

ノーンキャウまでは、バスで4時間ということ。どんなバスかと思ったら、ちょっと大きいワゴンでした。でも、途中の何もない山道でパンクしてしまったのですね。タイヤを交換すれば何の問題もないのですが、なんとスペアタイヤまで。穴が開いていたと。これの修理のためにドライバーと助手が、近くの町まで通りかかったクルマを止め、結局3時間待たされ、合計7時間かかりました。

ノーンキャウは雄大な景色なのですが、ずっといても飽きるだろうなと、朝のバスで、ルアンパバーンまで、やってきました。こちらは、4時間で到着です。でも、バスということなのに、実態は、ソンテウでした。幸いにして、運転席のある、キャビンに座れたのですが、移動の疲れか、体調が、優れません。食欲が、ないんです。昨日はビアラオも控え、早く寝て、万全で臨んだつもりですが、だめだ。昼に頼んだカオピャックも、半分で終える始末です。

だったら、おとなしくしていればと思うでしょうが、泊まっているコールドリバー・ゲストハウスで、4日に1度という夕食フリーの日だったもんで。ネットを終えたら、絶食して、明日に備えようかと。

それにしても、たった2年半ぶりなのに、新しい市場はできているは、バリ島かと見まごうばかりのお洒落なカフェはあるわで、ちょっとびっくりしました。

宿は、日本人ばかりで、学生が多いのかな。環境は悪くないです。久しぶりに日本人見たって気分です。

そして今、大雨が降ってきました。この時間だけなら、いいけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

ウドムサイより

チェンライから1週間以上経っていたのですね。

無事、メコンを渡り、フェイサイ、ルアンナムターと卒なくラオスを終え、ツアーバスを見つけ景洪へ。さすがに漢字の国は分かりやすいなと当初は思っていましたが、ちょっと疲れたのも事実。景洪では、4泊中、3日土砂降りでした。

今日メンラーという中国・ラオス国境に近い町から、いろいろ乗り継ぎ、ウドムサイにやってきました。予定では1泊だけで、すぐに次に向かうつもりでしたが、2泊し、ゆっくりしようかなと。

それにしてもすごい雨でした。土砂崩れも当然のようにありました。ここまでたどり着くのもかなり時間がかかりました。でも、行いが良いのか、うまく乗り物もキャッチ出来たかなと。

中国、北京オリンピックなんですね。北島の金はテレビのテロップで流れたので、知ってますが、まったく映像が流れません。あまり書き込む時間もありませんが、これだけは言っておこう。

ところかまわず痰を吐くのと、手洟はやめてくれ。街角だけじゃありませんよ。バスの中でもやってます。ま、ラオス人もその傾向がないわけではありませんが、ひっきりなしに「ガーッ、ペッ」という音が、聞こえなくなっただけでも幸せです。

日程的に半分くらいですが、フィルム消費は半分に到達してません。まあ、これからですけど。それでは、また。次はルアンパバーンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

チェンライより

皆さんこんにちわ。今、チェンラーイにいます。

タイは、それほど暑くないです。といって雨にもやり込められていません。バンコクからチェンマイへ。それぞれ2泊してここに来ました。バンコクはほとんど曇っていました。はっきりいって日本よりも涼しかったです。

チェンマイは陽が照り付けるとさすがに内陸で熱帯ということもあり、かなり暑かったです。そして、ドイ・ステープにもいって来ました。2年前、寝坊し、行けなかったところです。

チェンラーイでは、日本人宿に泊まっています。でも日本人はここで初めて遭遇したくらいですね。日本人の旅離れが進んでいるのかな。2箇所の寺に行き、小坊主たちの写真も撮れました。

さて、明日はようやくラオスに入る予定です。チェンラーイからチェンコーンへ。バスを見てきましたが、相当気合の入るような代物でした。

先ほどまで雨が降っていたのですが、ナイトマーケットを冷やかして宿に戻ります。

また、機会があったら、レポします。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »