« 三度目のワット・ポー | トップページ | あの味とカオ・パット・サパロット »

2008年9月13日 (土)

ラウンジの朝メシ

バンコク2泊の後、チェンマイへ。当初は鉄道を考えていたが、チケットが確保できず、バンコク・エアウェイズのWebページからクレジットカード決済でチケットを確保した。早朝の便だったために、宿の朝食は捨てる。

Mk0132

<バンコク・エアウェイズのチェックインカウンター>GR DIGITAL

予約後、バンコク・エアウェイズから送られてきたメールをプリントアウトしたものが、航空券となる。これをカウンターで見せて、搭乗券を確保。スワンナブーム国際空港のチェックインカウンターは、国際線も国内線も同じフロアにあり、便利。ちなみに、画像のお姉さんは実際の人間ではなくて、ボードです。

以前のドンムアンの時にはこれが分かれていたし、国内線でもPGはちょっと変わった位置にあって、とまどったものである。さて、朝食は捨てたので、どこかで食べる必要があるのだが、焦らなかった。バンコク・エアウェイズは搭乗券を持つ人に対して、ラウンジが使えるのである。

Mk0133

<ラウンジの朝食>GR DIGITAL

ラウンジに行くと、無料のインターネット接続端末もあるし、飲み物食べ物も取り放題である。よって、ハムのサンドイッチとちまき、ソーセージを包んだパンのようなものをいただいた。まあ、このくらいサービスしてもやっていけるんだろうなあ。チェンマイまでもかなりの値段だし。

Mk0136

<PG215便>MZ-3/50mm/RVP100

バンコク・エアウェイズを使うのは、4回目。以前はATR72という、プロペラ機ばかりだった。この、バンコク-チェンマイ間も前回ラオスに行ったときに利用しているのだが、やはりATR72でスコータイ経由であった。

しかし、今回はエアバスA319という機種でATR72よりは一回り大きい。スコータイにも経由しない直行便であった。乗客はタイ人もいるが、日本人、アラブ系などが目立つ。

Mk0142

<機内食>GR DIGITAL

当然機内食も出るわけで、こちらもいただきました。ミートパイとカットフルーツ。容器の白いものはヨーグルト。以前はミールボックスで、スコータイ離陸後も小さなミールボックスが配られたので、たとえ早朝でも腹の空く心配はないかも。

Mk0145

<チェンマイ到着>GR DIGITAL

そして無事チェンマイ到着。バンコクは雨模様だったが、こちらは晴れてた。旅の序盤としてはよいことである。

|

« 三度目のワット・ポー | トップページ | あの味とカオ・パット・サパロット »

906t Mekong」カテゴリの記事

Airport」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

ウイングの下に広がるチェンマイの街とその地平線。
素敵な風景です。
飛行機から見下ろすこの視界が私は好きです。
これから始まる旅への、不安にも似た期待感で満ちる瞬間。

機内食、いかにもアジアっぽくてこれも良い感じですね。

投稿: lastsmile | 2008年9月13日 (土) 20時41分

musiclastsmileさん、こんにちは。
通常、飛行機では通路側を確保するのですが、今回は短時間だったので、窓側でもOKでした。
なので、こういう写真が撮れるのも、珍しいんですね。

ま、バンコク・エアウェイズは快適なんです。ATR72でも、居心地の良さは変わらないと思います。
でも、料金が…。
次に空路を選ぶとしたら、格安のエア・アジアかノック・エアあたりにしようと思ってます。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年9月13日 (土) 21時10分

知りませんでした。
バンコク・エアウェイズもバンコク発着がスワナブーンなんですか。
私はチェンライまでエアアジアでサナビーン・スワナブーンでしたけど、できればもう一度ドンムアン空港に行ってみたかったです。
スクムビット

投稿: スクムビット | 2008年9月16日 (火) 22時57分

nightスクムビットさん、こんにちは。
自分も予約するまでは、もしかしたらドンムアンからなのではと思っていましたが、スワンナブームからです。<全便

ドンムアンは結構あの脇を通るんですけど、なかなか利用することはなさそうです。
アクセスはやはりドンムアンの方が、いいですものね。

投稿: ヒョウちゃん | 2008年9月17日 (水) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/42462297

この記事へのトラックバック一覧です: ラウンジの朝メシ:

« 三度目のワット・ポー | トップページ | あの味とカオ・パット・サパロット »