« タムマークフン | トップページ | タラート・サオ »

2009年2月13日 (金)

ナンプ・コーヒー

バンビエンからミニバスで約4時間。首都ヴィエンチャンにやってきた。ここも2度目だ。バスを降ろされたのはメコン沿いの一角だったが、土地勘がある。安宿街まで連れて行ってくれという韓国人の二人連れを引き連れ、ナンプ(噴水)付近まで移動。宿を確保して、さあ昼メシ。

この安宿街の噴水側と反対の入口にはナンプ・コーヒー(Numphu Coffee)という食堂がある。名前の通りコーヒーが売りのところで、見た目はただの食堂。ここには、シーンマイという肉団子スープがあり、是非とも食べてみたかった。メニューは写真入りでわかりやすい。シーンマイ付きのセットものをオーダーするが、「ない」という答え。それではと別のシーンマイ付きのものを頼むとこれもなし。さては売り切れたか。仕方ないので、カオマンガイとアイスコーヒーを頼むことにする。

Mk1997

<アイスコーヒー>GR DIGITAL

ラオスはコーヒー産出国ながら、あまりコーヒーを美味しいと感じたことがなかった。だが、ナンプ・コーヒーで出すコーヒーは美味いと思った。もちろん東南アジアのことなので、コーヒーといえども、苦み走った味を期待してはいけない。練乳と砂糖がこれでもかとぶち込まれているからだ。だが、ヴィエンチャンまで下ってくると暑さも相当なものであり、そんな中で飲む甘~いコーヒーはとろけるような美味さに感じてしまう。

そうでなくても、コーヒーを店名に掲げる店である。ここのコーヒーは自信の表れなんだろう。さすがにヴィエンチャンまでやってくるとコーヒー専門店もいくつかあるほどなのである。今度は練乳を入れずに飲んでみたいものだが。

Mk1995

<カオマンガイ>GR DIGITAL

ラオ語ではなんというのだろうか。ともかく、東南アジアでは各地にある料理。タイではカオマンガイ。カンボジアでバーイモアン。ベトナムでコム・ガー。シンガポールやマレーシアで海南鶏飯。鶏肉を茹でたスープでご飯を炊きあげ、その上に茹でた鶏肉をのせた料理。鶏肉は時に揚げたものの場合もある。どちらも美味しく、ハイカロリー。

各地のカオマンガイ、微妙な違いはあることだろうが、基本はひとつ。右手にスプーン、左手にフォークを持ったら、一気に食うべし。とてもお上品な料理ではないし、一口食べたら、わしわし食べるようになると思うから。美味くて。そして、食後は楊枝でも使って一息つく。まさに野郎の定食って感じだろうか。

ナンプ・コーヒーのカオマンガイは鶏肉とご飯にもたれがかかり、これが絶妙であった。ああ美味かった。アイスコーヒー7,000キープ。カオマンガイ13,000キープと安い。翌朝も通ったのはいうまでもない。またしてもシーンマイは売り切れていたが。いつか、シーンマイも食べたい。

Numphu Coffee Tel 021-218940 営業時間 6:00~21:00 定休日 なし

|

« タムマークフン | トップページ | タラート・サオ »

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Cafe」カテゴリの記事

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

 近所で売っている缶コーヒーには、練乳と砂糖がたっぷり入っているんですが(笑)、熱帯ではないようです。

投稿: 伊 謄 | 2009年2月14日 (土) 09時38分

カオマンガイ、美味しそうですね。
アジアの鶏肉って美味しいんで好きです。
ブロイラーぽいのはダメですが・・。

これもヒョウちゃんの書いてある通り、一気に行く感じですね~。

投稿: lastsmile | 2009年2月14日 (土) 11時07分

伊 謄さん、こんにちは。
MAX COFFEEですね。違うかな。
わたしゃ、このところベトナムコーヒー飲んでますよ。
時には練乳を入れて。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年2月14日 (土) 13時52分

lastsmileさん、こんにちは。
美味しいですよ。
腹が減ったときなど、ぴったりですね。
英語の通じない食堂などでも、困ったときにはこれという一品でもあります。
麺は優雅に食べて、こちらは一気に行くのがいいかなと。
各地の鶏肉かけご飯も食べ比べてみてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年2月14日 (土) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンプ・コーヒー:

« タムマークフン | トップページ | タラート・サオ »