« 東南アジアのウルトラマン | トップページ | 屋台禁止と魚売り »

2009年3月22日 (日)

バーミーとラーメン

タイで麺料理を注文するには、麺の種類、スープのあるなし、具を指定する必要がある。麺は、小麦粉麺のバーミーか、米から作ったクイッティアオか。クイッティアオの場合麺の太さを3種類の中から指定しそれぞれ名称が異なるからやっかいである。

それでも、日本人にはなじみがあるのが、小麦粉麺のスープ入り、バーミー・ナームであろう。本当は具を指定しなくてはならないが、相手を外国人を見なすとだいたいのところで具は見繕ってくれる。こういうときにムスリムでもなくヒンドゥでもない自分のような場合は食材を気にしなくていい。

Mk0566

<バーミー・ナーム>GR DIGITAL

もちろん、これを頼んだときには具を指定していない。魚のつみれ2種に、鶏肉を揚げたものが入る。30バーツである。安くて美味い。

だが、タイの麺料理はこれだけで終わったわけではない。各人の好みで、調味料を入れるのである。

Mk0125

<調味料セット>GR DIGITAL

調味料セットは次の通り。砂糖、乾燥唐辛子、ナンプラー、酢漬けの唐辛子。以上4点。これを各自の好みで麺に投入するのである。

美味いことは美味いのだが、いかんせん量が少ない。食事として食べるにはちょっと物足りない気もする。そんなときには、日本のラーメンかも。

Mk2470

<八番ラーメン>GR DIGITAL

バンコクでは、簡単に日本のラーメンを食べることができる。ま、バンコクを離れるとそれは難しいのであるが。このチャーシュー麺は68バーツ。バーミーの倍であるが、量はいうことなし。

また、クイッティアオをまったく食していないのに気づき、スワンナプームで食べてみた。というか、この空港では食べ物の店がかなりの高額で、その中でもっとも安いのが、クイッティアオだったからというのもあるが。

Mk2482

<空港のクイッティアオ>GR DIGITAL

麺は一番細いものにする。具は魚のつみれである。というか、ここでは「選ぶ」のはメニューからなので、Thai Styl Noodle in Fish Ballというものを指さしたのみ。空港内では一番安いメニューだが、おそらくバンコクで最も高いクイッティアオである。150バーツ。それでも、スープがうまい。やはりタイの味である。

好みの順位で行くとバーミー・ナーム、ラーメン、クイッティアオといったところでしょうか。すべてスープ麺として。まだ、スープなしの麺を頼んだことがないので、今度はチャレンジしてみようか。

|

« 東南アジアのウルトラマン | トップページ | 屋台禁止と魚売り »

Food」カテゴリの記事

906t Mekong」カテゴリの記事

コメント

麺、良いですねぇ!!

日本のラーメンもモチロン良いですが、やはりタイの麺にそそられます。

しかし・・。
そんなに色々な注文の仕方があるとは知りませんでした。
かつては麺にのった香菜が苦手でしたが、徐々にはまっていきました。
4つの調味料もね。
(ただ砂糖を使ったこと。。。あまりないなぁ)

投稿: lastsmile | 2009年3月24日 (火) 06時48分

lastsmileさん、こんにちは。
さすがは麺好きです。
アジアは麺料理があるので、困った時にも対応できますね。日本人はたいてい麺料理は大丈夫ですからね。

ナームがスープ(汁)入り、ヘーンが汁なしです。
ヘーンであっても、作る過程は同じです。湯がきますね。こちらには、麺と別にスープが付くかもしれません。
クイッティアオの種類ですが、これも指させばいいのではないでしょうか。

あ、パクチー(コリアンダー)苦手だったのですね。
コリアンダーはインドのカレーにも入るし、ポルトガル料理などにも隠し味で使われますよ。
わたしゃ、最初から問題なしでした。

調味料はスプーン1杯とか半分とか、適当に一応全部入れますね。砂糖は是非とも入れてみてください。
味が引き立ちます。

本文では書きませんでしたが、自分で加える調味料の他、おそらく黙っていても味の素を入れられていると思います。
それがアジアの大衆の味なんですけど、ちょっと凝ったレストランなどに行くと使わない可能性もあります。
たぶん、ルアンパバーンで紹介したレストランなどでは、使っていないと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年3月24日 (火) 21時48分

どぉも~

写真で見た感じでは、私もバーミー・ナームが一番食べたいかなぁ。
香菜は未だに苦手です。どうも石鹸を食べている気分になってしまいます。。。

投稿: やまきち | 2009年3月28日 (土) 13時41分

やまきちさん、こんにちは。
お待ちしておりました。
やはり麺好きですね。

バーミーはやはり日本人には馴染みのある味なんですね。
麺の色合いといい、ラーメンに近いものがありますからね。

パクチーがだめな場合、「マイ・サイ・パクチー」と一言付け加えれば、抜いてくれるはずですので、お試しあれ。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年3月28日 (土) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バーミーとラーメン:

« 東南アジアのウルトラマン | トップページ | 屋台禁止と魚売り »