« チュニスのローカル食堂 | トップページ | 遺跡とカタツムリ »

2009年10月24日 (土)

遺跡へGO

チュニス滞在通算4日目。この日は、かねてから手配していたブラ・レジアとドゥッガという遺跡に行く。当然ひとりでは割高となるので、同じ時期にチュニジアを訪れていた「とんびさん」と同行するのだ。

Tf0365

<ツアー車とドライバー>MZ-3/50mm/RVP100

ツアーを手配したのは、チュニスの旅行社、TRAVEL SUN。ここには日本人が経営しているので、日本語のメールで手配を依頼した。どうしても行きたかったのは、ドゥッガだけだったのだが、自動的にブラ・レジアもセットになって付いてくるのだ。

とんびさんはこの前日深夜にチュニス入りしていて、同じホテルに宿泊している。あらかじめ、手紙を書いておいて、フロントに託していた。だが、心配は杞憂に終わり、その日の朝食の場でミートに成功。これから長いオフが始まる。

Tf0367

<高速道路>MZ-3/50mm/RVP100

ドライバーはもちろんチュニジア人で、アラビア語とフランス語だけだったらどうしようかと思っていたが、綺麗な英語を話した。時折車窓のガイドも行う。「右は病院、左は墓場」などといって笑わしてくれた。

手配車はトヨタの4WDだったが、途中から高速道に入り、さらには一般道に入っても快適なドライブであった。ちなみに、チュニジアの高速道では最高時速が110km/hに設定されている。

Tf0417

<ブラ・レジア遺跡>MZ-3/35mm/RVP100

最初にブラ・レジア。昼食を挟んで午後からはドゥッガの観光となる。ツアー料金に入場料とカメラチケット、昼食代が含まれる。

ブラ・レジアはヌミディア王国の首都であり、ローマと近づきカルタゴの領土を徐々に獲得。その後、カエサルに反対の立場を取った王の時代に滅ぼされその後ローマの属州となった。そのために、ここにはローマの遺跡がある。

Tf0497

<ドゥッガ遺跡>MZ-3/35mm/RVP100

ドゥッガもヌミディア王国の都市のひとつ。ブラ・レジアとともにローマの一部となったが、遺跡の保存状態はかなりよく、世界遺産になっている。遺跡規模はチュニジア随一か。

ともかく、圧倒的な青空で、この日は最も写真を撮った日ではなかったか。丸1日戸外にいたため、日焼けが一段と進んだ。これからしばらくは遺跡シリーズが続きます。おつきあいくださいませ。

|

« チュニスのローカル食堂 | トップページ | 遺跡とカタツムリ »

908t Tunisia/France」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

あの日も暑かったですねぇ。車の手配は高くつくけど、自力で行っていれば体がもったかどうか。遺跡に着いたころには疲れていたかもしれません。

まる1日オフ会ができたのはよかったですね。またの機会が必ずあるでしょう。そのときにはよろしく、、

投稿: とんび | 2009年10月25日 (日) 02時15分

chickとんびさん、こんにちは。
二つの遺跡を自力で回るとなると、1日じゃ無理でしょうね。
ま、こういったツアーだと、時間制限があるんですが、ほぼ全部見て回れたのではないかと思います。

長いオフで、充実していました。
また、世界のどこかでよろしくお願いします。(* ̄0 ̄)ノ

投稿: ヒョウちゃん | 2009年10月25日 (日) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/46569185

この記事へのトラックバック一覧です: 遺跡へGO:

« チュニスのローカル食堂 | トップページ | 遺跡とカタツムリ »