« 車窓に思う~Desperado | トップページ | チュニジアのドア »

2009年12月20日 (日)

港の見える窓

スースでの宿探しはちょっと難航した。あらかじめ目星をつけていた宿、Hotel Claridgeに飛び込んで部屋を見せてもらったものの、風通しが悪く、決定的だったのは、内鍵が壊れていることだった。

外からは鍵がかかることはかかる。このトラブルが判明したのは、料金を支払ったあとだったため、強欲な主人とちょっともめた。もちろん、部屋は一通り見ている。だが、内鍵が壊れたまま放置し、それに気づかなかったからといって苦情を受け付けない宿がどこにあるのだろうか。

「あんたは、ウィといった。部屋を確認したんだろ。なんでその時にいわない」という主人の言葉は屁理屈だ。「ふざけるな」別の従業員を呼び、同じことを訴える。結局折れた主人が料金を返してくれた。当たり前だ。ガイドブックに載っているこの宿には泊まってはいけない。これは強く主張したい。

一つ星だったクラリッジから港方面に歩くこと約10分。Hotel Hadrumeteでようやく部屋が見つかる。こちらは星がないが、料金はクラリッジと同じ30ディルハム。もちろん、内鍵もチェックし、泊まることに決める。ハドルメテというのは、近くにある海岸の名前である。

Tf0746

<大きな窓>MZ-3/35mm/RVP100

星なしの宿はチュニジアで最初で最後だったが、ここには大きな窓があった。ロケーションは旧市街と港の前という具合で、遮るものが何もない。スースもまだまだ暑く、荷物を担いできた身には汗だくである。一通り荷物整理を終えると、窓を開け放ち、下着だけでごろっとし、涼を取る。

ただ、宿としてはちょっと老朽化が目立つようだ。朝食ももちろん取ることができるが、そのスペースは、雨漏りがする部分が使えなくなっていた。ともかく、この宿を拠点にスースでの2日間が始まったのである。

Postscript スキャンが停滞しています。師走ということで仕事モードでした。明日あたり、年内最後のスキャンをしようかと考えているところ。来週あたりが、年内の記事のアップぎりぎりのところで、その後は、旅に行きますので、もしかすると夏の旅以外のエントリーも混じることもあるかも。

|

« 車窓に思う~Desperado | トップページ | チュニジアのドア »

908t Tunisia/France」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

前の写真が出きらないうちに次の旅に出発ですね。
旅をするんだったら仕事もしなけりゃいけませんよねえ。

私はことしは公私共に色々なことがあり、海外に出かけることが極端に少ない一年間でした。
来年はアジアを中心にあちこち出かけられそうな気がします。
ヒョウちゃんのブログをガイドブック代わりにして秘境に出かけたいと思います。

投稿: スクムビット | 2009年12月20日 (日) 21時08分

golfスクムビットさん、こんにちは。
スクムビットさんも、いろいろな一年でしたね。
前の旅の写真を出し切らないうちに、次の旅というのは、昨年もそうでした。ま、ゆっくりやって行きますよ。

スクムビットさんも、世界のあちこちを歩き回って、楽しい記事を読ませてください。
ま、ワタクシのブログがどれだけ役に立つか(あるいは立たないか)わかりませんが、少しでも参考にして頂けると幸いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年12月20日 (日) 22時26分

ヒョウちゃん さん、こんにちは。
海外旅行、やはりすごいことですね。
思いもよらぬトラブルがあるのですもの。
語学力、コミュニケーション力がないとやはり切り抜けないですね。

ところで、ヒョウちゃんさんは、何ヵ国語いけるのですか?

投稿: Mako | 2009年12月21日 (月) 21時47分

mapleMakoさん、こんにちは。
だいたい、英語が通じない地域に行くので、いつもきかれることは、「言葉ができるのですか?」という質問です。
それは、日本にやってくる外国人すべてが日本語が話せるかというと、話せないように、特別なことではありません。
ワタクシが習った外国語は中学から大学までの英語と、大学での第二外国語のフランス語のみです。
英語は高校生レベルだろうし、フランス語はいくつかの単語を除きすべて忘れ去りました。
なので、話す言葉はおぼつかない英語がメインとなります。

ただ、イタリア、スペイン、ポルトガル、フランス、ギリシアなどのラテン語圏では、似たような単語が多く、メニュー解読くらいはできるようになりました。
それ以外は身振りなどでコミュニケーションを取っているようなものです。
それでも何とかなるのが旅の不思議さですけど、現地の人と完璧なコミュニケーションが取れているかというと、だめだろうなと思います。一方的にこちらは何とか取れていると思いこんではいますけどね。

語学の天才じゃないですから、今まで行った地域では数10種類の言語が話されていたでしょう。
それでも、旅を重ねることによって、ある程度のコミュニケーションや意思の疎通はできてくると思いますが。

このあたりはあまり深刻に考えない方が旅が楽しいですよ。けっこう何とかなるもんですって。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年12月22日 (火) 00時50分

ヒョウちゃん さん
こんにちは。

なるほど、語学は必要不可欠なものじゃない
っていうことでしょうか。

そういえば、日本人同士だって
言葉で通じないことも多々ありますものね。

そう考えると、ヒョウちゃんさんみたいに
やる気というか、なんか、
心を通じ合わせるっていうか
そういう姿勢が大事になりますね。

やはり、すごいことだと思いますよ。

投稿: Mako | 2009年12月22日 (火) 20時04分

mapleMakoさん、どうもです。
敬称抜きでお呼びください。

ま、それでも話せた方がいいんですけどね。
とはいえ、この程度のレベルでも旅は楽しめます。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年12月23日 (水) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/47064249

この記事へのトラックバック一覧です: 港の見える窓:

« 車窓に思う~Desperado | トップページ | チュニジアのドア »