« チュニジア・ホテル | トップページ | 囚われのラクダ »

2010年4月15日 (木)

ブリック&クシャ

ケロアンに到着し、荷物整理のあと、街を少しだけ歩いてみた。だが、暑くてほとんど人々の活動が見られず、昼食を取ることにする。

手招きで客を誘うローカル食堂。9.0ディナールのセットメニューのみという店。客もチュニジア人が多い。その中から、定番のブリックとクシャという煮込み料理を選んだ。

Tf0987

<アラブパン>GR DIGITAL

パンはバゲットを切ったものではなく、こんな感じのアラブパン。これで約半分。本来の形は円盤形。アラブパンと便宜上書いたが、モロッコなどではこちらが主流。やはりチュニジアでもこのタイプはあると思うのだが、今までの食事ではこれが出てくることはなかった。

夕刻、街を歩いていたら、人々がパンを買って家路につくところを見かけた。そのうち半分くらいはバゲットを買い物かごに入れていたが、半分はアラブパンであった。古都ケロアンではこちらのパンを好むのかもしれない。モロッコのパンも同様だが、これはバゲット以上に美味しいパンなのである。

Tf0984

<ブリック>GR DIGITAL

もはや説明不要のブリック。中の具がなんだったのかはもはや忘れた。すいません。それにしても、これは腹に結構たまる。

Tf0986

<クシャ>GR DIGITAL

クシャというのは羊肉の煮込み料理。羊肉の他に大きなシシトウとジャガイモが入る。煮込みのベースとなるソースはトマト味。とびきりというわけではないが、まあまあ美味い。それに、ソースを先ほどのアラブパンに付けて食べるとまた味が引き立つ。

Tf0988

<デザート>GR DIGITAL

スイカとメロンがデザート。メロンが出るのは珍しいが、あまりみずみずしくなかった。スイカは水分を多く含み、かなりの美味さである。個人的にはスイカだけでいい感じもする。それにしても、これだけの値段で、デザート付き。ケロアンは物価も安いみたいだ。また、食事をする店ではどこも同じ感じで、メニューの数はあまり多くない。そのかわり、こんな感じのセットにしたものが多かった。

ま、もともとチュニジア料理は品数が豊富ではないが。

|

« チュニジア・ホテル | トップページ | 囚われのラクダ »

908t Tunisia/France」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 クシャの緑色のもの、何かと思ったらシシトウなのね。日本のシシトウと比べると大きさが段違いですねー。

投稿: マサエ。 | 2010年4月15日 (木) 10時50分

catマサエ。さん、こんにちは。
そう。シシトウなんです。
特に辛くはなかったですが。
ま、やはり夏は暑い地域ですから、成長もすごいんだろうなと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年4月15日 (木) 21時52分

私もししとうのでかさにびっくりです。
自分としては辛さもでっかいとそそられますね!
9.0ディルハムは日本円だとどのくらいになるのでしょうか?

投稿: lastsmile | 2010年4月17日 (土) 02時19分

musiclastsmileさん、こんにちは。
ビッグサイズのシシトウを料理に使う国では、メキシコがあります。でもそんなに辛くないんです。
こちらのは添え物みたいな感じですが、メキシコのはシシトウそのものを使います。
やはり辛い唐辛子といえば、小さいサイズのものじゃないかなあ。
9.0ディナール(訂正します)は、700円弱くらいです。あちらの物価にしては高いですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年4月17日 (土) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/48089114

この記事へのトラックバック一覧です: ブリック&クシャ:

« チュニジア・ホテル | トップページ | 囚われのラクダ »