« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月19日 (土)

ケロアン観光

ケロアン観光は共通入場券を利用するということはすでに書いたが、結局これで回ることができたのは、グラン・モスク、アグラブ朝の貯水池、シディ・サハブ霊廟のみであった。他に共通入場券に含まれているのは、ガリアーニ霊廟、アバダ霊廟、ラッカダ博物館があるのだが、ラッカダ博物館はケロアンの南6kmということから、はじめから行くのをあきらめた。

ガリアーニ霊廟は付近まで行ったものの、ついに見つけることができなかった。すでに営業時間を過ぎていたようで、門が閉ざされていたようだ。アバダ霊廟も行ってみると午前中のみの開館時間で悔しい思いをした。

Tf1085

<アグラブ朝の貯水池>MZ-3/50mm/RVP100

ケロアンの観光で非常に不便なのは、この共通入場券システムである。単独の入場券はなく、この共通入場券もグラン・モスク、アグラブ朝の貯水池に接する観光案内所くらいでしか購入できない。

アグラブ朝の貯水池は入場してみたものの、はっきり言ってつまらない。観光案内所の屋上に上れば、点在するいくつかの巨大な貯水池が一望できてしまうのだ。何だかなあ、と思いつつ、シディ・サハブ霊廟に向かう。

Tf1100

<シディ・サハブ霊廟>MZ-3/35mm/RVP100

シディ・サハブ霊廟はメディナではなく新市街にある。内部は美しいタイルと透かし彫りの壁面が見事である。

Tf1119

<巡礼者か>MZ-3/50mm/RVP100

内部に入り、階段を上がったところは、パティオのような作りになっていた。所々に水場があり、水が用意されていた。観光客ではない一団がいて、その中の若い男性が水を飲んでいたので、それにならい水を飲む。冷たくてうまそうに見えたのだが、実際はぬるかった。

階段と対角にある壁面では、絨毯が敷かれ、多くの人たちが休んでいた。もしかすると巡礼者かもしれない。

Tf1115

<シャンデリア>MZ-3/35mm/RVP100

階段はドーム上になった作りで、見事なシャンデリアが吊されていた。GR DIGITALでも撮ったものの、ノーフラッシュのリバーサルがいいできだったので、こちらをアップする。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

次はインドネシア

6月になりました。恒例の夏の旅先の発表です。

それにしても今回は迷いに迷いました。行きたいところはたくさんあるのですが、例によって、「国境越え」から模索。イギリスとアイルランド、トルコ・ブルガリア・ルーマニア、中東あたりから探したのですが、この中で浮上してきたのが、中東でした。エジプト、ヨルダン、シリア、レバノンなどの国々。シリアをのぞけばビザも空港や国境で取れるし、日程的にもいいかなと思ったのですが、なんと8月10日からラマダンに突入するため、この季節では苦しいかと思い直し、将来に取っておくことにしました。

そこでやはりアジアかなと思い、比較的楽そうなマレー半島北上プランで旅行社に乗り込んだところ、バンコクの渡航延期要請みたいな念書を突きつけられ、結局インドネシアに落ち着きました。

Bl0531

<バリ、ブサキ寺院>MZ-3/35mm/E100VS

インドネシアは2度目で、このブログを始める直前にバリ島とロンボク島を訪れ、そのレポートからブログを始めました。今回は、ジャカルタから入り、バリのデンパサールから出るというルートです。

ジャワ島の西部にあるジャカルタはもちろんインドネシアの首都。ジャワにはボロブドゥール、ソロ、プランバナンなどの世界遺産があり、ジャカルタから鉄道かバスを乗り継いで東へ。スラバヤからはバスとフェリーでバリに行く予定。ま、最後はウブドあたりでのんびりしながら旅の疲れを癒そうかなと思っています。

Bl0463

<神々の食事>MZ-3/50mm/E100VS

図らずも国境越えはできなくなりましたが、直線距離で2,000kmくらい。あちこち立ち寄るので3,000kmくらいの移動になるかも。

いちお、自分なりの世界戦略みたいなものがあって、アジアで立ち寄った国を全部陸路か海路で結びつけてしまおうとか、インドとロンドンを陸路で結ぶみたいなものがあるわけです。3年前のポルトガル・スペイン・モロッコも2年前のタイ・ラオス・中国もそんな狙いからやってきました。

今回は、国内移動だけですが、達成できればロンボク・バリ・ジャワをつなげることができます。ジャワはイスラム地域ですが、少数ながらもヒンドゥ教徒やキリスト教徒もいて、アラブや中東ほどはツーリストにとってハードではないと推測しています。また、そんな文化がミックスされたところは面白いだろうと考えます。ボロブドゥールに行くことができれば、アジアの3大遺跡群(他にアンコール、バガン)も制覇することになりますね。

それでは後2ヶ月ほどになりますが、それまでは撮りためた画像をひたすらスキャンし、アップできればいいなと。とはいえ、つい先日ハードディスクのクラッシュにより、パソコン上のデータがすべて消えてしまったので、かなりつらいです。スキャンしてきたものは、外付けのハードディスクやDVDなどにあるのでどうということはないのですが、まあこの旅を動機付けにしてがんばります。

それにもしかすると、デジタル一眼レフを入手することになりかもしれません。カメラ選びにも気を遣いそうです。とりあえずお知らせでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »