« ウブド通信(3) | トップページ | ガルーダ搭乗記 »

2010年8月21日 (土)

インドネシア旅の概要

今朝の便でインドネシアから帰国しました。

今年の夏の旅はやや短かったですが、かなり満足した旅だったと思います。そして、今回、PENTAX K-7という、デジタル一眼レフを主武器にして旅の断片を切り取ってきました。マニュアル(恐ろしいことに326ページもある)持参でしたが、夜に必要な項目だけ読むくらいにしましたが、まあ使いこなせたかなと思います。

重さにも慣れたです。ただ、今回メインのレンズとなったシグマの20mm(約30mmに相当)をつけると、1.2~1,3kgにもなり、カメラにつけていなくても、バッグにかなりの重みを感じました。こりゃしんどいので、ペンタックスから出ているDA21Limitedを買っちゃおうかなあと思います。

カメラの話が出たので、続けますが、メインがK-7。サブにGR DIGITAL、フィルム用としてGR1sを持参。レンズはDA15Limited、Sigma20mm、FA35、FA50を持参。使用頻度は、20mm、35mm、15mm、50mmの順ですが、あまりにもシグマが重いため、後半からは20mmであらかた撮ったら、翌日からは宿に置いておき(といっても、スーツケースの中です)、別のレンズを積極的に使用した感じです。一応、順番はつけておきましたが、比較的まんべんなく使ったような感じですね。フィルム換算でデジタルは1.5倍。MZ-3の時のFA35がとてもいい感じだったのですが、これ、デジタルでもいい味出します。また、重さ対策として、レンズは4本ではなく3本でもいいかなと。長旅になるほどしんどくなってくるし、初めての国じゃないしで、そう割り切ろうかなあと思います。そうなると、手持ちのレンズFA77Limitedを含めてデジタルの場合6本くらい手持ちがあるので、どれにするか迷うところですね。

でも、最近ではかなりいい写真が撮れたと自負している、2008年のタイ・ラオス・中国の旅では3本のみで行きましたから、大丈夫でしょう。ところで、デジタル一眼レフでは、どうしてもレンズ交換時にセンサーにゴミがついてしまう恐れがあり、埃っぽいところではレンズ交換を避けたいところですが、K-7には、ダストリムーバブルという武器があるので、ゴミの付着はないようでした。旅先でアップした写真は、すべてK-7のもの。これを宿でネットブックに入れてきたAdobeのソフトで加工、縮小していたのです。荷物も重くなるわけです。

そそ、フィルムですが、モノクロ1本とリバーサル1本を撮ってきました。どんな風になっているか、楽しみではあります。

Jb0009

<バリ、グラライ空港の割れ門>GR DIGITAL

さて、話が長くなりました。旅の日程などをあげておきます。

  • 08/03 成田-ジャカルタ~ジャカルタ泊(デンパサール経由、移動のみ)
  • 08/04 ジャカルタ泊(ジャカルタ観光)
  • 08/05 ジャカルタ泊(ボゴール観光)
  • 08/06 ジャカルタ-バンドン~バンドン泊(バンドン観光)
  • 08/07 バンドン泊(バンドン観光)
  • 08/08 バンドン-ジョグジャカルタ~ジョグジャカルタ泊(移動のみ)
  • 08/09 ジョグジャカルタ泊(プランバナン、ジョグジャカルタ観光)
  • 08/10 ジョグジャカルタ泊(ソロ、ジョグジャカルタ観光)
  • 08/11 ジョグジャカルタ-ボロブドゥール~ボロブドゥール泊(ボロブドゥール観光)
  • 08/12 ボロブドゥール泊(ボロブドゥール観光)
  • 08/13 ボロブドゥール-ジョグジャカルタ~ジョグジャカルタ泊(ボロブドゥール、ジョグジャカルタ観光)
  • 08/14 ジョグジャカルタ-デンパサール-ウブド~ウブド泊(ウブド観光)
  • 08/15 ウブド泊(ウブド観光)
  • 08/16 ウブド泊(ウブド観光)
  • 08/17 ウブド泊(ウブド観光)
  • 08/18 ウブド泊(ウブド観光)
  • 08/19 ウブド-デンパサール-(機内泊)
  • 08/20 -成田

ジョグジャカルタに着いてからは同じようなところをうろうろしていて、ほとんど移動がなくなりましたが、行動はアクティブだったと思います。また、ジャカルタ、バンドンという都市の交通のひどさを経験し、行くはずだったスラバヤをパス。バリ島入りを早め、しかも陸路・海路ではなく空路を使ってしまいました。できなくはないと思いましたが、深夜の到着はきついし、ガイドブックに何も載っていないも同然の空港ではないデンパサールですから、ちょっと二の足を踏みました。でも、いつかはバリ海峡渡ってみたいです。

今回は、デジタル主体だったもので、比較的早く画像をお届けできると思います。ああ、もうこんな時間になってしまった。話は、まだまだ続きます。今日はさわりということで。

|

« ウブド通信(3) | トップページ | ガルーダ搭乗記 »

910t Jawa & Bali」カテゴリの記事

Camera」カテゴリの記事

コメント

 お帰りなさーい。良い旅だったようですね。
 カメラとレンズが重い。ヒョウちゃんでもやはりそうなんですね。一眼レフは画質はいいですが、それが欠点ですよね。
 私の場合は、力が無くなってしまったので、軽いコンパクトデジカメがやっとという状態です。

投稿: マサエ。 | 2010年8月21日 (土) 11時09分

catマサエ。さん、こんにちは。
体力のある外国人は、単焦点の望遠レンズもしくはかなり高倍率のズームをつけている人が多いですね。
単焦点で500mmくらいのものになると、100万円を軽く超える価格だし、すごい重いですよ。
自分の場合はそんなものいらないですが、レンズは換えたいので、何本も必要なわけです。
じゃあ、ズームにすればとなりますが、それじゃ、一眼レフの意味がなくなるので、やはりこのスタイルかなあ。

マサエ。さん、オリンパスPENなんかだと、コンパクトデジカメと違和感ないだろうし、レンズ交換もできるので、いいかと思いますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年8月21日 (土) 13時15分

お帰りなさい。
今回いらっしゃたところはボゴールを除いて自分の行ったところばかりで、こういうのは珍しいですね。全般的にのんびりとした日程で、長い旅の割にはあまり疲れなかったのかもしれませんね。インドネシアは自分のほうが滞在日数が多かったのですが、今回のでヒョウちゃんのほうが多くなりましたね。渡航回数では自分のほうが多いですが。あと、東南アジア全体をとっても、滞在日数はヒョウちゃんのほうが長くなったかなって感じです。これも渡航回数は自分のほうが多いとは思いますが。

ヒョウちゃんとっては、例年の盆にいらっしゃる旅と比べてちょっと短かったのかもしれませんが、それでも十分に長い旅だと思います。自分も長く行きたいと思う反面、このくらいの日数になるとちょっと行きたくなくなるような気持もでてくるかなってくらいの日数です。荷物が多くなったり、疲れるんじゃないかと思ったりして。

バリ海峡ですか。自分も船で渡ってみたいです。バリとスラバヤやマランに行くなどの計画にする必要がありますね。ウブドに到着するのが夜中ってのが困りものです。かといって、スラバヤとウブドじゃ、やはりウブドをあとにもってきて、ウブドでのんびりすごしたいって気持になりますものね。今度の年末年始のひとつの候補になるかもしれません。あと、こことは限りませんが、どこでもいいですから、現地での再会は果たしたいですね。

投稿: とんび | 2010年8月21日 (土) 14時03分

chickとんびさん、こんにちは。
こちらでもどうもです。
やはりインドネシアは広い国なので、ジャワ島だけをとっても、鉄道やバスの移動に時間がかかりますね。
もうちょっと見所が凝縮されていればよかったんですが。
それでも、ジャカルタには行ってみたいという気持ちがあったので、ジャワ島の西側から攻めていったのですが。
ジョグジャカルタを旅のスタートにしてというものだったら、もう少し動き回れただろうし、日程もコンパクトなものが可能でしょう。

スラバヤを旅のスタートにすれば、マランもマジャパヒト遺跡も行けるし、バリ海峡をバスとフェリーで渡ることが可能だと思いますよ。
ちなみに、深夜到着となるのはウブドではなく都会のデンパサールです。
こうしてみると、旅の課題が残るので、再訪もありです。是非とんびさんも、このルートで行ってみてください。

年末年始はまだ考えていないのですが、タイからラオス南部あたりなんてどうでしょう。比較的行きやすそうだし、エア・アジアも飛んでいるらしいですから。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年8月21日 (土) 18時18分

お帰りなさい&お疲れ様でした。
長くて充実した旅だったようですね。
これから旅の疲れを癒しつつ、英気を養って、旅の記録を記事になるのをのんびり待ってます。
自分のペースでゆったりと。あのバリ島のようなゆったりと。ですね。

投稿: lastsmile | 2010年8月23日 (月) 00時20分

おかえりなさい♪
ウブド4泊とは・・・憧れます
のんびりしたバリ島でのんびり時間とは
帰国されて暑さにバテテないですか?
これからの記事
期待大!

投稿: trintrin | 2010年8月23日 (月) 19時00分

musiclastsmileさん、こんにちは。
後半全く動かなくなった旅ですけどね。
昨日、ネタ出しをしていました。
旅から戻るといつもやることですが。
まあ、そこそこ話題はあるので、また長くかかるかも知れません。
おつきあいくださいませ。
でも、マイペースで行きます。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年8月23日 (月) 21時51分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
ウブド5泊+デイユースなので、実質6日いたことになります。ま、半分くらいは昼寝もしていたので、だらだらしたものですが。
ちょうど金曜日戻ってきたんですよね。
成田はまだ、20度台で、「猛暑」と聞いていたものでいささか拍子抜けしました。
で、今日から社会復帰したわけで…。
朝玄関を出たとたん大汗です。
おまけに、仕事場が工事中で冷房が半分くらいしか稼働していないし。
でも、居眠りすることもなく順調にこなしてきました。

ウブドはしのぎやすかったですが、ジョグジャカルタ周辺はかなり暑かったですので、それほどでもないです。

投稿: ヒョウちゃん | 2010年8月23日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/49204420

この記事へのトラックバック一覧です: インドネシア旅の概要:

» Twitter Trackbacks []
[続きを読む]

受信: 2010年8月21日 (土) 02時26分

« ウブド通信(3) | トップページ | ガルーダ搭乗記 »