« マレーを代表する中華系B級料理 | トップページ | 沢木耕太郎の足跡を追うその1 »

2011年2月11日 (金)

テイスティングメニュー

バリから日本に帰る直前、ネカ美術館を訪れ、すぐ近くのTropical Baleというカフェで昼食を取ってきた。ここは以前にも訪れていて、見事な田園風景を望むことのできるところとして、ガイドブックにも載っていた。当時の名前は、ただのTropicalだったのだが、ちょっと長くなっていた。

しかし、値段は高騰していたのである。高級感が増したといっても良い。だが、帰国直前ということもあり、フトコロ事情があまり豊かではないので、もっともリーズナブルなものを頼むことにする。それがテイスティングメニューというものであった。

Jb1877

<トロピカル・ミントジュレップ>GR DIGITAL

テイスティングメニューとは、メニュー表に書かれた説明によれば、世界各国の料理を少しずつ味わってもらうというコンセプトであった。飲み物は、選ぶことが可能。あとはどんどん運ばれる。

ミント・ジュレップならば、ミントを入れたウィスキーなのだが、ここではウィスキーではなくアイスティーにミントを多量にぶち込んだもの。元々ミントの産地ではないと思うので、モロッコのミント茶のように強烈ではなかったが、まあまあいけます。

Jb1878

<まずはパン>GR DIGITAL

バターロール風とバゲットが登場。これに、野菜を刻んだものをのせるという、イタリアのブルスケッタ風の食べ方らしい。パンはウブドの西洋レストランで出てくるちょっと情けない大きさの丸パンと異なり、しっかりした味でいい職人が作ったことがわかる。

Jb1879

<ベトナム風春巻き>GR DIGITAL

皿が凝ってますね。量が少ないという声が聞こえそうですが、これぞテイスティングメニューなのである。世界各地の味を少しずつなのだ。

Jb1880

<各国料理セット>GR DIGITAL

次は、まとめて持ってこられた。左からベトナム代表、生春巻き。真ん中、インドネシア・マレーシア代表、チキンサテ。右、日本代表、飛び子のせ巻き寿司。この場合寿司はなくても良い気もするが、日本人限定のメニューではないのでまあ我慢する。春巻きも2種類なくても良いのだが。

Jb1881

<もうデザート>GR DIGITAL

ミントの葉がのせられたイチゴのフランベ。またはソルベか。あらまあ、もうデザートかという感じもしたのだが。

Jb1882

<海鮮ラクサ>GR DIGITAL

また、メインが出てきた。こりゃなんだと思ったら、ラクサなんだそうで。具のシーフードはまあまあ美味しい。

Jb1884

<クラゲのデザート>GR DIGITAL

もしかするとクラゲじゃなくて、キノコだったかも知れない。イチゴとももの味がほのかにする。これまたシャーベット風のデザートで終了。

一皿が少なく、食べたような食べなかったような。こういう食べ方って、満腹感はないものの、確実に満腹になっているものなんですよね。料金は12万ルピア。ウブドの中級レストランでの夕食では、この値段でかなり豪華な夕食が食べられる料金でした。

ええ、長々とやってきた、ジャワ&バリレポートですが、これで終了します。まだ、お見せできる写真も数多いのですが、また別の機会に。つなぎの記事でちょこっと登場することもあるでしょう。これからは、マレー半島縦断の記事に専念します。

|

« マレーを代表する中華系B級料理 | トップページ | 沢木耕太郎の足跡を追うその1 »

910t Jawa & Bali」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

 各国の料理が少しずつ出てくるのですねー。うーん、私ならこの分量で十分かなー。
 ちょっとずつ出てくるというと日本の懐石料理ですが、確かに1品1品の量は少なくても、いつの間にかお腹がいっぱいになっている。ただ、懐石料理の場合、時間がかかりすぎるのよねー。間が持たないから、一人では食べにいけない。

投稿: マサエ。 | 2011年2月12日 (土) 11時39分

アジアンフュージョン料理
オサレですね~
短大の卒業旅行でバリを訪ねたのは四半世紀前
空港に牛がいてぎょっとしたけど
車の数より野良牛の数が多いことにすぐ気付きました
あの頃はこんなオサレな島になるとは思いもしなかった

投稿: trintrin | 2011年2月12日 (土) 16時32分

catマサエ。さん、こんにちは。
メインディッシュがかなり高くて、一番安そうなのが、これでした。
一応、メニューは読んでいるんですが、いつ終わるのか、次があるのかよくわからなくて、やきもきしましたね。
そういうこともあって、満腹感がなかったのかも知れません。
これに比べたら、懐石料理はずーんと来ますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年2月13日 (日) 00時17分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
そう、お皿とかは洒落てますね。もう周囲は田んぼだらけで、誰がこんなところに好きこのんで来るのかと思ったりしましたが、結構周りに凝った宿やレストランもあります。
たぶんウブドがうるさくなってきたのを嫌う昔からのバリ好きをターゲットにしているのではないかと思います。
え、空港に牛がいたのですか。今じゃ考えられないです。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年2月13日 (日) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/50760784

この記事へのトラックバック一覧です: テイスティングメニュー:

« マレーを代表する中華系B級料理 | トップページ | 沢木耕太郎の足跡を追うその1 »