« ナコーン・パトムの大仏塔 | トップページ | ちょっとまだ早いんですが… »

2011年7月25日 (月)

辛み欠乏症

Jb0988

<ナシゴレン・カンビン>GR DIGITAL

最近スパイシーなものに飢えている。辛いものが食いたい。

上の画像は、ジャワ島のボロブドゥールで食べた山羊肉(あるいは羊肉)入りのナシゴレン。ボロブドゥールは遺跡があるだけでそれ以外はただの田舎町である。すぐ近くのジョグジャカルタならば、ツーリスティックなレストランもやたらとあるのだが、これといった店がなくてバスターミナルにあるほとんど屋台のような店で夕食をすませた。

ビールは店には置いていないが、従業員が買いに行ってくれた。もちろんどこかで買ったものなので、冷えてなくて、グラスに氷を入れて味わうことになる。タイのビールならばこれもいいのだが、ビル・ビンタンは初めからライトな味わいなので、まるでビールのオンザロックみたいな感じがした。

Jb0989

<ソト・アヤム>GR DIGITAL

ナシゴレンだけじゃ足りないので、鶏肉入りのスープを頼む。これには素揚げした鶏肉が入っているほか、なぜか春雨のようなものがたくさん入っている。味は薄い。

Jb0990

<サンバル>GR DIGITAL

ビールを買いに行ってくれた従業員が、「もっと辛くする?」といって持ってきたのが、このサンバル。唐辛子ベースの調味料で、インドネシアとマレーシアではこれがなくては始まらない。

スープには入れることはなかったが、ナシゴレンに入れると味が引き立った。

さて、インドにはこうした料理があるかどうか。ないと断言したい。辛くて深みのある料理ではなく、様々な香辛料を組み合わせた複雑怪奇な味なのだろうか。ま、今までにもインド料理、ネパール料理は味わっているけれども、今回はより大衆の味に近いものを食べることになるだろう。

一応今週出発なのですが、準備ははかどりません。インドの鉄道チケットが予約できるサイトがあるのですが、どうしても予約画面に行けません。やはり、現地購入かなあ。

|

« ナコーン・パトムの大仏塔 | トップページ | ちょっとまだ早いんですが… »

Food」カテゴリの記事

コメント

辛味っても東南アジアの辛味とインドの辛味は違いますからね。どちらも好きですが、インドに行ったときには毎日カレー味っての飽きかけてきました。カレーも地方で違うんでしょうが、素人にはなかなか違いがわかりません。

いよいよ今週出発ですね。いま気持ちが高ぶっていることでしょう。でも行きたくないって気持ちもあるってどこかで書いていらっしゃいましたね。インドだとそうなるんでしょうね。行くまでは何だか不安もあるし。

さて自分はというと今年はあまりにも刺激がなさすぎるというか。滞在型のうえに行先の様子もだいたい予想でき、そうトラブルもなさそうだし。こんなのは今までなかったですね。準備ができないのは自分も同じですが、大きな原因は今ごろヒョウちゃんとご一緒した今年初めの旅行記を作っているからです。出発されるまでに完成させますね。

投稿: とんび | 2011年7月25日 (月) 21時48分

いよいよ、今週ですね
インド行きはやはり緊張しますよね
それに現地食ばかりだと、1週間で飽きますよね(^^ゞ
油っぽいのと香辛料でお腹が・・・
幸い今回は平気でしたが、北と南では食べ物も全く
違いますからね
ナシゴレンの茶色っぽさが美味しそうです
カンビンが感じでますよね
ソト・アヤムの上の白いトッピングみたいのは何ですか?

投稿: kimcafe | 2011年7月25日 (月) 23時23分

chickとんびさん、こんにちは。
そちらも近づいてきているのではないでしょうか。
インドのぼそぼその米、大丈夫かと思うのですが、考えてみれば北インドは粉食だし、ナーンやチャパティは好きなので、問題なかろうかと。
米もアジアで美味しく頂いているのでかなりのレベルにまで来ているような気もします。
やはり問題なのはとんびさんが仰るように、毎日マサラ味のものを食べ続けて飽きが来ないかということですね。
これまた自問自答みたいになってしまいますが、ミャンンマーでも中華料理があったから、インドでもこちらに逃げることができそうです。

それにしても、相変わらず間違いはあるでしょうけど、「地球の歩き方」はずいぶんと情報が豊富になりました。

「行きたくない」気持ちは何もインドだけでなくて、この間のマレー半島縦断の時もあったし、タイ・ラオス・中国の時もありました。
例えは変ですが、これから強豪を迎え撃つボクサーの気持ちに似てもいないでしょうか。

とんびさんのいらっしゃるところは平穏無事そうですけど、何たって「島」なんだし、そこ独特のルールみたいなものが我々の想像を超えているところもあるかも知れません。
また、夏のリゾート地ですから、とんでも野郎が出没しないわけでもないだろうから、くれぐれも気を引き締めていってください。
ま、杞憂に終わるでしょうけど。

旅行記の件はどうぞごゆっくりと。
ま、数年放置している自分がいえた義理じゃありませんけど。
とにかく、ご自分の旅に影響のない範囲で頑張ってください。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年7月25日 (月) 23時24分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
いよいよです。
今日はバックパック用のTSIロック式南京錠を購入してきました。
幸い、前2回のインドでも腹はこわしていません。
といっても、ほとんど表面的なインドでしたので、こわす暇もなかったかと。
でも、正露丸1瓶購入してきました。
カンビンはサテで食べると極上なんですけどね。
ウブドに汚いけど美味しい店があるんです。
ソト・アヤムの白いやつ、タマネギですね。
なのでより淡泊な味わいになっているかと。
現地の人はスープと白飯だけで1食という場合もあるので、これはこれで金をかけた食事だったようです。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年7月25日 (月) 23時33分

サンバルからそうです
しかし美味しそうでもありまする♪
タイは辛くてすっぱくて甘くってと色んな味が次々に襲ってきます
インドはどうなんだろう?油っこくて香辛料が香るのかしら?
正露丸、お守りになりますように♪

投稿: trintrin | 2011年7月26日 (火) 16時36分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
サンバルは日本で日常的に食べる料理にも、隠し味として使えそうです。バリのスーパーで1本買い求めましたが、あまりにも小さすぎてすぐになくなってしまいました。
インドネシアの料理はマレー料理ほど複雑じゃないです。サンバルは日本でいうと海苔の佃煮みたいな感じかも。ここぞという時に辛くするみたいな。
ええ、正露丸ですが、ラッパのマークじゃなくて安いやつを購入しました。果たしてこれで効くのか。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年7月26日 (火) 21時20分

間もなく出発ということで、旅行の準備で忙しくて邪魔かもしれませんが、旅行記完成しました。公開は明日夜で、今のところ、トップからと直前のページからのリンクはまだつくっていません。

今は見え方やリンクのチェックをしているところです。年末年始タイ旅行記のURLの最後の数字が223~226がマレーシア分です。明日、明後日に出発かもしれないので、まだ未公開ですが、途中でお会いした特別な旅行なのでお知らせしておきますね。

投稿: とんび | 2011年7月26日 (火) 22時32分

chickとんびさん、再びどうもです。
まだこちらにいます。
拝見させてもらいました。
後日談はあんな感じだったんですね。
お疲れ様でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2011年7月27日 (水) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/52299191

この記事へのトラックバック一覧です: 辛み欠乏症:

« ナコーン・パトムの大仏塔 | トップページ | ちょっとまだ早いんですが… »