« スワヤンブナートはヒマラヤ最古の寺院 | トップページ | ダルバール広場 »

2012年1月14日 (土)

食からイタリア経済を考える

最初にお断りしておきますが、新規購入のPCが緊急入院となり、やや更新ペースが遅れ気味になると思います。ネットブックや古いマシンもあり、メール送受信やブログ作成には問題ないのですが、いかんせんスピードが遅いもので、画像の加工に手間取っております。

てなわけで、今回はちょっとコラム風。

Tc0152

<チャオの食事>GR DIGITAL

今回イタリアでいろいろな食事を頂いてきましたが、ちょっと考えさせられることがありました。

その前にリストランテにおけるイタリア料理のおさらいをやっておきます。イタリア料理はフランス料理の原型ともいわれ、メディチ家の娘がフランス王家に輿入れした際に、伝えられたともいわれています。そこでもたらされたものとして、ナイフやフォークがあるそうです。

イタリアではパスタを食べやすくするため、4本足のフォークが開発されたとのことです。それまではパスタも、なんと手づかみで食べていて、古い絵画には人物が手づかみし持ち上げたスパゲッティを上を向いて食べるというものもあるくらいです。元々ヨーロッパでは食事を手づかみでしていたのですが、いち早くイタリアがそれをやめたということで、これがフランスにも導入されたとのこと。

そして、食事の順番ですが、前菜(アペリティフ)、第1皿(プリモピアット)、第2皿(セコンドピアット)、デザート(ドルチェ)という決まりがあります。セコンドには野菜などの付け合わせ(コントルノ)を取るのが普通。ま、この順番もフランスにもたらされたと考えていいでしょう。

まあ、これを昼と夜繰り返しているとメタボ人間のできあがりですし、日本人のように食べきれないというか普段食べていない料理のため胃袋ができあがっていないような人や小食の人には、前菜、プリモ、セコンドのうちから2つを取ればOKという暗黙のルールのようなものがあります。デザートなどはその人の気分で。

今回、地元のイタリア人などは、前菜を飛ばしてプリモのパスタだけとか、ピザを出すところではピザだけという頼み方の人をたくさん見てきました。家族4人で来てお父さんはアルコールを飲むけど、ワインじゃなくてビールの小瓶、子供は水かジュースで、腹にたまるピザを食べ、お父さんはビールの分パスタだけねみたいな例がありました。もう回転が早い早い。すぐに出て行きます。また、ハウスワインを頼むとキャラフ(デキャンター)で出され、その容量(250ml、500ml、1000ml)を申告するのですが、グラスワインというのも、バール以外で初めて見ましたね。

で、支払いはテープルにカメリエーレ(ウェイター)を呼んでやるということをせず、直接伝票を持って支払っていたりします。もちろん、チップはなし。いやあ、イタリア人自らルール破りするほど、イタリア経済は苦しいのかなあと思いました。

今回、イタリアは6年ぶりだったのですが、料理2品とデザート、飲み物付きで20~40ユーロ台でした。ま、最初に入ってしまったところは味はすばらしかったけど、ふざけんじゃないよこの値段というのもありましたが。この値段、6年前とほとんど変わっていないのですね。まあ、日本人にとっては、ユーロ高から円高となり、半分までとはいいませんが、4割くらい得したような気がします。

また、安い食事としてセルフサービスのレストランというのは昔からありましたが、「スパゲッテリア」という、いわゆる「スパゲッティ屋」というのも登場していました(ジェラートを売る店がジェラテリア)。あと、ドネルケバブの店流行っていましたねえ。

こんな感じで苦しいのですが、今までリラからユーロ導入に伴う便乗値上げで粉飾決算気味があったので、当時を知っている日本人から見たら、それ見たことかなんですけど、ちょっと寂しい感じもします。ま、それでもアジアの物価に比べれば、断然お金がかかるんですけどね。それと、日本の国内旅行をして普通のレストランで食事をしホテルや旅館を利用するとこれくらいかかりますかねえ。

やはり今回少し散在したので、次回はヨーロッパ以外かとも思っております。

|

« スワヤンブナートはヒマラヤ最古の寺院 | トップページ | ダルバール広場 »

913t Toscana」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

昔は昼間たっぷりフルコース、夜はピザで軽い食事というのが普通でした。本格的なピザ店は夕方にならないとオープンしなかったんですよ。

でもEUに加盟し、また世界各地から観光客が押し寄せるようになって、その伝統や習慣もなし崩し的に無くなっていったようです。

レストランの勘定がレジ方式になったのは、旅行者としては有難いことですわ。チップで悩まなくてすみますからね。脱税防止するため、必ず領収書やレシートを受け取らなければならないという法律ができた(だいぶ前)と聞きました。レジ方式はそのためかしら?

投稿: ろうま | 2012年1月14日 (土) 08時20分

clubろうまさん、こんにちは。
今回の食事は、ほぼ夕食のものですね。
こちらも節約してまして、昼はドネルケバブのパニーノなんてこともありました。
なので、夜簡単に済ませる人を観察したのかもしれませんが、ずいぶんといたものです。
以前はこんなに見かけなかったと思いましたが。

レジのあるところでは、自ら勘定に赴く人がかなりいました。
とはいえ、相変わらずそうした店は少数派でしょう。
チップは、このところ、サービス料に含まれているので払わなくてもOKみたいな解釈も聞いたことがあります。
レシートはキオスク程度の店でも出すようですけど、こちらが外国人ということがわかっている場合は、出さなかったこともあったかなあ。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年1月14日 (土) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/53730652

この記事へのトラックバック一覧です: 食からイタリア経済を考える:

« スワヤンブナートはヒマラヤ最古の寺院 | トップページ | ダルバール広場 »