« 続フィレンツェ通信 | トップページ | トスカーナ旅の概要 »

2012年1月 4日 (水)

すべての道はローマに続く

旅もいよいよ終盤です。ローマに再び到着しました。

アッシジでは結局ネットができませんでした。宿にないというのもありますが、ネットカフェさえありませんでした。さすがは聖地です。

アッシジにはフィレンツェを10時過ぎに発ち、14時過ぎに到着。天気は悪く、傘はささないものの、全体的に暗かったため、ISO感度を上げての撮影になっています。昨日一通り回ったのですが、今朝また中心部を歩き、10時過ぎにアッシジを発ち、14時くらいにローマの宿にたどり着きました。

Tc0843

<ヴィンチ村>K7/DA21

今日のアッシジはよく晴れて、よかったです。ローマに着いたものの、テルミニ界隈で安そうなレストラン探しと、休養に充てました。結局安そうなレストランはずっと以前通っていたところで、ローマでも破格の値段なのではと思います。この話はまたあとで。

観光は残すところあと1日。明日こそ、午前はティボリ、午後はローマ市内と行きたいです。ま、ここまで無事に来ることができましたが、最後まで気を抜かずに行きたいと思います。

コメントはすると思いますが、現地レポはこれがたぶん最後です。

|

« 続フィレンツェ通信 | トップページ | トスカーナ旅の概要 »

News」カテゴリの記事

コメント

 イタリアに行かれていたのですね。mixi中心の為、外部ブログは敷居が高くて、なかなかコメ出来ずすみません。コメントしたいところもたくさんあったので、これから過去に遡ってコメント付けさせて頂きますね(^_^;)。

ユーロが100円、切りましたね。私が行った3年前は170円だったんですよ。40ユーロのご飯食べたら1万近く払わされました。今はそれが4000円足らずなんですね。ホテルもチンケなホテルでもバカ高くって。今、行けたら天国ですよね〜。

投稿: アトムズ | 2012年1月 4日 (水) 13時38分

テルミニ近くの安そうなレストラン情報、待っています。私はいつもテルミニ近くのホテルに泊まります。交通の便が良いことと、セルフサービスレストランでミニワインが手に入るのがメリットです。

ローマ在住の友人オススメのトラットリアが、日本人ツアーがよく利用するメトロポールホテルの近くにあるんですが、名前など忘れてしまいました。歩けば分かると思うんですけどね。近くを通りかかったら、探してみる価値ありますよ。でもそんなに安くはないかも。

投稿: ろうま | 2012年1月 4日 (水) 23時05分

 イタリアは寒いですかね?ローマだと南だから暖かいのかなぁ?

 なぜかローマは訪れたことがないぢぶんです( ̄▽ ̄)。

投稿: おりんぴあ | 2012年1月 4日 (水) 23時32分

baseballアトムズさん、お久しぶりです。
コメントはいくらあっても、嬉しいものですので、よろしくお願いします。
成田で両替したときは、まだ100円台でした。<ユーロ
103円だったか、105円くらいだったと思いますが。
こちらのレートは、まだ平気で107円とか、108円なんて感じですよ。さらにはコミッションも取るんでしょうが。
2005年に旅したときには150円台だったと思いますが、現地両替だと、160円くらいしてましたね。
こんな食事で今夜宿でふざけんじゃないよと思いましたから。
行くなら今のうちかもしれません。
ただ、イタリア経済がとんでもないことになっているので、今まで考えられなかったことも見えてきました。
これは、今後記事にしたいと思いますので、首を長くして見守っていてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年1月 5日 (木) 06時50分

clubろうまさん、こんにちは。
このレストランには今日も行ってきました。
今後、記事にするつもりなので、時間がかかるかもしれませんが、待っていてください。(待ちきれないようでしたら、メールいたします)

自分もテルミニ近く、しかも西側にだけ泊まりますね。
理由はろうまさんに同じくです。
実は、そのレストランはもろ安宿街にあるんですが、店の感じや内装なんかはきちんとしていて、値段だけ安いんですよね。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年1月 5日 (木) 06時55分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
トスカーナから下ってきたら、ローマはなんて暖かいんだと思いました。
まず手袋とマフラーがいらない。
セーター着ていたら、暑くて、シャツの上に直接上着で大丈夫です。

ローマ、是非訪れてください。
なんたって、セリエAのクラブが二つもありますし。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年1月 5日 (木) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/53649855

この記事へのトラックバック一覧です: すべての道はローマに続く:

« 続フィレンツェ通信 | トップページ | トスカーナ旅の概要 »