« レオナルドの村 | トップページ | 中世の名残、ピストイア »

2012年2月26日 (日)

肉との格闘、Tボーンステーキ500g

フィレンツェ名物、第2段。Tボーンステーキでございます。フィレンツェのあるトスカーナ州にはキアーナ牛というものがあり、これを豪快に骨付きのまま焼いたステーキが、フィレンツェ名物。フィレとロースが一緒になったもので、最低でも厚さ3cm、重さ500gという大型ステーキです。

Tc1017

<まずは定番赤ワイン>GR DIGITAL

例によって、ガリバルディに出かけます。一応、メニュー表で値段は確かめておきました。いつもの赤にミネラルウォーターも付けちゃう。何たって今日は戦いだから、喉を通らなくなると困りますから。

Tc1024

<海のサラダ>GR DIGITAL

アンティパストというか、第1皿には海のサラダを。タコ、イカ、ムール貝のボイルにオリーブ油で味付けしたもの。軽い感じでさくさく行けます。しかも美味い。個人的には新鮮な海の幸があれば、肉は必要ないとは思うのですが、これから肉に取り組むに当たり、別の味を求めたくもなるでしょう。

500gの肉に挑むのに、こんなもの食べてもいいのかと思われる方もいるでしょうが、昼はドネルケバブのパニーノで軽く済ませたので大丈夫。財布にも優しかったです。

Tc1026

<Tボーン登場>GR DIGITAL

そうこうするうちに、肉が登場。さすがにすごい肉の塊。ぐずぐずしていると肉が冷め切って、まるで歯が立たなくなりそうです。

フィレンツェのTボーンステーキ。ビステッカ・アラ・フィオレンティーナ。BSEで世間が騒然となったときには、これがメニューから消え、骨なしのステーキばかりとなってしまったようですが、騒動もすっかり忘れ去られ、牛の管理もしっかりしてきて、復活となりました。

予算的にも苦しい人には、ふつうのビステッカ、骨なしのステーキもあります。ただし、部位はどこになるかわかりませんが、薄く切った肉の方が、日本人にはなじみ深そうだし、かえって美味しくいただけそうな気もします。

個人的にはこの肉、塩こしょうを少し欲しい感じもしましたが、久しぶりに牛肉食ったという感じを深く味わいました。

Tc1028

<戦の跡>GR DIGITAL

そんなわけで完食です。これだけ骨があるのですから、正味肉300g、骨200gといったところでしょうか。これだけ厚いと、中央部分はレアなんですね。

Tc1033

<三層のジェラート>GR DIGITAL

ほとんど満腹なのですが、ここまで来たら、フルコース行ってやろうと思いまして、食後のドルチェも頼んじゃいました。ジェラートを頼むとこんな三層構造。これも美味い。

そして、エスプレッソを追加し、しめてお値段、46.9ユーロ。まあ、しょうがないですよね。たまにはいいじゃん。

中には、1kgという肉もありますが、これはおそらく数名で来て、切り分けてもらいシェアするものかと。でも、中にはこれを食べていく猛者もいるようです。

Trattoria Pizzeria da Garibardi

Address:Piazza del Mercato Centrale, 38r.

Tel:055-21-22-67

www.garibardi.it E-mail:info@garibardi.it

|

« レオナルドの村 | トップページ | 中世の名残、ピストイア »

913t Toscana」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

Restaurant」カテゴリの記事

コメント

ひとりで行かれたんですか?ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナはでかいので、ひとりでは出してくれる店、見つけられず、連れがいる時に何回か行きました。シンプルな味付けのステーキにレモン、絞って食べるの、再コーですね。また、食べたくなって来ました。

投稿: アトムズ | 2012年2月26日 (日) 23時31分

ううん、正に戦いですね(^^ゞ
完勝おめでとうございます

投稿: kimcafe | 2012年2月27日 (月) 21時15分

baseballアトムズさん、連投ありがとうございました。
この旅はひとり旅ですので、ビステッカもひとりで食べに行きました。
今までいくらでも食べに行けたのですが、今回初めてでした。「量が多い」「BSEが気になる」などの理由で避けていましたねえ。
ま、値段を気にしなければ、また食べに行きたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月27日 (月) 22時42分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
完勝しました。やったですよ。
初めて個人旅行で訪れたイタリアで、リゾットを頼んですごい量に完敗したんですね。
それ以来、食べられる量を徐々に増やし、ワインも残さず飲めるよう訓練を重ねた成果ですかねえ。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月27日 (月) 22時44分

 肉との戦いお疲れ様でした( ̄▽ ̄)。

 アメリカみたいにドギーパックでお持ち帰りは出来ないのでしょうかね(・・?余った肉とスーパーでパンと果物を買えば翌日の昼ごはんのサンドイッチが作れそうと思った私は貧乏な旅行人です(*^m^)。

投稿: おりんぴあ | 2012年2月27日 (月) 22時57分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
いや、まったくそんな発想がなかったです。
キッチンでもあれば、考えますが。
ちなみに、バンコクで定宿になりそうなところは、キッチンに調理器具、おまけにランドリーまで完備なのでこの手が使えると思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年2月27日 (月) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/54085048

この記事へのトラックバック一覧です: 肉との格闘、Tボーンステーキ500g:

« レオナルドの村 | トップページ | 中世の名残、ピストイア »