« ファストフードはこれで決まり | トップページ | アレッツォの蚤の市 »

2012年3月11日 (日)

フィレンツェの宿

Tc0941

<二つ星>GR DIGITAL

実はイタリア語ではホテルHotel"ではなく、"Albergo"なんですね。地方に行くとこのホテルではなく、アルベルゴを名乗っている宿がたなのくさんあります。イタリアホテル協会なんてものがあるかどうか知りませんが、ホテルカテゴリーのところにはこのマークがあります。

フィレンツェで泊まった宿はやはりAgodaで見つけましたが、二つ星。年末年始料金で結構高かったですが、快適でした。

Tc0556

<客室>GR DIGITAL

宿の名前は、Collodi。ピノキオの作者のペンネームで、ルッカから東に20kmのところに、同名の村があります。作者の母親の生まれ故郷だそうで、現在はピノキオ公園があるようです。

かなり小さな宿で、階段を上がったところにあった部屋があてがわれました。

Tc0557

<エントランス>GR DIGITAL

右側に見える送風機みたいなのが暖房で、これがかなり強力。洗濯物などは一晩で乾いてしまうほどで、ここにいる限り寒さは感じませんでした。

Tc0938

<天井>K7/DA21

天井はこんな感じで、行きつけのガリバルディもこんな感じ。これが、フィレンツェの民家の作りなのでしょうね。味があります。

Tc0562

<バスルーム>GR DIGITAL

シャワーオンリーのバスルームですが、ヨーロッパではバスタブ付きの部屋を探す方が難しいと思われます。シャワーで十分です。

Tc0560

<無線LAN機器>GR DIGITAL

もちろん、WiFi完備で、部屋ごとにIDとパスワードが異なり、セキュリティも万全。あまりにさくさく動くので、いくつも記事を書いてしまいました。

Tc0823

<朝食>GR DIGITAL

朝食はフロントのある階の一室にて、セルフサービスです。飲み物はコーヒー類はマシンでいれて、ジュースは用意されているものから注ぐ。パンその他は好きなだけ取っていく。まあ、朝からドカ食いはしないので、これで十分です。

宿は中年のおじさんとアルバイトらしき女性が切り盛り。なお、鍵はチェックアウトまで客が持っているシステム。夜、玄関を閉ざしてしまいますが、その脇のドアの鍵も付いていて、ここから自由に入ることができます。これで夜通し遊んでもOK。

場所は、中央市場のすぐ北側。駅からも、10分ほどで到着するし、ドゥオモまでも10分くらい。アクセスいうことなしです。これで値段が安ければ、さらによいのですが、もしまたフィレンツェを訪れるようなことがあれば、また泊まりたいです。

Hotel Collodi

Address:Via Taddea,6

Tel:390-5529-1317

info@hotelcollodi.com www.hotelcollodi,com

|

« ファストフードはこれで決まり | トップページ | アレッツォの蚤の市 »

913t Toscana」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

駅から近いのはスーツケース組に
とってもありがたいことです
ガラガラ引きずって右も左もわからない街を彷徨うのは
修行のようです
フィレンツエでは駅から遥かかなたで泣きそうになったっけ
Agodaはワタクシもよく拝見します
怪しい日本語(直訳)みたいなのにウケてます

投稿: trintrin | 2012年3月12日 (月) 19時50分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
Agodaに限らず、最近のホテル紹介サイトの地図は、Google Earthのものを流用しただけなので、非常にわかりにくいです。
わたしゃ、住所を頼りに、「歩き方」の詳細な地図で何とか通りを見つけ、これなら歩いていけると納得したんですよね。ローマもフィレンツェも。
それでも、ある程度の土地勘がないとだめかもしれませんが。

フィレンツェで最もアクセスのよいのは、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅の1番線側にあるホテル街でしょうかねえ。
ここなら5分で到着します。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年3月12日 (月) 23時43分

 こういう宿、私も良く泊まります。
 あたりはずれがあるのが玉にキズですが( ̄▽ ̄)。

投稿: おりんぴあ | 2012年3月13日 (火) 01時27分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
ミニホテル、プチホテルといった雰囲気でした。
フィレンツェは比較的小さなホテルが多いところで、大型チェーンホテルは少ないんですよね。
こういうところばかりだとよいのですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年3月13日 (火) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/54200392

この記事へのトラックバック一覧です: フィレンツェの宿:

« ファストフードはこれで決まり | トップページ | アレッツォの蚤の市 »