« 丘の上の聖地 | トップページ | 雨上がりのアッシジ »

2012年4月11日 (水)

トリュフとウンブリアのパスタ

アッシジは陽が暮れるとほとんど人影がなくなる。リストランテはあるんだろうが、ちょっと探すのに苦労しました。

Tc1547

<いつもの定番>GR DIGITAL

それでも、宿の近くに店を見つけ、赤とミネラルウォーターをオーダー。ここのは、キャラフに入ったものではなく、ハーフボトル。

何を食べようか迷ったのですが、ストリンゴッツィというウンブリア州の伝統的パスタに心が動く。初めてだし。メインはメニューに英語でビーフシチューと記されているものを頼んだ。

Tc1551

<ストリンゴッツィのトリュフソースがけ>GR DIGITAL

ウンブリアのパスタは濃厚なソースで味わうらしい。ウンブリア州はローマのあるラツィオ州とトスカーナ州に挟まれたところだが、地形は山がちで、イノシシが捕れて、ポルチーニも名産だという。

そしてまた、トリュフが名産なのだ。やはりここはトリュフとストリンゴッツィになびくというもの。ああ、これだったら、ワインもオルヴィエート・クラシコ(白が有名)でまとめてもよかったか。

ストリンゴッツィはやや太めの手打ち麺で、日本でいうとうどんに近い感じがした。久しぶりのトリュフで食べるとああこんなものかと思ったが、トリュフの他にクリーム状のソースがかかっていて、思ったよりも淡泊な感じである。

Tc1553

<牛肉の煮込み>GR DIGITAL

ま、確かにシチューですわな。とはいえイタリアン。よく煮込んではあるものの、肉の形は崩さず、スープ状の液体はさほど多くない。

おそらく、この肉はステーキにするような部位ではなく、すね肉とかリブの間の堅い部分ではなかろうか。こうしてあるので、肉自体は柔らかかったです。文句なしに美味しかったです。

Tc1556

<チョコレートケーキ>GR DIIGITAL

締めは、これですが、ラム酒の味がしました。ちょっと値段が高く、コーヒーを飛ばしてお勘定してもらいましたが、アッシジの町は夜が早いのか、庶民的なバールがまったく見あたらず、しょうがないのでぐるっと散歩し、ライトアップされた聖フランチェスコ聖堂をもう一度眺めて戻りました。

Tc1565

<夜の聖フランチェスコ聖堂>K7/DA21

しかし、観光地でありながら、夜はほとんど人影のないところってどうなのよ。さすがは聖地です。

|

« 丘の上の聖地 | トップページ | 雨上がりのアッシジ »

913t Toscana」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/54449999

この記事へのトラックバック一覧です: トリュフとウンブリアのパスタ:

« 丘の上の聖地 | トップページ | 雨上がりのアッシジ »