« カンチャナブリーに来ました | トップページ | バンコクに戻りました »

2012年8月22日 (水)

カンチャナブリ情報

まあ、ちょっとしたことなんですが、台湾製のSDHCカード、一部の画像が読めません。10回に1回くらいの割合で、だめなんです。これじゃ困るなと思い、近くのネットカフェに行き、カードをCDにコピーし、全画像消去し、また使いましたが、やはりだめ。

いろいろ考え、ペンタックスの使用説明書にアクセスし、「カードのフォーマット」これをやらなくてはだめなんではないかという結論に達しました。ということで、明日は朝イチで、ネットカフェに行き、今日の画像をまたCD-Rに焼き、フォーマットしてみます。やはりカタログはよく読まなくてはだめですねえ。まったく初心者みたいな失敗です。

今日はしょうがねえやと思い、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」作戦で行ってみました。同じものを気にせず数カット撮るみたいな。

Il2119

<カンチャナブリにやってきたトロッコ>K7/DA21

で、今日は予定通りナムトクに列車で行ってきて、バスで戻ってきました。正確なダイヤだと10:35分カンチャナブリ発なんですが、そこはトンブリーからはるばるやってきた列車なもので、20分くらい遅れましたかね。

すでに、300バーツの優等車両は待機しています。ワタクシが外国人価格100バーツのチケットを購入していると、バスがどっと3台やってきて、なんかケバいお姉さん方がわんさか登場。そればかりか、普通車両にも旅行会社のツアーらしき団体がごっそり乗り込みました。

途中のいいとこだけ乗車するというツアーもあったりして、ワタクシの周囲はアメリカ人家族だったり、パキスタン人らしい男ばかりの暑苦しい連中に囲まれましたね。結局はナムトク手前でみんな降りてしまい、最後はがらがらでしたが。

ナムトクではメシを食い、近くにあるというカオ・パン滝を見に。メシを食った食堂で尋ねると、ソンテオを出すといい、50バーツしましたが、歩いても行けたな。滝のそばにバス停があり、ここからバスでカンチャナブリに戻りました。ナムトク、駅のあたりはローカルに染まっているのですが、滝のバス停のある国道はかなり開けていて、セブンイレブンまでありました。

結論。バスで滝まで行き、歩いてナムトクに出て、戻りの列車で帰る方が楽かも。確実に空いているだろうし。それにしても、シーズンじゃないので、通常通り行ってみましたが、当てが外れましたねえ。そそ、日本人数名見ましたが、明らかにここではマイノリティです。

また、ネットカフェを久々利用してみましたが、CD-R付きで、20バーツ。普通にネットを楽しむには、1時間15バーツくらいと、ベトナムと並んで安さの双璧ですね。とはいえ、ネットカフェは確実に減っていくだろうなあ。

また、絵はがきを出してみました。旅にネットブックを持って行くようになり、手紙を書くということがなくなってきたのですが、今回は2枚ほど書きましたです。どこで切手を売っているかな、やはりコンビニだよなあと思い、歩いていると、「メールサービス」なる店を発見。ここで切手を売るのかなと思って入ると、料金20バーツとのこと。いわれるままに払いました。切手は店の係があとでやっておくとのこと。これもあとで調べたら、もうちょっと安かったですね。ちなみに、ラオスは9000キープです。1USDより少し高い。タイはやはり物価が安いですね。

kimcafeさんご推奨の「レオテー食堂」、見つかりません。それっぽい店はありましたが、店に名前がついていたり、オカマっぽい従業員やばあさんがいなかったりで、けっこう歩いたんですけどね。kimcafeさんが泊まられたという宿は見つけました。

また、このゲストハウス街からカオサン、モーチット、アヌーサワリー行きのロットゥが出ています。どれも毎時間あるみたいですが、アヌーサワリー行きを尋ねたら、明日おいでとのこと。ここではコンタイに間違われ、なかなか英語で話しかけられませんでしたけど。カオサン行きはかなり出ているみたいです。カオサン行きは、本来のロットゥと10バーツくらいしか違いませんが、その他は割高です。でも、カオサンやモーチットへ行くと、結局タクシー利用となるので、アヌーサワリー希望。

カンチャナブリですが、シーズンオフとはいえ、かなりの観光客です。ただ、宿もレストランも供給過剰らしく、どこ行っても大丈夫みたいな感じですかね。新しい宿もできているし、価格はどこもまあ同じくらいだろうから、新しさとロケーションのバランスを考えて泊まった方がいいと思います。

|

« カンチャナブリーに来ました | トップページ | バンコクに戻りました »

News」カテゴリの記事

コメント

わーい!
ラオスだったんだ~
(4000+4000+1000)
文字がタイとラオスってよく似ているので
チンプンカンプンでした♪
ミャンマーも似てるけどうんと丸くなるから
これは区別が付きます

コンタイと化したヒョウちゃん
もうすぐカオサンに戻るのですね?
カオサンではコンローと呼ばれますように♪

投稿: trintrin | 2012年8月22日 (水) 11時41分

メモリーカードの不具合心配ですね。
私なんぞはいつでもどこでも下手な鉄砲も数打ちゃあたろ体制で撮っていますが、それでもメモリー不調ですと不安です。
端子をアルコールで拭いてみるっていうのはいかに?


投稿: スクムビット | 2012年8月22日 (水) 13時34分

 最近はデジカメなどデジタル機器を持って旅行することが普通になってきたので、メモリーカードの不調などがあると痛いですね。画像や動画は容量が大きいので不具合がおきるとダメージでかいです(ノ_-。) 

投稿: おりんぴあ | 2012年8月22日 (水) 16時15分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
いやもう、切手がでかくて、困っちゃいましたよ。
もう着いたんですね。すごいぞ、ラオスの郵便。

今日テスコ・ロータスで買い物をしたら、「コンタイじゃないね」みたいなことを別のレジの店員がつぶやいていましたね。
ちなみに、中国人にはよく話しかけられます。
(イタリアなんかじゃ毎日そうでしたよ)

いちお、戦勝記念塔行きを確保しました。
宿はカオサンじゃないし。
やはり、BTSの近くじゃないと。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月22日 (水) 18時55分

soccerスクムビットさん、こんにちは。
今日もう一回焼いて、画像を消去し、フォーマットし直したんですけどね。
やはり、不具合は出ます。
こりゃ、帰って、ペンタックスフォーラムを訪ねるしかないかも。
端子のアルコール拭きは、ちょっとやってみましょうか。ウェットティッシュ持っているんで。夜にでも。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月22日 (水) 18時59分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
いちお、画像はネットブックにも残してあるんですが、10カットくらい、失ったものがあるかもしれません。
こういうの困っちゃいますよね。
フィルムカメラだったら、なんにも困らないんですけどね。
でも、490バーツですからね。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月22日 (水) 19時01分

私は去年インドでSDカードリーダーが読めずに苦労しました(>_<)
結局、100円ショップのカードリーダーのせいと分かったのは帰国後の話し・・・えらい苦労したんでしけどね
レオテー食堂見つかりませんか?
看板はでてないのでブログの写真と見比べてもらうしかないですが・・・私の泊ったGHから橋方向に4-5分と思いますが・・・
今日はカンチャンブリで食べた不思議な菓子をアップしますね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2012年8月22日 (水) 22時05分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
焼いたCD-R、作成した機種では読めるんですが、昨日のやつが、今日焼いたところではだめですね。
被害は最小で済みそうですが。ブログの帰国してからのレポートには影響ないと思います。

レオテー食堂、今日ようやく確認して、今食べてきました。自転車借りていまして、橋の方に向かう途中、黒板の文字がそのままだったので、わかりました。
「サトウキビ1」から歩くとけっこう遠いです。
ノーブルナイトからはすぐでしょうが。
品数が少ないので、途中の屋台でルークチンなど買い込んで腹の足しにしています。
明日はもうバンコクです。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月22日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/55479542

この記事へのトラックバック一覧です: カンチャナブリ情報:

« カンチャナブリーに来ました | トップページ | バンコクに戻りました »