« イサーンと南ラオス、旅の概要 | トップページ | フアランポーン駅12番線の謎 »

2012年8月28日 (火)

エアポート・レイル・リンク

TG641便は順調に飛行し、スワンナプームに無事到着。イミグレーションまでは結構歩かされたが、入国審査のチェック時間が早くなったような気がする。荷物も無事に出て、両替をし移動である。今回はエアポート・レイル・リンク(以下「エアポート・リンク」に省略)を使う。

Il0022

<パヤータイにて>K7/DA21

エアポート・リンクは2010年8月23日に正式開業した。タイを毎年訪れているものの、諸事情があって今ままで使っていない。2010年の年末と年始にマレーシアからタイに旅行した戻りの時は、朝の便だったので、タクシーを利用した。昨年のインド・ネパールの時は、使う宿が初めてだったので、これまたタクシーを利用。戻りも豪雨だったので結局タクシーにした。

それ以前の訪タイの時に、タクシーの運ちゃんが「もうすぐ空港まで新しい鉄道ができて、BTSとつながるよ」ということをつぶやいていた。

スワンナプームの到着ロビーからは、エスカレーターを使って、3つ下のレベルから出発である。エアポート・リンクにはエクスプレスとシティラインがあり、改札とホームが別になっている。パヤータイまでシティラインで45バーツ。一方、エクスプレスは150バーツだが、マッカサンという駅以外ノンストップ。マッカサンは、MRT(地下鉄)のペッチャブリー駅と接続しているものの、かなり歩くらしいので、迷わずシティラインを使う。

Il0017

<チケット>GR DIGITAL

チケットは自動販売機と窓口から購入できる。シティラインのチケットはMRTと同じタイプのプラスチック製の円盤である。これを自動改札のセンサーにかざして入るというのも、MRTと同じである。

ホームも、地下なのでスクリーンドアが設置され、電車が入ってきてもその姿は確認しづらい。終点のパヤータイでようやく写真を撮ることができた。車両はやはり、MRTやBTS(スカイトレイン、バンコクの高架鉄道)と同じドイツのシーメンス製である。エクスプレスは赤い車両だが、残念ながらすれ違う姿を確認したのみ。なお、空港駅ではホームが別だが、線路は共用のようだ。

Il0018

<この混雑ぶり>GR DIGITAL

最後尾の車両に乗り込んだ。座席はロングのベンチシートで、MRTやBTSと同じタイプである。荷物置き場はなく、床に直接荷物を置いて手すりにつかまる。もちろん、座ることはできない。あとでわかったことだが、先頭車両付近は比較的混雑しないようであった。

シティラインは各駅停車である。MRTやBTSほど駅の間隔は短くないので、かなりの速度が出る。しかし、途中の駅から通勤、通学者が乗り込んでくるのである。料金が安いから、これは完全に庶民の足なのだろう。今までバスに頼るしかなかった、このあたりにはこれから企業や学校がどんどんできあがるかもしれない。

Il0023

<パヤータイ>K7/DA21

そうして30分。終点パヤータイに到着。下りのエスカレーターもなく、荷物を抱え、階段を降りる。BTSのパヤータイ駅までものの数分。そうして宿の近くまでは来たものの、場所がわかりづらく、部屋にたどり着いたのは17:00を過ぎていた。エクスプレスも使ってみたいが、バックパックを持っていると、やはりめんどくさいよなあ。やはりキャスターかスーツケースだと楽ではある。

教訓:バックパック旅行は意外に金がかかる。特に歳をとっていると。

|

« イサーンと南ラオス、旅の概要 | トップページ | フアランポーン駅12番線の謎 »

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

エアポートリンク、ようやく乗れましたね。開業後もバンコクにはいらっしゃているのに、縁がないないなぁって思っていました。タクシーに比べて、時間が読めるっていうのがいいですね。それに安いし。

自分は2往復半しているのですが、空港発パヤータイ行きの3回はいずれも6時前の始発に乗車でした(笑)。1回はマッカサンでMRTに乗り継ぎましたが歩かされたので、パヤータイでBTSに乗り継ぐのが正解です。

3回とも早朝にバンコクに着き、そのまま市内は通過して、チュンポン、カンチャナブリー、コラートに向かいました。一番最初のときは開業4ヶ月くらいのときだったのですが、開業暫定価格で15バーツでした。復路は2回乗車で上の写真のように混雑していました。夕方だったので。
http://tombi00.sakura.ne.jp/tahi2/thai216.htm

あと、エアポートリンクという名ですが、シドニーでも使われています。なかなか面白い街ですよ。
http://tombi00.sakura.ne.jp/aus/sydny02.htm

投稿: とんび | 2012年8月28日 (火) 03時32分

chickとんびさん、こんにちは。
なかなか開業しなくて、乗るチャンスもなかなか来なくてという状況でした。
安いことは安いですが、シティラインは空港利用者よりも通勤客用って感じですね。
エクスプレスを少し増発して、パヤータイまで行けるといいんですが。運賃も少し値下げして欲しいです。100バーツだったら乗りますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月28日 (火) 20時57分

あれ、パヤータイで気づきませんでしたか。
パヤータイ発着のエクスプレスラインもできています。
パヤータイ発着とマッカサン発着が30分ごとづつのようです。
BTSからやってきて、切符を買って、左へ行けばシティラインですが、右へ行けばエクスプレスライン。
右のほうで座っていた外人客いなかったでしょうか。エクスプレスラインに乗る客です。

投稿: とんび | 2012年8月28日 (火) 23時28分

 いまだにこの空港連絡鉄道に乗ったことがない私です(笑)。

投稿: おりんぴあ | 2012年8月29日 (水) 00時45分

エアポートリンクの車内がワンピースで一杯ですね(^^ゞ
私の乗った車両も同じでした
タイのOISHIがワンピース印のお茶を数種出したようです
http://www.oishigroup.com/product_beverage.php

投稿: kimcafe | 2012年8月29日 (水) 23時02分

chickとんびさん、こんにちは。
まあ、パヤータイでは、早く宿に行きたかったもので、そんな余裕はありませんでしたね。
それでも、エクスプレスはもうちょっと増発して欲しいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月29日 (水) 23時07分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。

>いまだにこの空港連絡鉄道に乗ったことがない私です(笑)。

というか、長らくバンコクを訪れていないのでは。
ともあれ、空港からの移動に関しては、安くて早い手段です。
バスだとめんどくさいし。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月29日 (水) 23時09分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
よくぞ気づきましたね。
これはすごく気になっていたので、後日コンビニで購入したりしています。
記事をあげる予定。
あと、エアアジアがラオスキャンペーンをしている車両もありましたよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年8月29日 (水) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/55523822

この記事へのトラックバック一覧です: エアポート・レイル・リンク:

« イサーンと南ラオス、旅の概要 | トップページ | フアランポーン駅12番線の謎 »