« メコン東西回廊 | トップページ | WiFi宿の探し方 »

2012年10月 2日 (火)

対岸はラオス

ムクダーハンのシンボルともいえる、ムクダーハンタワーに登った。行く前はあまり大したことはあるまいと思っていた。しかし、宿のバルコニーからよく見えて、結構高さがあると思った。なので、結局足は向いていたのである。

Il0684

<ムクダーハンタワー>K7/DA21

高さ50mほどといったところだろうか。だが、高層建築のない、ムクダーハンではかなりの高さである。入場料20バーツを払い、エレベーターへ。

Il0685

<タワーからの眺め>K7/DA21

これはすごい。天気もいいので気分も上々。ラオスが間近だ。対岸はサワナケート。別角度からはサワナケートの空港の滑走路まで見えたほど。ちなみに、上の画像で左側にやや高いビルが見えるが、これが泊まっていたホテル。おそらくムクダーハンタワーと同じくらいの高さだが、やはりタワーのあるあたりは周囲に何もないので、見え方が全然違う。

この展望台の上に、展示室などがあり、最上階にはなぜか寺にあるような飾りがあった。タイの建築物には僧侶が関わって、まつりごとをしないとコンドミニアムでさえ、入居できないというが、その名残なのだろうか。

また、所々に子供だましのような人形があったり、なぜか各国の紙幣が展示されていたりと、あまりまとまりのない印象のある、ムクダーハンタワーだったが、眺めがいいのですべて許す。

Il0720

<メコン>K7/FA50

町に戻り、メコン沿いのプロムナードへ。ムクダーハンも、メコンのほとりにできた都市だが、川沿いはいきなり国道ということもなく、クルマがぶっ飛ばしていくことはない。プロムナードの下は店の入った二重構造の通路であった。

そして、ここにもタイ人とラオス人専用のイミグレーションがあったが、やはりあまり船で行き来する人はいないようである。

Il0745

<トゥクトゥク>K7/DA21

やはり雨季でもからりと晴れ上がると写真の出来がまったく異なる。腹具合はまだ今ひとつだったが、やはり気分はいい。

このあと、屋台のコーヒー屋でカフェ・ローンを飲んで、宿に戻った。翌日からはいよいよラオスである。

|

« メコン東西回廊 | トップページ | WiFi宿の探し方 »

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

Tower」カテゴリの記事

コメント

2枚目も3枚目も川が右に写されてます
ヒョウちゃんのブログのトップのお写真も
同じ構図です
なんかヒョウちゃんのクセ(なくて七クセみたいな?)見つけた気分
うしし

投稿: trintrin | 2012年10月 2日 (火) 10時23分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
いちお、トップの画像は川ではなくて、入り江なんですね。モロッコのラバトの。あのころは、リバーサル使ってたなあ(遠い目)。
どうしても川を右に入れる構図ばかり撮っているわけではありませんが、同じような時間帯なわけで、太陽の位置なんかも関係していますから、こうなったともいえますね。
構図の好みとしては上下左右あまり関係なく、いいなと思ったやつを撮っています。

投稿: ヒョウちゃん | 2012年10月 2日 (火) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/55794205

この記事へのトラックバック一覧です: 対岸はラオス:

« メコン東西回廊 | トップページ | WiFi宿の探し方 »