« ゴールドラッシュ | トップページ | 台湾高速鉄道 »

2013年1月13日 (日)

バーミーは汁なしに限る

ウボンの宿はムーン川沿いにあり、近くにはちょっと大きな市場があった。まず行ったことは両替で、ナコーンパノム以来お馴染みになったカシコーン銀行でバーツを手に入れた。では腹ごしらえと行こうか。とはいえ当てはなく、近くを歩いていると、いい匂いがしてきた。麺を作る食堂だ。ここでいいだろう。

Il1424

<バーミー・ヘーン>GR DIGITAL

頼んだのは、バーミーの汁なし。具はルークチン(つみれ)とチャーシュー。これは黄金の組み合わせである。ちょうど昼時で店は混雑していた。白いシャツにネクタイといういかにもサラリーマン風のおじさんと相席する。

今までタイの麺料理ではスープがあるのが自分の中では定番であった。だが、バンコクに到着し、朝食なしの宿だったのでナナプラザ脇の歩道に出ているクイッティオしかやっていない屋台で、一言「ヘーン」とつぶやくと、汁なしにはまっていったのだ。

だいたい、タイ人は猫舌が多いのか、スープを熱々にしない。もっとも、年中暑いので熱いスープではたまらんというのが温めのスープということになっていったのかもしれない。

Il1426

<意外に力強い>GR DIGITAL

この麺には具の他に、定番のパクチーともやしが入っていた。ちょっとだけ味見して、4種類の調味料を適量ふりかける。スープなしでもそれがデフォルト。自分の場合は砂糖と粉唐辛子を小さじ1/2~1杯くらい、どちらも同じくらいにする。ナンプラーと酢漬けの唐辛子はそのときの気分で。ただし、ナンプラーが多すぎると、味が崩れるような気がする。

ともかく、これらを投入すると味が変わるのだ。スープなしでも麺は熱々に茹でてあり、ほどよくかき混ぜると、スープの素とでもいうのだろうか、丼の下にある出汁と絡み、力強い味がしてくるのである。特にここのは美味かった。

ふとおじさんを見ると、箸を使わず、レンゲだけで麺を食べている。いかにも食べにくそうだが、別に何とも思っていないようである。他にもそういう人は数名いた。タイの麺料理は、やはり中国の影響を受けていて、これだけは箸を使う。中国の影響ということは、バンコクなど華僑の多いところで発達した料理で、イサーンなど基本的に餅米を食べている地域では箸を使う必要がないから、麺料理が入ってきても箸をうまく使える人が少ないのではなかろうか。

いやあ、それにしても久々に美味いバーミーだった。このあとも、麺を食べる機会があり、そのほとんどは汁なしで頼んでいた。シンガポールやマレー半島の雲呑麺もドライが美味いんですよね。ねえ、麺の種類を決めたら、「ヘーン」と付け加えてみましょう。新しい発見があるかもしれませんよ。

ちなみに、料金30バーツでした。長くタイを旅行していると、10の単位の数字も覚えることができました。

|

« ゴールドラッシュ | トップページ | 台湾高速鉄道 »

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 うぐぐぐ、許せん(笑)>うまそうなバーミー。

 やはりアジアですな(^^)v>食事のおいしさ。

投稿: おりんぴあ | 2013年1月13日 (日) 17時48分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
ここのバーミーは本当に美味しかったです。
あのレベルからすると、センレックやセンヤイなどでも期待できますねえ。
ウボンは昼食は当たりだったのですが、夕食ははずれでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年1月13日 (日) 20時09分

ヒョウちゃん
昨日の記事(キュウフン)でも
そして今日の記事ではテーブルセンターに
ドラえもんが!
実はドラえもんファンだったりして?

投稿: trintrin | 2013年1月14日 (月) 08時04分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
どっちかというと、赤塚不二夫の方が好きなんですが…。
たまたま写っていたんですね。
それにしても、ウボンの食堂のテーブルクロスがドラえもんだとは今まで気づきませんでした。
ホーチミンではドラえもんカカという、レストランがあります。
タイではサンリオのキャラの方がお馴染みみたいですが。
いずれにせよ、アジアではいい大人が日本じゃお子様向けのキャラに結構はまっているんですよね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年1月14日 (月) 20時35分

汁なし、試したことないから、日本のタイ料理屋で練習してみようかなあ。
それとテーブルにある各種調味料の配合の仕方もよくわからないんですよ。

投稿: スクムビット | 2013年1月15日 (火) 09時02分

golfスクムビットさん、こんにちは。
雪の中、こちらにいらしているんですね。
お疲れ様です。
日本では麺というとスープ麺がデフォルトですね。
つけ麺とかありますが、あれとも違っていて、和える麺とでも申しましょうか。
調味料ですが、タイ人がこれを投入するところを観察したわけではありませんが、だいたい全部入れるんじゃないですかねえ。量は各人の好みなんでしょう。
ラオスだと、調味料が7種類くらいあって、どうするんでしょうね。
わたしゃ、4種類くらいで精一杯です。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年1月15日 (火) 21時03分

あんまりバミー・ヘーンは食べたことないんです
今度はバミー・ヘーン特集もいいですね
今回の旅行でイサーン料理屋にいったら日本人とみて
箸をだしてくれました
ソムタムの辛いのを食べる時に唐辛子をよけ易いので
やっぱ箸は便利ですね(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2013年1月15日 (火) 23時12分

karaokekimcafeさん、お帰りなさいませ。
この時のタイ・ラオスでは「汁なし/ヘーン」という発見があって、これだけでも行った価値があるなと思いました。
特にここのは美味かったのですが、よく見ると小さなネギが散らしてありますね。
「バーミー・ヘーン・ルークチン・マイ・サイ・ホーン」で注文しましょうか(付け焼き刃)。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年1月15日 (火) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/56527512

この記事へのトラックバック一覧です: バーミーは汁なしに限る:

« ゴールドラッシュ | トップページ | 台湾高速鉄道 »