« 安平地区で牡蠣とエビ | トップページ | 人間広告塔 »

2013年2月16日 (土)

念願のサバヒー粥

Wt0228

<赤嵌樓>K7/DA★16-50

台南のランドマーク、赤嵌樓。ここもまた、オランダによって築かれたところで、プロビデンシャル城というところであった。その後鄭成功の手に落ち、政治の中心となった。

この近くにあるのが、赤嵌擔仔麺。ここは台北ナビで見つけ、メニューを見るとサバヒー粥があるので行くことにしました。擔仔麺も食べ比べしてみたいので。しかも、宿から徒歩10分くらいです。

Wt0654

<名刺>GR DIGITAL

台北ナビによると、ここのオーナーはある擔仔麺店のオーナーと結婚していたそうですが、離婚により莫大な借金を背負うことになり、店を始めたとのこと。ってことは、度小月と関係していたのかも。店員はすべてシングルマザーという徹底ぶりです。

そして夕刻、店に行くとかなりの混雑。並んでいると黒服の女性店員がやってきて話しかけられます。日本人とわかると日本語に切り替え。ここのオーナーでしょうか。ようやく席に案内され、オーダーです。メニューは、ラミネートされていて、そこに直接すぐに消せる赤鉛筆でチェックを入れていきます。擔仔麺、サバヒー粥、肉臊飯にします。これを店員に渡して、オーダー完了。

Wt0646

<肉臊飯>GR DIGITAL

肉臊飯とは、肉そぼろをかけたご飯。魯肉飯というのもありますが、そちらはもっと、細かいミンチです。よく見ると、脂身と皮がついているので、豚の表面に近い部分を使っているのでしょう。「臊」という文字はあぶらという意味があるので、この解釈でよいでしょう。

茶碗は日本での一膳飯に近い大きさ。肉はジューシーでややスパイシーなタレが染みています。漬け物みたいなものは、たくあんに近いです。我々にとってまったく違和感のない食べ物といえましょう。量が少ないので、あっという間に終わりです。

Wt0652

<擔仔麺>GR DIGITAL

続いて擔仔麺。トッピングはなしです。そして麺は小麦粉麺。そぼろ肉とエビというのはデフォルトでしょうか。度小月のものよりは薄味です。やや物足りないのは、香菜(パクチー)が散らされていないためでしょうか。この時点では度小月の判定勝ちですかね。でも、いろいろとトッピングを入れると味が変わってきそうな可能性はありますね。

Wt0648

<サバヒー粥>GR DIGITAL

そしてやって来ました。サバヒー粥。こりゃ、特大です。思えば、10年前に再發號で食べて以来。

Wt0650

<サバヒー>GR DIGITAL

大きさは日本のラーメンどんぶりくらいでしょうか。中の具はもちろんサバヒー。サバヒーの各部位が切り分けられて入っています。画像では見えませんが、針生姜を散らしてあります。臭みを消すためでしょうが、もとよりサバヒーには臭みがありません。

皮、ゼラチン質、肉とどれをとっても、美味いです。骨は丹念に抜いてあり、そのままいけますが、なぜか小さなヒレは付けたままですね。これは食べる部位ではありません。

Wt0651

<牡蠣も>GR DIGITAL

そして、わずかながら牡蠣も入っています。これまた美味いです。サバヒー粥の特徴として、米粒を崩すまで煮込んでいないということがあります。広東の粥みたいに、白粥+素材というのではなく、炊いた米+素材入りスープなのであります。

それにしても量が多いです。これは数名でシェアするのが正解かも。そして、サバヒーなんですが、皮と身とゼラチン質のバランスが絶妙です。でも、量が多いのですね。なんだか食べ過ぎてしまうとかえって身体に悪いような感じもあり、これは魚界のドリアンなのではないかと思ってしまいました。

赤嵌擔仔麺
台南市民族路二段180號
11:00~24:00 無休

かなり遅い時間までやっているというのは、台南では珍しいです。支店あり。なお、場所は赤嵌樓の正面から見て右側。左側には度小月を名乗る店があります。この本店は席数が少ないです。支店の方が大きいようです。他のメニューもあり、豪華な夕食ができるところですね。trintrinさん、もちろんビールもあります。

|

« 安平地区で牡蠣とエビ | トップページ | 人間広告塔 »

915t Taiwan West Coast」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

サバヒー粥、食べることができましたね。
台南に行ったからには、これを食べなきゃ、何しに行ったのかって感じですからね。

投稿: とんび | 2013年2月16日 (土) 20時08分

 そうか、ドリアンだったのか(笑)。

投稿: 伊 謄 | 2013年2月16日 (土) 20時47分

chickとんびさん、こんにちは。
ようやくありつけました。
台南はサバヒー粥だけじゃないんですが、他にもいろいろと食べることができてよかったです。
今度は、サバヒー専門店で別の料理も食べてみたいですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年2月16日 (土) 22時24分

train伊 謄さん、こんにちは。
かなり後を引くのと、癖があるので、ドリアンにたとえました。
同時にアルコール摂取しても、問題はなさそうですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年2月16日 (土) 22時26分

 ドリアンみたいって(笑)>サバヒー。
 ぜひ1度行って食べたくなりました(^_^)。

投稿: おりんぴあ | 2013年2月16日 (土) 23時54分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
なんか来るなって味ですよ。
なのでドリアンなのです。
是非とも台南へ。はまりますよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年2月17日 (日) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/56778200

この記事へのトラックバック一覧です: 念願のサバヒー粥:

« 安平地区で牡蠣とエビ | トップページ | 人間広告塔 »