« 清朝から続くちまきの店 | トップページ | 嘉義でのラッキーな出来事 »

2013年2月 3日 (日)

肉圓と魚丸湯

台湾3度目ですが、今まで食べたことのない料理が肉圓。麺料理などなら、手軽に味わえるのですが、でんぷん質の皮に具を包み、ソースを絡めて食べる料理なので、腹にたまりそうでなかなかチャンスがありませんでした。

ヘビーな肉粽がまだ残る中、福記肉圓という店に出かけました。かなりの行列です。ですが、できるメニューは肉圓のみなので、並んで料金を払えば事が足ります。

Wt0468

<スープ付き>GR DIGITAL

36元払って、肉圓とスープを渡されます。行列ができていたのは閉店間近だったかららしい。幸い歩道のテーブルがあいていて、すぐさま頂きます。熱々です。スープの中身はほとんど何も入ってなく、ほのかにセロリの味がします。

Wt0470

<具は豚肉>GR DIGITAL

皮は片栗粉で作っているとのこと。まるでつきたての餅のようです。ソースはやや辛め。具は細切れの豚肉です。肉は固くなく、といって柔らかすぎることもない状態。それにしてもどうしてこのようなものができたのでしょうねえ。この肉圓、台湾中にあって、台南でもこの福記肉圓はかなり有名らしいです。

食べたあとは胃が熱くなりました。

福記肉圓
台南市府前路一段215號
6:30~18:00 休業日不定

近くに支店がある模様。確かに看板がありましたが、この時は営業していませんでした。

Wt0472

<魚丸湯>GR DIGITAL

次に向かったのは、第三代虱目魚丸という店。虱目魚というのは、台南名物のひとつ、サバヒーのことです。ここで、サバヒー粥でも味わおうと思ったのですが、なんと、粥の文字が見あたりません。なんてこった。

仕方なく、三種類のつみれの入った魚丸湯というスープに切り替えました。何でも、豚、エビ、サバヒーのつみれだそうで、茶色っぽいのが豚、赤身のあるのがエビ、真っ白いのがサバヒーと想像できます。

当然ながら熱々で、身体の芯から温まります。つみれの味は想像通りですが、意外なことに、白いつみれにはほとんど味がありません。

Wt0474

<名刺>GR DIGITAL

レジに名刺が置いてあったのでもらってきました。スープは意外に高く、50元でした。

第三代虱目魚丸
台南市府前路一段210號
6:00~14:00/17:00~20:00 日曜定休

名刺の裏を見ると、内臓、皮、骨、ゼラチン質と思われるもののスープ類が用意されていることがわかりました。名刺にもあるようにサバヒーが描かれていて、サバヒーの各部位を食べさせる店だったのですね。

その中でひときわ高い招牌綜合湯、70元というのがあり、これを頼めばほぼすべての部位を使ったサバヒースープが味わえたのだとわかりました。残念ですが、改めてサバヒーを食べさせる店を見つけることにしましょう。

|

« 清朝から続くちまきの店 | トップページ | 嘉義でのラッキーな出来事 »

915t Taiwan West Coast」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

台南B級グルメ3連ちゃん、完全にB級グルメブログですね(^^ゞ
どれも旨そうで、台湾1周食い倒れに行きたいです

投稿: kimcafe | 2013年2月 3日 (日) 21時50分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
これはほめ言葉として受け止めておきます。
ありがとうございます。
台南ではあと3つほどB級グルメが登場予定ですが、台南を離れてしまうと、それほどではなくなるんですけどね。
タイでも食べまくってきたので、そちらでもよろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年2月 3日 (日) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/56687890

この記事へのトラックバック一覧です: 肉圓と魚丸湯:

« 清朝から続くちまきの店 | トップページ | 嘉義でのラッキーな出来事 »