« 順風耳と千里眼 | トップページ | 鹿港レトロ空間 »

2013年3月 9日 (土)

台湾のパフォーマーたち

Wt0882

<笛吹き>K7/DA★16-50

鹿港の古市街へと足を進めると、笛を吹く初老の男性がいた。たったひとりでのパフォーマンス。手元にはCDが積んであるから、もしかしたら高名なミュージシャンなのかもしれない。

Wt0891

<4弦の女子>K7/DA★16-50

またしばらく歩くと、広場でバンド演奏を行っていた。アンプで音を拾っているものの、すべてアコースティックな楽器ばかり。また、ギターやベースという西洋音楽の楽器ではなく、中国古来からあるような楽器を使ったものだった。

Wt0904

<ガラス細工>K7/DA★16-50

ガラス細工の即席販売。ヴェネツィアのムラーノ島でも、観光客を集めてのガラス細工のパフォーマンスを行っているが、ここでは作ったものをその場で壊すようなことはしない。古市街は、雰囲気のいいところで、こんなパフォーマンスの他にも、古い民家を公開していたり、古色蒼然としたゲーム機などを並べて遊ぶこともできるところだ。もちろん、屋台も数多い。

鹿港はまた行ってもいいなと思った。

Wt0993

<八卦山大仏>K7/DA★16-50

彰化では八卦山に行く。ここには大仏がある。その足下で行われていた、ブラスセクションだけのバンド演奏。演奏者はすべておじさんばかりだが、なんとヴォーカルも入り、そちらはおばさんであった。

ふと気づくと「北国の春」なども演奏している。ここを立ち去るときには、テレサ・テン(鄧麗君)の「時の流れに身をまかせ」であった。何気なくそれを口笛で吹いていると、近くにいたおじさんがなにやら話しかけてきた。こちらが、台湾語を話せないと知ると、なんでもないというように手を振り、去っていったのだが。

もしかすると、外省人二世のテレサの曲は、未だに好ましく思われていないのかもしれない。ちなみに、外省人とは蒋介石とともに大陸からやって来た人たちで、その後元々台湾に在住していた本省人を弾圧し、白色テロまで起こしてしまったのである。

なんか、ここだけは引っかかったなあ。

|

« 順風耳と千里眼 | トップページ | 鹿港レトロ空間 »

915t Taiwan West Coast」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

コメント

 最初に紹介されている2人の音楽系のパフォーマーはいかにも台湾って感じですねぇ(^_^)。

投稿: おりんぴあ | 2013年3月10日 (日) 01時38分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
最後のブラスセクションも台湾っぽいと思いませんか。
半ばカラオケみたいなノリで。
2枚目のバンド、台湾でもこういう人たちが出てきていることにちょっと驚きました。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月10日 (日) 10時44分

おはようございます
女子が弾いてる四弦は月琴のようにみえました♪
北国の春~
北国に限らず
早く春になってほしいですね
公園でビール飲みましょう~

投稿: trintrin | 2013年3月11日 (月) 08時01分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
サンクス。月琴でしたか。
あ、曲のタイトル間違ってました。
あとで直しておきます。
5月の代々木を待ちこがれる今日この頃です。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月11日 (月) 21時37分

Thanks for another wonderful post. Where else could anybody get that type of information in such an ideal way of writing? I have a presentation next week, and I’m on the look for such information.

投稿: Carte R4 3DS | 2013年3月24日 (日) 17時12分

Welcome to my blog, Carte R4 3DS san.
I always observe some culture of other nations. Because it's interesting.
Thanks posting.

投稿: ヒョウちゃん | 2013年3月24日 (日) 20時16分

This is a really good read for me, Must admit that you are one of the best bloggers I ever saw.Thanks for posting this informative article.

投稿: r4i | 2013年4月 2日 (火) 00時52分

またしても、英語のコメントが来ましたが、アクセス禁止措置とります。
持ち上げといて、自分のリンクに誘う手でしょうか。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月 2日 (火) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/56921621

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾のパフォーマーたち:

« 順風耳と千里眼 | トップページ | 鹿港レトロ空間 »