« ナムトクとサイヨーク・ノーイ滝 | トップページ | 素朴なアイスキャンディー »

2013年4月29日 (月)

フローティングハウスの宿+スーパー専用水

世界のミネラルウォーターVol.11

カンチャナブリーで泊まったのは、ゲストハウス街にある典型的なパッカー宿である。バンコクからのロットゥはバスターミナルに到着したが、ここから大通りに出てソンテオで宿に向かう。ソンテオの運ちゃんお勧めの宿に泊まれば、ソンテオ代がただになったらしいが、やめておく。

あまり見当がつかなかったので、ゲストハウス街の入り口に近く、ガイドブックにも載っていたSUGAR CANE Iというところに決める。部屋はいまいちに感じられたが、他にはないというのでここに決める。

Il2059

<客室>GR DIGITAL

すべて竹を編んだもので作られた壁と天井。最初に足を踏み入れたときには、暗い感じがしたが、カーテンと窓を開け、バルコニーへと続くドアを開けると明るくなった。まあ、悪くないかもしれない。

Il2062

<シャワールーム>GR DIGITAL

竹を編んだものといったが、浴室だけはタイル張りである。一応、これでエアコンと強力なWiFiもついて、1泊550バーツである。ただ、テーブルがないので、バルコニーに置いてあった椅子とテーブルを運び入れた。

Il2061

<バルコニー>GR DIGITAL

こんな感じの川に浮くフローティングハウス。ここいらでは、「ラフトハウス」と呼んでいる。同じような造りの部屋がひとつのラフトハウスに左右3つずつ。これが4棟くらいある。エアコン無しの部屋もあり、100バーツほど安くなるようである。

また、コテージもあって、こちらはエアコン無しで、ぐっと安くなる。

物干しがあったのはありがたいが、川に面していて、湿度もありあまり乾きはよくない。

Il2065

<クウェー川>K7/DA21

目の前がクウェー川。時折、水草を取るボートがやってくるので、セキュリティ的には自分で責任を持たねば。

愛想のない女性の主人に見えたが、チェックアウトをするときには初めて笑顔を見せてくれた。単に恥ずかしがりだったのかもしれない。

Il2090

<テスコ・ロータスの水>GR DIGITAL

さて、カンチャナブリーのゲストハウス街ですが、コンビニが2軒くらいあります。また、コンビニとスーパーの間くらいの大きさのテスコ・ロータスがあり、日常のものは調達可能。

そのテスコ・ロータスで見つけたのが、英文で「Drinking Water」という名前の、味気ないミネラルウォーター。セブンイレブンの専用水と同じく、6バーツでした。

まあまあの宿なんだけど、いかんせん冷蔵庫がないので、冷たいものを買ってきても、保存できないんですよね。

しかし、このカンチャナブリーのゲストハウス街、長期滞在のファランが多いですね。それも、カオサンあたりでは見かけないような、リタイヤしたような老人がかなり多いです。

タイフェス、引き続きゲスト参加募集中です。

|

« ナムトクとサイヨーク・ノーイ滝 | トップページ | 素朴なアイスキャンディー »

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

Mineral Water」カテゴリの記事

コメント

 タイのような暑い国で冷蔵庫が部屋にないのはつらいですね(ρ_;).

投稿: おりんぴあ | 2013年4月29日 (月) 23時10分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
kimcafeさんの泊まられた宿には、共同スペースに冷蔵庫があったそうです。
せめてそういうのがあって欲しかったです。
とはいえ、まあまあな居心地でしたが。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年4月30日 (火) 21時44分

カンチャナブリで自分が泊まったところは冷蔵庫があったように思います。
先日のマラッカでも冷蔵庫はありましたし、最近はどこに泊まってもたいてい冷蔵庫はあるので、逆にないと、なぁ~んだって感じですね。

投稿: とんび | 2013年5月 1日 (水) 00時47分

こんにちは
竹編みの壁トッケイが似合いそうです♪
ビールもぬるくなりそうなので
この宿はワタクシにはハードルが高いです

投稿: trintrin | 2013年5月 1日 (水) 15時33分

chickとんびさん、こんにちは。
カンチャナブリーでとんびさんが泊まったところは、ホテルなわけで、料金的にも冷蔵庫があって当然ですね。
550バーツのゲストハウスだとなくなるということでしょう。
ちなみに、コラートの500バーツのホテルでは冷蔵庫ありでしたが、地方ということで料金がホテルでも安くなるということですね。
ピサヌロークの350バーツのゲストハウスではやはり冷蔵庫はなかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年5月 1日 (水) 23時04分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
この宿もトッケイはかなりいましたよ。
麦酒問題ですが、考えようによっては、外に飲みに出ればいいわけですね。このゲストハウスがある路地の入口には、毎晩ファランが飲んだくれていたバー(カトゥーイの従業員つき)がありました。
こんなのが数軒あります。
でも、起き抜けに飲む水くらいは冷えていて欲しいですよねえ。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年5月 1日 (水) 23時07分

私の泊まったところは考えてみるとよかったですね
ひとつのフローティングハウスに3部屋あって
ひとつはバス付き、2部屋は共同のバス
広いスペースで居間兼キッチンみたいなのがあって
冷蔵庫や電気ポットがありました
私が泊まるまでは欧米の年配者だけが共同の一部屋に
泊まっていたんですが、その状態だとすべて独占
ですからね(^^ゞ
あとプールとWIFIもありました

投稿: kimcafe | 2013年5月 3日 (金) 19時10分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
中国からどうもです。
欧米の年配者って、まな板持参のおじさんですね。
共同のスペースはゲストハウスの受付みたいなところでしたね。ここでは簡単な食事も頼めるのですが、わたしゃ頼んでいなかったので、ここには居づらくて。
共同のバスって、モロッコ以来ないですね。結構めんどくさいんで、やはりバス付き選んじゃいますね。
でも、冷蔵庫と電気ポットって、結構魅力ですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年5月 3日 (金) 19時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/57272149

この記事へのトラックバック一覧です: フローティングハウスの宿+スーパー専用水:

« ナムトクとサイヨーク・ノーイ滝 | トップページ | 素朴なアイスキャンディー »