« マレー半島再び | トップページ | メークロン線Part1 ウォンウィエン・ヤイ-マハチャイ »

2013年5月31日 (金)

タイはLPG

コラートでクルマをチャーターした。パノム・ルン遺跡とムアン・タム遺跡に行くためである。コラートを出発し、大きな国道に出たときに給油することになった。アジアではあらかじめ満タンにしておくことはまれで、出発してから給油するというのはお約束ごとみたいなことだ。

Il1805

<給油風景>K7/DA21

なんか変でしょ。ガソリンタンクのリッドはあるのに、排気用マフラーみたいなところから何かを入れている。ドライバーとスタンドの店員が経っているところの表示をよく見ると、LPGと読める。

日本では主にタクシーなどの営業車がLPGを使っている。LPG専用のスタンドというのもあるくらいだ。でも、このようにしてガスを入れているのか。初めて見た。

この時は、珍しいクルマに当たったなと思っていたのだが。

Il2402

<ロットゥの給油>K7/DA21

カンチャナブリーからバンコクに戻るとき、乗っていたロットゥがバンコクに入る前に給油した。トイレ休憩も兼ねている。これも、LPGのようだ。

車種によって、ガスを入れる場所が異なっている。ガスを入れ終わると、ホースのようなものを抜くことになるが、そのときに「シューッ」という大きな音がする。LPGだからといって、ガソリン車とまったく違和感がない。なので、今まであまり気づかずにいたが、タイでは案外ガソリンよりも、LPGを使ったクルマが多いのではなかろうか。

タイはもちろん石油が採れない。資源がない国なので、このようにLPGを普通のクルマにも有効活用しているのかもしれない。まあ、ちゃんと調べたわけではないので、わからないが、乗ったクルマが給油で2回ともLPGを使っていたことからすると、日本での比率より遙かに高いと思われる。

バイクやトゥクトゥクはガソリンなんだろうけど。

|

« マレー半島再び | トップページ | メークロン線Part1 ウォンウィエン・ヤイ-マハチャイ »

914t Isan & Laos」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

 ウズベキスタンの白タクもLPGガスで給油してましたね。発展途上国では一般的なんですかね(・・?>LPGを車の燃料に使う。

投稿: おりんぴあ | 2013年5月31日 (金) 20時45分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
その後ちょっと調べてみたのですが、やはりLPGは石油代替エネルギーとしてこれを使うエンジンのクルマが増えているそうです。
韓国などではその比率も10%くらいだとか。
発展途上国に限らないと思いますが。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年5月31日 (金) 23時15分

初めまして、タイに今年から在住しております。
LPGの内容を検索していたらこちらにお邪魔させて頂きました。
LPG多いですね、うちも経費節減の為トヨタのピックアップをLPG仕様(改造)でトヨタ店から先日購入しました。
まだ安くなるのか、燃費がどうなのかわかりませんが!
とりあえずガソリンが33バーツ/リットル、LPGが12バーツ/リットル位で購入できます。

投稿: TAKESHI | 2013年12月 3日 (火) 22時34分

sunTAKESHIさん、こんにちは&はじめまして。
一度はタイに住んでみたいです。
ガソリンも日本に比べて安いですが、LPGは格安といっていいですね。
でも、タイの物価を考慮すると辛いかも。
タイはタクシーも日本と同様LPGなんですよね。
一度空港から乗ったときに、LPGスタンドで給油されたときがあったので、知っていたのですね。
LPGのクルマも多いですが、ちゃんと普通のGSでも、給油できるし、購入のメリットはありそうですね。
日本じゃこうはいかないもんなあ。

しばらくはタイの話が続きます。
よろしかったらまた来てみてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年12月 4日 (水) 00時02分

ご無沙汰しておりますm(__)m

年末に久しぶりに日本に一時帰国しました。
日本は寒いですね(名古屋空港ですが)

前回投稿しましたLPGの結果です。
搭載しているタンクはトヨタのピックアップ後部下の予備タイヤを外して代わりに75ℓのタンクを付けてあります。
満タンで約80%充填で55ℓ位入ります。
金額で700THB位です。
燃費は約7Km/ℓで満タンで380km位走れます。
加速感もディーゼルのピックアップより良いです。
日産のディーゼル仕様のピックアップもありますが、燃費が約9km/ℓで軽油が30THBほどしますので、実質の経費は約半分になります。今まで月に20,000THBかかったのが
10,000THBになりますのでかなりお得です。
LPGの改造費用が30,000THB位なので3ヶ月で元が取れてしまいます。(日本と違って検査も無いので維持費もかかりません)
構造的にはガソリンと併用でエンジンをかける時はガソリンで走り出してアクセルを踏み込むとLPGに切り替わり後はLPGのまま走行できます。
もしLPGが無くなってもガソリンに切り替えれますので
金額を無視すればLPGとガソリン満タンなら連続走行距離は1,000kmほどになります(バスかトラックなみですね)
ピックアップは大きなタンクが積めますが小型車では小さいタンクしか積めないのでLPGで160kmほどしか走れないみたいです。
スタンドでの給油はガソリンより若干時間がかかるのと、スタンドが若干少ない(兼用のスタンドも多い、専用もあります)ので朝はスタンドが混み合います。
それでもかなりのお得感があるので、タイでは改造車が非常に多いです。最近はトヨタ等純正の天然ガス併用車も販売していますが、スタンドがまだまだ少なくて不便です。

年末からお正月にかけてタイへ寄られたみたいですね。
また機会が御座いましたら、タイにてお食事等ご一緒出来たらうれしいです。
Facebookもやっていますので、そちらを見て頂くともっと詳細が載っています。

投稿: TAKESHI | 2014年1月 8日 (水) 16時40分

sunTAKESHIさん、こんにちは。
やはりというか、LPガスのクルマは経済的なんですね。
そのうちタイでもハイブリッド車が多くなってくると思いますが、石油資源のない国ですから、LPGというのもひとつのエコでもあるんですね。
フォローありがとうございました。

年末はミャンマーでしたが、やっぱりバンコク経由にしたので、1日からストップオーバーさせてもらいました。
facebookはやって入るんですが、それほどヘビーユーザーではなくて、旅の間もそんなに書き込んでいないんですよね。
チャイヨーは大歓迎です。
今年のバンコク訪問は未定ですが、決まりましたらここで事前に発表させてもらいます。その際はメアドにご連絡ください。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年1月 8日 (水) 21時44分

ヒョウさん
早速の返信有難うございます。

チャンヨー(乾杯)ですね(^^ゞ
一瞬何のことか悩みました。
今週末はちょこっと陸っぱりですが、シラチャー辺りに釣りに行って来ようかと思っています!

投稿: TAKESHI | 2014年1月 8日 (水) 22時00分

sunTAKESHIさん、こんにちは。
そうそう、乾杯のことです。
発音違ってましたか。失礼しました。
なんか、こちら寒くて、早く暖かくならないかなと思い続けています。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年1月 9日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/57492613

この記事へのトラックバック一覧です: タイはLPG:

« マレー半島再び | トップページ | メークロン線Part1 ウォンウィエン・ヤイ-マハチャイ »