« 外国人価格の麺 | トップページ | ウブドの宿、でも猿つき »

2013年6月29日 (土)

Western & Orientalの変なサテ

B級グルメの天国といったら、台南と双璧をなすのがペナンということになるでしょうか。2年半ほど前に訪れたペナンでは、それほどたくさん食べられたわけでもなく、次の旅のリベンジということにしています。

Mp0484

<Western & Orientalの夕食>GR DIGITAL

ジョージタウンのチュリア通りといえば、バックパッカーの集うところとして知られています。コルカタのサダルストリート、カトマンズのタメル地区、バンコクのカオサン、ホーチミンのファングーラオ通りとデタム通りみたいなものですか。

とはいえ、その中でもそれほどにぎやかでなく、いくつかの安いゲストハウスと食堂が点在するような感じでしょうか。その中の、Western & Oriental Cafeというところに夕食に出かけました。タイガービール、魚カレー、サテ、ご飯を頼みます。

Mp0483

<タイガービール>GR DIGITAL

マレーシアはムスリムが多い国ですが、ビールは比較的簡単に手に入ります。でも、なかなか国産品に出会うことはなく、これもシンガポールからの輸入のためなのか、14リンギットとけっこうします。

この店の店名ですが、ペナンの老舗高級ホテルEastern & Oriental Hotelからのインスパイアでしょうか。店の半分がネットカフェになっているようなところで、食事の客はほとんどいませんでした。チュリア通りも夜になってしまうと、人通りがなくなり、街灯も少なくあまり風情はありません。

Mp0485

<魚カレー>GR DIGITAL

魚カレーといっても、名物のフィッシュヘッドカレーではなく、切り身をカレー風に煮込んだだけ。また、カレーと称してはいても、もちろん日本風のカレーではなく、さりとてインド風のカレーでもなく、ましてやタイ風のカレーでもありません。

素材をちょっとスパイシーに煮込んだマレー料理とでも解釈しましょうか。ちなみに、メニューに英語表記があり、わかりやすくカレーとしたのでしょう。これには頼まなくてもご飯が付いてきました。

Mp0486

<問題のサテ>GR DIGITAL

これがサテです。なぜか肉がつぶしてあります。サテというと鶏や牛の切り身を串で焼いて、ピーナッツベースのソースで食べるものですが、こちらにもカレーが付きます。どうもよくわからん。

あとあと考えてみると、これを単品で頼むとやはり自動的にご飯が付いてきて、そこにカレーをかけるのではと推測しました。味の方はどうということはなく、あまり印象に残らない店だったなというだけですが。

…ということで、ペナンでは食のリベンジをしてきたいなと考えています。台南みたいに食べまくってやる。

|

« 外国人価格の麺 | トップページ | ウブドの宿、でも猿つき »

02g Malaysia」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 サテーって甘いってイメージがありますけど、カレーと一緒に出されてもちょっと困るものがありますね(苦笑)。

投稿: おりんぴあ | 2013年6月30日 (日) 22時01分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
やはり肉の焼き物は、ビールに合うんですよね。
個人的には辛くても甘くても、大丈夫です。
ま、ここの店は、カフェを名乗っていても、実はローカル相手で日常のマレー料理を出しているだけかもしれません。
そそ、ペナンでは味がいまいちだと、店が続かないそうなので、その後どうなったかも興味ありますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年6月30日 (日) 22時17分

ぜひ、食のリベンジをしてきてください。
邪道かもしれませんが、サテをカレーに浸しちゃって
食すのはいかかでしょうか?
私事ですが、ペナンはハネムーンで行きました。
コムタのフードコートがお気に入りでした。

投稿: Naozo | 2013年7月 1日 (月) 16時13分

sunNaozoさん、連投ありがとうございます。
もうペナンには、今から期待しているんですね。
何を食べようか種類が多すぎて迷います。
総ざらいするのは無理かなとも思っているんですが、まあ頑張ってきます。
ペナンの新婚旅行いいですね。
ここはタイの領事館もあるから、ビザ取得もできるんですよね。
マリンスポーツはやらないと思うんですが、バトゥ・フェリンギなどにも行ってみたいと思っています。
ちなみに、前川健一さんは、ペナンから船でマドラス(現チェンナイ)に行ったそうですよ。今はそんな航路ないけど。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年7月 1日 (月) 21時24分

宿泊先はバトゥ・フェリンギのホテルでした。
ここでもフードコートが気に入ってしまい、
個人的には毎日でもよかったのですが、妻の視線が
気になってしまいレストランで食べることもありました。
まあ、美味しかったですけど。

投稿: Naozo | 2013年7月 1日 (月) 22時20分

sunNaozoさん、再びどうもです。
個人的に、「深夜特急」と映像化された「劇的紀行・深夜特急」に思い入れがあるんですね。
バトゥ・フェリンギのフードコートはおそらく、大沢たかおがロケをしたところでしょう。ここと、アーベン・ゲストハウス跡(今はないらしい)を訪れたいです。
ガーニー・ドライブも屋台が多いとかで。
ペナンって、レストランを見つける方が難しそうですね。B級グルメの食堂とか屋台ならば、すぐ見つかるんですが。
わたしゃ、ひとり旅なので、どこでもOKです。
まあ、レストランが基本なんですけど、ペナンに限っては毎食屋台食でも平気な気がします。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年7月 1日 (月) 23時02分

初めてシンガポールに行ったのは25年も前
(四半世紀だわ!)
シンガポール→タイガービール
タイ→シンガービール
・・・逆なのね・・・
池袋の東武デパート(西口)と西武デパート(東口)
のようだと覚えやすかったです

投稿: trintrin | 2013年7月 3日 (水) 09時40分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
そういう発想もあるんですね。
わたしゃ、ビアシンはタイに行く以前にたしなんでいました。タイのビールはなんか甘い感じがするとか思っていましたが、タイの風土で飲むと違いますね。
一方、タイガーは、シンガポールかマレーシアで初めて飲みましたね。
いずれにせよ、シンガポールという言葉も、ライオンから来るものです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年7月 3日 (水) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/57688571

この記事へのトラックバック一覧です: Western & Orientalの変なサテ:

« 外国人価格の麺 | トップページ | ウブドの宿、でも猿つき »