« カンボジアのスープ | トップページ | タイの焼き物人形 »

2013年7月18日 (木)

花のデコレーション

Jb1123

<熱帯植物>K7/Sigma20

日本と違い熱帯ともなれば、植物は多彩で色とりどりである。もちろんバリ島もそこかしこに花を見ることができる。

Jb1251

<花の飾り>K7/Sigma20

花びらを浮かした水盆。さらにはろうそく付きである。バリにはこうしたものがさりげなく置かれていることが多い。

この飾りは作ってからかなり時間が経ってしまったようで、かなりぐちゃぐちゃになってしまったようだが、それでも見苦しい感じはしない。バリ人の美意識か。

Jb1569

<完璧>K7/Sigma20

こちらも水に浮かせた花の飾りだと思うが、もしかしたら、中央部分だけに水が注がれているのかもしれない。それにしても、執念みたいなものを感じますね。

In0620

<花飾りの露店@ヴァラナシー>K7/DA21

インドやタイだと、寺院の近くにこんな露店があって、花で作られた飾りを売っていたりする。インドではジャスミンのレイ(ハワイじゃないからそうはいわないだろうけど)みたいな首にかける輪飾りが比較的知られている。

タイの上座部仏教にはインドの影響があるので、ジャスミンの輪飾りもあり、白い花の小さな飾りもありますね。

バリではウブドの小さな市場にこういうものもあったかもしれないが、あまり印象に残っていない。バリもヒンドゥが主流なんだが、町の眺めなどインドとはまったく異なる。

Jb1105

<チャナン>K7/Sigma20

バリでは路上に限らず、神々がやって来そうなところに、こんなものがさりげなく置かれる。花で飾ってあるようだが、この中には簡単な食事セットが入っているのだ。つまりは、神々の食事である。

もちろん神の食事時間は決まっていて、これが定期的に置かれていくのだが、バリではインドのようにこれらが散乱しているのを見たことがない。これもまた目撃したことがないが、古くなったものはさりげなく片づけられているのだと思う。

ともかくバリは、花が楽しめるところである。

|

« カンボジアのスープ | トップページ | タイの焼き物人形 »

02d Indonesia」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
暑い国ならではのイロドリ豊かな花ばかり
日本は菊やユリといたってシンプル
地味で好きではないので自分がお墓参りするときは
赤だの黄色だの色とりどりのお花にしてます
ご先祖さまも最近派手だわー
と草葉の陰で喜んでくれてるといいな
近々行くのでハイビスカスとかにしようかな

投稿: trintrin | 2013年7月18日 (木) 07時38分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
日本は、飾りがシンプルで地味ですね。
いちお、タイでも地味な飾り付けの花屋がありまして、見ただけで葬式用のものだとわかるほどでしたが。
そうそう、カンチャナブリーの連合軍墓地も花で彩られていましたが、さすがは熱帯だけあって、少しはビビッドでしたねえ。
ハイビスカス、眉をひそめる人もいそうですが、飾られた方は喜んでいるかもしれませんね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年7月18日 (木) 21時11分

おっ!
花シリーズですか。
これは思いつかなかった。
だけどアジアでの被写体にはおのずと花がたくさん入ってきますからこれはいけますね。
coldsweats01

投稿: スクムビット | 2013年7月20日 (土) 09時46分

golfスクムビットさん、こんにちは。
花は割とよく撮るんです。
といっても、狙って撮るようなことではなくて、通りすがりに花が咲いていたりするとシャッターを切る程度ですが。
市場で売られている花になると事情が違っちゃいますけどね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年7月20日 (土) 13時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/57812731

この記事へのトラックバック一覧です: 花のデコレーション:

« カンボジアのスープ | トップページ | タイの焼き物人形 »