« 特急ETS | トップページ | イポーと南インド »

2013年9月22日 (日)

ピリ辛のカリーミー

イポーに到着後、タクシーで宿に移動。鉄道駅からイポーの現在の中心まではやはり距離があり、歩いては無理。宿は、ピザハットの入ったビルの上階にあり、部屋の向かいからはKFCが見えた。

ガイドブックの地図と照らし合わせ、何となくイポー中心部が把握できた。手持ちのリンギットがなくなりかけてきて、宿のすぐそばで両替したが、イポーが一番両替率がよかった。これで一安心と昼食に向かう。

これというレストランを見つけられなかったが、エクセルシオール・ホテルの近くに海上天美食坊(Garden Food Court)というフードコートを見つけ、そこに入る。しかし、ラマダン期間のためか、半分くらいはやっていない。

Curry Mee(咖喱麺)という文字が見えた。ワンタンミーも扱っている屋台である。屋台のオヤジさんにカリーミーのドライを注文すると、早速、飲み物の注文を取りにやってくる。今まで頼んでいないアイスティーにする。

Mt0542

<テ・アイス>GR DIGITAL

飲み物の方が先に来た。1.7リンギット。フードコートの掟として、料金はその場で支払う。食べ物を頼むのだが、その際に飲み物も注文する必要がある。このフードコートは空いていたので、食べ物を先に頼んでしまったが、適当に空いた席に座ると、飲み物の注文を取りに係がやって来るはず。

おもむろに飲み物を味わいながら、フードコートの料理を眺めつつ、どれにしようか考えるというのが正しいやり方かもしれない。これは、マレーシアのフードコートに限ったことだが。

さて、このアイスティー、なかなか美味い。さすがに香辛料は入っていないが、インドのチャイによく似た味わいである。

Mt0543

<カリーミー>GR DIGITAL

そして、やってきました。カリーミー。中華麺にカレーのソースがよく絡んでいる。具は、ジャガイモに鶏肉。麺ではなくそのままご飯に掛けても、十分に美味しそうである。

Mt0544

<カリーミー拡大>GR DIGITAL

特に、鶏肉がうまかった。カレーでよく煮込まれていて、簡単に身離れする。清涼感のあるお皿もいいではないですか。けっこう本格的なカレーに思えたが、料理を作っていたのは中国人なのである。

この料理はインドと中国がミックスしたハイブリッド料理なのだろう。インドにも中国人がいて、中かレストランもあるが、こんな料理は味わえない。もちろん、中国でもこれはない。マレーシアだからこそできたB級グルメに乾杯。

Mt0545

<海上天美食坊>K7/DA16-50

カリーミー、4.5リンギット。フードコートの内部はこんな感じで、なんと、WiFiまである。大型のテレビがあり、SEIKOのCMでダルビッシュが出てきたと思ったら、CMすべての音声は日本語であった。わかるんだろうか。

|

« 特急ETS | トップページ | イポーと南インド »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 以前、旧のマラッカのローカルバス・ターミナル近くの食堂では、橋幸夫がガンガン鳴ってましたぁ(笑)。

投稿: 伊 謄 | 2013年9月22日 (日) 20時53分

 同じフードコートで白いご飯を買って食べたらおいしかったかもしれませんね(゚ー゚)。

投稿: おりんぴあ | 2013年9月22日 (日) 21時40分

train伊 謄さん、こんにちは。
橋幸夫ですか。
どう考えてもつながりがわからねえ。( ゚д゚)ポカーン
相当前のことですよね。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月22日 (日) 23時55分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
このフードコートではあまりご飯系のものはありませんでした。
まあ、このあと、インド系料理を味わっていますので、そちらもよろしくです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月23日 (月) 00時00分

このカリーミー、鶏肉がリッチで旨そうですね(^^ゞ
やっぱ、このカレーをご飯で食べてみたい気がします

投稿: kimcafe | 2013年9月23日 (月) 21時58分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
そうですねえ。屋台のオヤジに、ご飯も用意しておくよう薦めたらよかったですね。
でも、近くにインド飯屋があるので、抗議されちゃうかもしれません。
そのくらい美味かったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月23日 (月) 23時08分

ワタクシが外出する時夫のごはんはカレーになります
普通の日本のカレーです(バーモントカレー甘口)
これをラーメンにかけて食べているようです
日本でやってもハイブリッド料理になりますか?

ネギがのっていないから?
ki●c●●eさま召し上がりたいですって
↑くどくてごめんなさい
もうやりません><

投稿: trintrin | 2013年9月24日 (火) 08時12分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
日本のカレーとラーメンというのも、ミスマッチっぽいんですが、カレーうどんとかカレー南蛮というものがちゃんとあるので、意外とイケちゃうかもしれませんね。
↑考えてみれば、日本にも中華とのハイブリッド料理がたくさんありますね。普段気づかないだけで。

このカリーミー、ネギの痕跡はありませんでしたが、タマネギは溶けやすいですから、使っていたとしたら、除去しようがないですね。
こういうのはいいんですかね。ki●c●●eさんは。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月24日 (火) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/58240269

この記事へのトラックバック一覧です: ピリ辛のカリーミー:

« 特急ETS | トップページ | イポーと南インド »