« ピリ辛のカリーミー | トップページ | 4つの洞窟寺院 »

2013年9月26日 (木)

イポーと南インド

Mt0587

<カレー一善飯>GR DIGITAL

イポーでは夕食にちょっと苦労しました。ラマダン期間というのもあって、やっている店が少なかったです。どこでもいいかと思って、宿の近くのマレー料理店に入ると、もうおしまいといわれて、ちょっと離れたところに明かりを見つけて入ったのが、インド人のやっている一膳飯屋でした。

システムは簡単で、大皿にご飯を盛ってもらい、具を選んで自分で掛けるだけ。鶏肉と鶏肉のモツと卵にする。飲み物は強要されない。これで、5.5リンギットだった。味はまあまあか。とりあえず空腹は満たされた。どこもだめな場合、ここに行けばいい。

でも、気になる店があったんですよね。それは宿の並びにある店で、Devi's Banana Leaf Rice Cornerという、やはりインド料理の店。昼間やっていたのを確認していて、行こうと思ったら、シャッターを閉ざしていてだめ。なので、翌日の洞窟巡りのあとに入りました。

Mt0698

<バナナの葉にご飯>GR DIGITAL

入っていくと、けっこう強面でサングラスのインド人の老人が出迎える。まずは具を選べということで、サンバル・アヤムとゆで卵にする。これは実際にバットに入った料理を見て選んだ。席に着き、まずはバナナの葉が広げられる。

Mt0703

<カレーを掛けるオヤジ>GR DIGITAL

ご飯のあとは、キュウリ、豆、鶏肉、干し魚などが加えられていく。キュウリは酸味があって、何かの液体に漬けたものらしい。豆のせんべいなども付け加えられ、それからカレーを何種類か掛けてもらう。

Mt0704

<ほぼできあがり>GR DIGITAL

客はインド人だらけ。ほぼみんな右手だけでこの料理を食べている。自分にはフォークとスプーンが用意された。ここも飲み物の義務はなく、客はグラスで水道水などを飲んでいた。

自分もスプーンではあったが、料理を口に運ぶ。美味い。北インドのカレーとはまったく違った、味わいのカレー。決してスパイシーではないが、複雑な味わいがあって、それがまた美味い。カレーを混ぜて食べてみるとまた違った味がする。

ここの画像には撮っていないものの、ヨーグルトなども掛かっていて、これを混ぜても美味い。北のカレーはダールという豆のカレーが付くが、それはない。特に緑のカレーが美味かった。

とにかく量が多いです。客のインド人はさらにご飯とカレーをお代わりするんですね。わたしゃ、最初に盛られただけを食べきるのが精一杯でした。あとは、バナナの葉をたたんで終了の意志を示すのみ。

料金、8.0リンギット。違いは選んだ具で決まるんでしょう。これを食べて来年あたり南インドに行こうかなと思った次第です。今回はスプーンで食べましたが、後日別のところで手で食べることになります。これもまた美味かった。

いやー、マレーシアに南インド出身者がいて、こんな料理が食べられるのですから、マレーシア万歳ですね。ここはお勧めです。たぶん昼しかやっていません。朝と夜はシャッターが降りています。

|

« ピリ辛のカリーミー | トップページ | 4つの洞窟寺院 »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

 これは、日本風にいえば、激盛ですね。
 インドでは並なんだ(笑)。

投稿: 伊 謄 | 2013年9月27日 (金) 01時43分

train伊 謄さん、こんにちは。
インディカ米は大盛りでもけっこう食べられますからね。
でも、お腹いっぱいです。
最初の盛りつけの時、ちょっと手で遮って少なめにしてももらったのですが、それでもこうです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月27日 (金) 21時09分

 カレーで東南アジア御飯の典型、ぶっかけ御飯ですね(^_^)。良いです(^^)v。

投稿: おりんぴあ | 2013年9月27日 (金) 21時46分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
カレーは究極のぶっかけ飯ですね。
イポーのバナナリーフカレーは、シンガポールの某有名店にも匹敵する味だと思います。いや、それ以上か。
ほとんど知られていないところがいいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年9月27日 (金) 23時41分

Usually I do not learn article on blogs, but I would like to say that this write-up very forced me to take a look at and do so! Your writing style has been surprised me. Thank you, quite nice post.

投稿: puma | 2013年10月11日 (金) 05時53分

puma san.
Thank you,comment.

投稿: ヒョウちゃん | 2013年10月13日 (日) 00時35分

はじめまして、イポーに旅行予定で調べていたらhitしてお邪魔しました。イポーの情報が少なく、ただインド人も多い様で美味しいカレーが食べられないかと調べていた所でした。

Devi's Banana Leaf Rice Corneでググった所KLの旧市街のお店がHitしたのですが(笑)こちらは、イポーのお店になるのでしょうか。もし、差し障り無ければ、大体の場所を教えていただけないでしょうか。突然のお願いで申し訳ありません。よろしくお願い致します。

投稿: yuki | 2014年10月 7日 (火) 10時41分

piscesyukiさん、こんにちは&はじめまして。
アクセスありがとうございました。
なかなかイポーの情報は少ないですからね。
クアラルンプールの店、ワタクシもヒットしました。
小綺麗な店に見えます。
イポーの店はチェーン店みたいには思えなかったです。
偶然名前が同じなのかもしれません。
たぶん今年度版次年度版の「地球の歩き方・マレーシア ブルネイ」のイポーの地図も同じだと思いますが、A-1(右上)のピザハットとKFCのあるあたりです。
Google MapでもIpoh Boutique Hotel(ここに泊まりました)あたりを検索するとその近くにあるはずですが、Devi's Banana Leaf Rice CornerはKLに飛ばされてしまいます。
イポー駅から離れてしまいますが、このあたりがイポーの中心ではないかと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月 7日 (火) 22時33分

早速お返事いただきましたようでありがとうございます!
地球の歩き方探し出すのに、時間が掛かりました。
本日航空券手配終了しました!

場所、何となくチェック出来ました。
後は、突撃してみるだけですね。

ドタバタしており、お礼が遅くなりまして申し訳ありませんでした。楽しそうな記事が多く、またゆっくり拝見させていただきます。
ありがとうございました!

投稿: yuki | 2014年10月10日 (金) 15時16分

追記です。
ホテルもついでに、参考にさせていただきました。
小綺麗なホテルで、なかなか良さそうですね!

やはり、歩いてblogに書かれた情報は大変参考になります。ありがとうございました。

投稿: yuki | 2014年10月10日 (金) 15時19分

piscesyukiさん、こんにちは。
凄い。手配までしてしまったのですね。
イポーは実は華人の比率がもっとも高い都市とのことですが、インド人もかなりいます。
スズが取れたことで、移民が多いんでしょう。
Ipoh Butique Hotelは、なぜか部屋に電話がありませんが、あとはなんでも揃っています。
ピザハットの上にある宿です。向かいがKFCで、この間の通りの外れに例のカレー屋があります。
では、楽しんできてください。
気が向いたら、また何か書き込んでください。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月10日 (金) 23時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/58272192

この記事へのトラックバック一覧です: イポーと南インド:

« ピリ辛のカリーミー | トップページ | 4つの洞窟寺院 »