« ペナンの隠れ家 | トップページ | ホワイトコーヒーを検証する »

2013年10月 6日 (日)

Restaurant Jayaでインド飯

イポーでインド系料理に触発されていて、ペナンではインド料理をとことん味わってみたいというのがありました。とはいえ、食の天国ペナンですから、ヘビーなものばかりじゃやりきれないなと思い、ヴァラナシーでほぼ毎日食べていた、お手軽カレー掛けのもので攻めてみようと思いました。

Mt0768

<Restaurant Jaya>K7/DA16-50

そうした条件にぴったりなのが、ペナン通りCititelの向かいにある、レストラン・ジャヤです。前回のペナン滞在の時、シティテルに泊まっていて、ここで夕食を取ったことがあるのですが、その安さとメニューの豊富さを覚えていて、宿にチェックインしたあとすぐさま向かいました。

Mt0770

<プーリー>GR DIGITAL

頼んだものは、テ・タレとプーリーです。テ・タレは砂糖とミルクの入った紅茶ですが、よく混ぜるために、容器から容器へと液体を移しかえる神業によって作られるものです。ほとんど冷めたような紅茶になっていますが、コクがあって美味いです。マレーシアではテ・タレがドリンク類のナンバーワンと位置づけたいです。

ジャヤではこれ専門の係がいるほどで、客が途切れることがなく、大変な重労働と思われます。

Mt0772

<カレー味のジャガイモ>GR DIGITAL

一応頼んだものは、プーリーにマサラ味のマッシュルームでしたが、ポテトを持って来られました。まあ、いいか。

んー、ちょっと味が薄いですね。プーリーもしっかり揚がっているのですが、生地が薄かったのが、表面の揚げた部分が食べるたびにぱらぱら落ちてくるし、中もスカスカでした。

とはいえ、プーリー2.0リンギット、テ・タレ1.2リンギットと小銭で支払える範囲ですねえ。安さを求めるなら、是非ともジャヤです。

Mt0896

<ロティ・チャナイ>GR DIGITAL

2日目のジョージタウン。ハリラヤ・プアサです。サービスの宿の朝食を食べたあとですが、軽めならよかろうと、ロティ・チャナイを頼みます。

小麦粉の生地をクレープのようにしてそれをたたみ、鉄板で焼いたものです。これにカレーが付きます。飲み物は同じく、テ・タレ。

んー、カレーの味が薄いです。辛くもないです。昨日の昼は、あいたテーブルがたくさんありましたが、ラマダンあけのこの日は空席を見つけるのが結構大変でした。

Mt0898

<薄味のカレー>GR DIGITAL

まわりはインド人だらけ。スプーンとフォークも付きますが、彼らに倣って手で食べます。昨日もそうしました。こうしたロティ類ならば、まったく問題ありません。

なんと、ロティ・チャナイ1.0リンギット。安さに感激ですね。

Mt0977

<トーセイ>GR DIGITAL

3日目。テ・タレとトーセイを頼みます。今までにきいたことのない、メニューですが、マレーシアで独自の発達を遂げたインド料理のようです。これまた鉄板で焼いた生地が出てきますが、二つに折り畳まれています。

ドーサに似ているなと思ったら、生地は同じものです。ドーサの具を抜いて、カレーを付けて食べるもののようです。カレーは3種類付きます。赤と黄色と緑です。

Mt0981

<赤いカレー>GR DIGITAL

赤いカレーは酸味があります。トーセイ自体にも酸味があって、一風変わった感じですね。

Mt0980

<黄色いカレー>GR DIGITAL

ごく普通のカレーです。ロティ・チャナイに使われていたものと同じでしょう。

Mt0979

<緑のカレー>GR DIGITAL

店内で撮ったもので、緑が白飛びしていますが、薄いグリーンです。野菜ベースのマサラなんでしょう。

これひとつで3種類の味が楽しめるので、トーセイはお勧めです。それに、カレーを混ぜ合わせたら、それこそ無限の楽しみがあるわけで、わずか1.2リンギットでそれを体験できるトーセイは朝食として完璧なのではないかと。

4日目は、さすがに中家系料理に浮気しました。

Restaurant Jaya
99 & 99A, Penang Rd
24時間営業 無休

タンドリー・チキンとかビリヤーニ、もちろんご飯とカレーもあります。麺やピザもできるらしい。調理場の上に料金入りのメニューがあります。写真入りのメニューもあります。ここ、絶対お勧め。

|

« ペナンの隠れ家 | トップページ | ホワイトコーヒーを検証する »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

これは朝食としてだったら、ちょっと重そうな感じがするのですが、そうでもないのでしょうか(・・?

投稿: おりんぴあ | 2013年10月 6日 (日) 23時00分

soccerおりんぴあさん、こんにちは。
これはインド料理にしては、軽めですよ。
カレーもそんなに重くないし。
イングリッシュ・ブレックファストの方がよほどヘビーだと思います。
インディアン・ブレックファスト、バリエーションがあっていいでしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年10月 7日 (月) 23時43分

マレーのインド料理はタミール・ナドゥから来たものですよね
南インドに行くと微妙な変化具合が分かりますよ(^^ゞ
次回は南インドにGO!

投稿: kimcafe | 2013年10月15日 (火) 00時16分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
タイからはるばるありがとうございます。
トーセイ、やはりドーサと同じものでしたか。
言葉だけが変化したような感じですが、前回のインドではドーサは食べてません。
んー、やはり南インドがオレを呼んでいるのかな。

投稿: ヒョウちゃん | 2013年10月15日 (火) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/58328562

この記事へのトラックバック一覧です: Restaurant Jayaでインド飯:

« ペナンの隠れ家 | トップページ | ホワイトコーヒーを検証する »