« タイで最も有名なトイレ | トップページ | フアヒン、カオ・タキアップ »

2014年3月23日 (日)

バーンプリー百年市場

Ym1382

<百年市場のイメージ図>K7/DA21

バーンプリー百年市場を歩きます。中にインフォメーションセンターのようなものがあり、ギャラリーのようになっていて、この絵がありました。

Ym1369

<同じ場所>K7/FA35

ちょうど同じ部分。ここで二つの運河が合流しています。ひとつはベーリンあたりから続くサムローン運河。もうひとつはキンケーオ運河です。この建物がある部分は島のようになっています。

Ym1374

<船を使った橋>K7/DA21

百年市場へのもうひとつの入口、BIG Cからは船を利用した橋を渡ります。有料で1バーツかかります。払いたくない場合は、BIC C脇の小道を歩き、普通の橋を使えばOK。

Ym1402

<船が通るとき>K7/FA35

時折ボートクルーズもあり、そんなときは船の橋は利用中止になります。こんな具合に。

Ym1361

<市場の内部>K7/DA21

百年市場と書きましたが、百年どころか150年以上の歴史があるそうで、おそらくは当時そのままの作りなんだろうと思われます。通路も木製です。平日にもかかわらず、かなりの人出でした。

右側の建物の中にはマッサージ店などもあったりします。あとは食品の店が多いでしょうか。

Ym1403

<戻りのソンテオ>K7/DA21

帰りはBIG Cの玄関口から出ているソンテオで。またどこに行くかわからないので、乗客に「テスコロータス?」ときき乗り込みました。料金8バーツです。結局は終点まで乗り、そこでバス132番に乗り換えました。

|

« タイで最も有名なトイレ | トップページ | フアヒン、カオ・タキアップ »

02a Thailand」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
ざっくり150年前とすると幕末で
アメリカでは南北戦争のころですかね
ワタクシは拝見したことがございませんが
一枚目のイメージ図はスタジオジプリの映画みたいです

投稿: trintrin | 2014年3月23日 (日) 11時55分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
まさに、幕末ですね。
調べてみたら、ラーマ4世の時代で、そのときの国王は「王様と私」のユル・ブリンナー演じる人物ですね。
後にラーマ5世となるのが、チュラロンコーン大王です。
イメージ図はあからさまに最近のコンタイの懐古趣味を反映してますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月23日 (日) 14時43分

船の橋、いいですね
1バーツならよろこんで払います(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2014年3月23日 (日) 16時37分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
なかなか歩きにくい橋ですよ。
揺れるし、向こうから人が来たら、どちらかが譲らなくてはならないし。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月23日 (日) 17時25分

自分がいったときは雨模様で客もおおくなく、ちょっとさみしかったです。舟の橋か入り、ヒョウちゃんの入った寺の方までいって、ま舟の橋を渡って帰りました。

投稿: とんび | 2014年3月28日 (金) 12時56分

chickとんびさん、こんにちは。
んー、自分が行ったときは何か特別な日に当たっていたんですかねえ。
やたらと人が多かったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月28日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59339890

この記事へのトラックバック一覧です: バーンプリー百年市場:

« タイで最も有名なトイレ | トップページ | フアヒン、カオ・タキアップ »