« チャイナタウンで一気にファイナル | トップページ | メーチーさん »

2014年3月16日 (日)

国王御用達駅

またしても夏の旅に戻ります。

Mt2000

<バンコク行きバス>K7/DA16-50

ラノーンからフアヒンに移動。移動に関しては、バスターミナルに近いゲストハウスでチケットを購入しました。ダイレクト便はなく、プランブリーというところで乗り換え。ゲストハウスのチャイ姉さん(歩き方の表記。実際は立派なおばさんです。)が、地図を出して、フアヒンの南30kmだと教えてくれる。

そして案内されたのが、このバス。エアコンとトイレが付いていたが、2等で間違いない。出発前、運転席で祈りを捧げる助手。実際には制服を着た運転手と交替しながらの走行となりました。

Mt2008

<クラブリーにて>K7/DA16-50

他には、ロットゥという手段もあり、あとで調べたら、これもダイレクト便ではなく、プラチュアップ・キーリーカンで乗り継ぐものでした。途中のクラブリーで見かけたソンテオはチュムポーンまで行く長距離便でした。

Mt2023

<ロットゥ>K7/DA16-50

プランブリーでは路上に降ろされましたが、すぐ前がロットゥ乗り場で、すでにロットゥが待機していました。バス、320バーツ、ロットゥ、30バーツ。ロットゥはがらがらで、荷物置き場にも困りませんでした。

ロットゥが最後に止まったところがフアヒンのダウンタウンの中心部で、徒歩1分もかからない宿にチェックイン。クレジットカード不可でしたが、居心地はよかったです。早速歩き回ります。

Mt2030

<フアヒン駅>K7/DA16-50

フアヒンは国王の別荘があるリゾートです。今でもお召し列車でやって来るかわかりませんが、国王専用の待合室がこれ。一応柵があり、中には入ることができません。原宿駅みたいなものでしょうか。

 

Mt2033

<駅弁売り>K7/DA16-50

「タイ・ループ・ダイマイ?」と付け焼き刃のタイ語でききます。答えは「ダーイ(OK)」とのことで撮らせていただきます。ああ、目をつぶっちゃってるよ。この時はけっこう若く見えた駅弁売りですが、おじさんですね。

Mt2040

<折しも列車が>K7/DA16-50

と、列車が到着。けっこう遅れているようです。この列車は、バンスー発、プラチュアップ・キーリーカン行きで、タイ国鉄の外国人向け時刻表には掲載されていないものです。

Mt2041

<売り子>K7/DA16-50

けっこう売れますね。こちらは若い方の売り子。先ほど写真を撮らせてと頼んだとき、後ろで冗談めかして、「メダーイ(だめ)」といっていました。

Mt2044

<出発>K7/DA16-50

そして列車は行ってしまう。すべてが売り切れたわけでもないですね。ちなみに4両編成という短い列車でした。

ここまで来ればバンコクまであと少し。列車で行くという選択肢もありましたが、やはり時間を優先してロットゥとなりました。

Mt2049

<ボクサー像>K7/DA16-50

フアヒン出身のボクサー、ポーン・キングピッチ。古い話で恐縮ですが、日本初の世界チャンピオン、白井義男を破ったパスカル・ペレスからベルトを奪い、ファイティング原田、海老原博幸とも戦ったタイの英雄です。

この像が駅前にありました。

|

« チャイナタウンで一気にファイナル | トップページ | メーチーさん »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

People」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

東南アジアなどでも、最近は人物の写真が、昔より拒否されることが多くなってきましたね。肖像権の考え方が広まってきたのが原因でしょうね。最近困っているのは、写真をとるのはOKでも、ブログなどに掲載するには許可がいるという考え方も強まっていることです。そのため、最近は人物の写真を昔ほどとらなくなってきました。

投稿: とんび | 2014年3月16日 (日) 09時17分

chickとんびさん、こんにちは。
自分の場合は、撮らせてもらえれば撮るというスタンスでしょうか。
少しでも嫌がったら撮りません。
とはいえ、スナップ的に撮っていく場合は、いちいち許可を取りませんから、ケースバイケースともいえます。
旅の写真が風景や料理だけっていうのも、味気ないので、できるだけ人物は撮るようにしていますが。
まだまだ、アジアは写真への許容範囲が大きいと思います。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月16日 (日) 15時09分

ポーン・キングピッチ覚えてます(^^ゞ
ホアヒン出身だったのか!?
チャチャイ・チオノイってのもいました
当時は知らなかったけど、タイのボクサーも必ずチュー・レンで呼ばれてるはずですよね
ターイ・ループ・クン・ダイマイ・クラップ
ダーイならブログオッケーと勝手に解釈してます(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2014年3月16日 (日) 21時07分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
ワタクシ、単純にボクシングを観戦するのが好きなもので、タイのボクサー事情にもある程度詳しかったりします。
タイのボクサーはほとんどがリングネームです。
ファーストネームの方はニックネームであろうと思いますが、これも子供の時からのものではなく、作ってあると思います。
名字の方ですが、ほとんどがスポンサーやプロモーションの名前だったりします。
最近はききませんが、「3Kバッテリー」なんてのもあります。これはバッテリーの商品名ですね。
「パクタイ・リポビタン」なんて選手もいました。もちろん、リポビタンDから来てます。
クラティンデーンはいます。

さすがに、ポーン・キングピッチはテレビ観戦してません。が、大場政夫とチャチャイ・チオノイの試合は見てました。

ついこの間、「指さし会話帳 タイ語」を購入しましたから、毎晩眺めてます。
丁寧語を心がけたいですね。
その辺省略してましたから。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月16日 (日) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59299566

この記事へのトラックバック一覧です: 国王御用達駅:

« チャイナタウンで一気にファイナル | トップページ | メーチーさん »