« バーンプリー百年市場 | トップページ | フアヒンのビッグなトゥクトゥク »

2014年3月24日 (月)

フアヒン、カオ・タキアップ

何とか年末年始の旅レポを終わらせることができました。なので今しばらくは、昨年夏の旅をレポートしていきますのでよろしくです。これもあとちょっとなので、すぐに終わっちゃうんでしょうけど。

Mt2073

<緑のソンテオ>K7/DA16-50

初めてのフアヒンです。この日は2泊目で実質フアヒン最終日。古いリゾート地で決定的な「これ」という決め手に欠けるところですが、ハジャイとかラノーンよりも見どころはあります。結局この日は終日動き回っていたのですね。

フアヒンではこの緑のソンテオが便利です。泊まっていた宿近くのナイトマーケット(もちろん夕方まではごく普通の場所)付近からフアヒンの南北にこのソンテオが走っています。料金は一律10バーツとリーズナブル。

午前中は南(プランブリー方面)にあるカオ・タキアップに行ってみましょう。

Mt2125

<ソンテオの内部>K7/DA16-50

他の都市のソンテオは乗っていると前が見えないんですよね。見えるのは過ぎ去っていく後方の風景と隙間から見えるサイドの風景のみ。でもフアヒンのソンテオは内部にこんな窓があるので、便利ですね。なお、ソンテオのペイントはやはり海がモチーフになっていますね。

終点で下車です。ガイドブックにはカオ・タキアップまで行くような書き方をしていますが、それはチャーターの場合ですね。そこからちょっと歩きます。

Mt2085

<カオ・タキアップのビーチ>K7/DA16-50

ところで、カオ・タキアップって何といわれそうですが、小高い丘でここからフアヒンが一望できるとのこと。「タキアップ」は箸のこと。「カオ」はご飯でしょうか、kimcafeさん(と、振ってみる)。

ソンテオの運ちゃんのいう通りに進んでいくと、海に出ました。フアヒンとか近くのチャアムの海岸は由緒正しいリゾート地なんですが、ビーチに岩が多く、泳いだりマリンスポーツに適したところではないのです。

しかし、カオ・タキアップのビーチは遠浅の海岸が続き岩が見あたりません。この時間帯は今にも潮が引いたばかりといった感じでまるで干潟のようでした。マリンスポーツの雰囲気もありませんが、ほとんど人がいなくてのんびりするにはいいところですね。

Mt2094

<猿は何思う>K7/DA16-50

たまたま猿が水辺に佇んでいたんですね。猿はこれから行く、カオ・タキアップに住んでいるんです。ある程度猿に注意する必要はありますが、ロッブリーの猿ほど大胆かつ傍若無人ではありません。

Mt2093

<カオ・タキアップ>K7/DA16-50

ここを登っていきます。けっこう大きな仏像があります。

Mt2104

<眺望>K7/Da16-50

左の端に見えるのが、フアヒン。ビーチのちょっと沖には漁船もいます。漁でもしているんでしょうか。はじめの方の写真でデッキチェアのあったあたりには、小規模ながらもシーフード食堂がありました。レストランとは呼べないくらいの素朴さでした。

Mt2106

<丘の上>K7/DA16-50

メモし忘れて、わからなくなりましたが、チャクリー王朝(現王朝)の国王の像です。んー、誰だろう。丘の上は寺院でした。

なんと、この日今までの移動続きの鬱憤を晴らすかのように写真を撮りまくった結果、300枚以上というデータが残りました。なので、まだまだフアヒンが続きますよ。

|

« バーンプリー百年市場 | トップページ | フアヒンのビッグなトゥクトゥク »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

Vehicle」カテゴリの記事

コメント

happy01
懐かしい!
フアヒン、私も以前行ったことがあります。
リゾートホテルに二泊しました。
このころの写真はPCのハードディスクが壊れたため、何も残っていないのですが、確かに海岸に猿がいましたねえ。
パタヤと比べると静かなリゾート地で、一人では動きにくかったような気がします。
そのころはソンテウに一人で乗るなんてことさえできなかったので。

投稿: スクムビット | 2014年3月25日 (火) 20時31分

golfスクムビットさん、こんにちは。
おお、行かれたことがあるのですね。
このあと、フアヒンのビーチにも行きましたが、猿は出没していなかったです。いるのかな。
当時に比べると、メータータクシーもぐっと増えたはずですが、バンコクに比べると少ないですね。
ワタクシもトゥクトゥクに乗りました。
タクシーはサトゥーンからタイに入り、それまでほとんど見かけなかったので、やっとバンコクに近づいてきたと感じたものです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月25日 (火) 23時34分

私も水上コテージ(じゃなくて長屋)に2泊しましたよ(^^ゞ
カオ・タキアップでは一応シーフードは食べましたが、山には登らずでしたね
ちなみにこのカオはご飯のカオじゃなくて、山のカオです
プー・カオ・トーンのカオです
ご飯と箸ならぴったりなんですが・・・(^^ゞ

投稿: kimcafe | 2014年3月26日 (水) 20時57分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
解説ありがとうございました。
なるほど、箸のようにとんがった山なんですね、了解です。
わたしゃせっかくのフアヒンなので、シーフードとは思ったんですが、屋台でもビーチでも二の足踏んでしまい、本格的なものは味わえなかったです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月26日 (水) 21時46分

ホアヒンではシーフードかなり食べました。グループ客が席をかなり占領していました。たしかに二の足を踏んじゃいますね。ビーチでも街でも気にせず店にはいりました。安くて新鮮なものが味わえました。

投稿: とんび | 2014年3月28日 (金) 12時49分

chickとんびさん、こんにちは。
この前の日の夕食で、もう一回MKに行きタイスキを食べました。これもシーフードとは呼べなくはありませんが。
ためらいがあったのは、手持ちのバーツが少なくて、メニューが時価のような感じのところが多かったというのもありますね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月28日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59350465

この記事へのトラックバック一覧です: フアヒン、カオ・タキアップ:

« バーンプリー百年市場 | トップページ | フアヒンのビッグなトゥクトゥク »