« なぜか寺院に牛がいる | トップページ | 国王御用達駅 »

2014年3月14日 (金)

チャイナタウンで一気にファイナル

9つの寺院巡り。昼になったので、MRTの終点フアランポーンへ。

Ym1261

<プラットフォームの床屋>K7/FA35

をを、相変わらず営業してますね。タイ国鉄フアランポーン駅、12番線(クルン・カセム運河側)でなぜか営業している床屋。前にも紹介しましたが、やってますね。女性の客もいます。顔剃りでしょうか。

Ym1262

<カオ・ムー・ナムマンホーイ>GR DIGITAL

床屋を見届けて一安心です。駅舎に戻り、運河と反対側の二階に上がります。ここのAnna Kitchenがわたしゃお気に入りで、構内を見渡せる席で牛肉のオイスターソース炒めご飯とスイカジュースの昼食です。これで125バーツ。街の食堂より割高感ありますが、清潔感があって、旅心も満たされるので、よしとします。

腹ごしらえができたら、後半戦開始。多少歩くことになりますが、このあたりをしらみつぶしに5箇所行ってみるつもりです。

Ym1267

<ワット・トライミット>K7/DA21

純度の高い黄金仏で有名な寺院です。もともと漆喰で覆われていたこの仏像、クレーンでつり上げようとしたものの、あまりの重さに作業がはかどらず、一晩野外で放置。すると、翌朝、雨ざらしだった漆喰の一部が剥がれ、そこからゴールドの輝きが見つけられたものです。

そして、2010年に本堂が新しくなり、高額な拝観料を取るようになりました(黄金仏は元々有料)。この企画は「お金をかけない」ことも自分の中では約束事でしたから、次へ。これで5つ目制覇。

Ym1277

<大華醫院>K7/DA21

ワット・トライミットからすぐの中華風の寺院。というより、廟のようなものでしょうか。ろうそくや線香がやたら多いし。入口の門に漢字で大華醫院と書かれていましたが、地図には表示がありません。

これで健康関係もクリアでしょうか。6つ目制覇。

Ym1266

<チャイナタウンの道しるべ>K7/DA21

このあたりから、徐々に気温が上がってきました。ああ早く終わりにしてしまいたい。歩いている通りは工事中で渋滞も激しく、排気ガスがたまりません。

Ym1285

<ワット・マンコン>K7/DA21

さすがにチャイナタウンは密集地帯で、この寺院は歩道に入口があり、そこを通っていくと中庭のようなところが広くなっていました。でもなんか絵にならないんですよね。

それでも参拝客は多いです。平日ながらも何かのために参拝したり、祈ったりしています。ここからの寺院は決して観光客が訪れないようなところで、ガイドブックの地図に位置は載っていますが、解説はありません。それでも、7つ目制覇。

Ym1295

<ジャルン・クルン通り>K7/DA21

このあたりで道に迷いかけます。一応地図を参考に歩いて次の寺院を目指していたのですが、やはり密集地で、寺院自体が大通りからは見えないようになっていたのですね。

Ym1297

<ワット・チャイ・チャナ・ソンクラム>K7/DA21

ここも、歩道の切れ目の路地を奥に入ったところでした。寺院は立派ですが、参拝客がいません。それより付属の私立学校らしきところがメインのようです。これで8つ目。

Ym1311

<ワット・チャクラワット>K7/DA21

最後は行き当たりばったりでしたが、特徴のある仏塔を持つ寺院でした。この近くにジャイナ教寺院があり、それでお茶を濁してもよかったのですが。仏塔の前ではきちんとお参りしてきました。

ああ、疲れたぜ。

帰りは川に出て、ボートでもよかったのですが、たまたまトゥクトゥクが通りかかり、ちょっとボラれてフアランポーンに戻りました。

後半はとっちらかりましたが、まあよかったのではないでしょうか。最もお手軽なのは、ラタナーコシン島(ワット・プラケーオのあるあたり)で集中的に寺を回ることでしょうか。あそこにはラック・ムアンという、バンコクの柱がありますし。一応、タイの都市建設の際にはその基礎となる、ラック・ムアンがあります。コラート(ナコンラチャシマー)では、訪れてみました。

|

« なぜか寺院に牛がいる | トップページ | 国王御用達駅 »

02a Thailand」カテゴリの記事

Temple/Church」カテゴリの記事

コメント

9つの寺めぐり。なんだか日本の四国88か所めぐりとか西国33か所めぐりを連想しませんか。関東にもありましたね。秩父だったかな。バンコクの9か所は1日で終えて、ご利益を得られるので、やりやすいですね。

投稿: とんび | 2014年3月15日 (土) 19時27分

お疲れ様でした。
フォアランボーンの床屋、まだやっていますね。
タイ国鉄は進歩が遅いので、あと数年はあるでしょうね。
駅が移転の時にはなくなるでしょうけど。
きっと三十年もしたらこの床屋の写真が博物館に飾られるはずです。
その時まで生きていて見たいものです。

投稿: スクムビット | 2014年3月15日 (土) 22時20分

chickとんびさん、こんにちは。
たったの9箇所ですが、かえって場所が決められていないので、真面目にやると難しいものがあるかもしれません。
わたしゃ、適当だったためか、今のところ御利益が感じられませんです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月16日 (日) 01時20分

golfスクムビットさん、こんにちは。
果たして、フアランポーンを本格的に移転するかわかりませんね、
南本線など、すべてトンブリーを始発にしてしまえば、ある程度の混雑緩和になると思いますが。
東本線もバンスー始発にするとかね。
床屋はいつまでやっているか、見届けたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年3月16日 (日) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59292783

この記事へのトラックバック一覧です: チャイナタウンで一気にファイナル:

« なぜか寺院に牛がいる | トップページ | 国王御用達駅 »