« フアヒンの海岸 | トップページ | サームチュック百年市場までのアクセス »

2014年4月 5日 (土)

緑のバミーと巨大ルークチン

フアヒンからはロットゥでバンコクへ。その日は何もせず翌日サームチュックにある百年市場に向かいました。行き方や市場の様子については次回報告します。

Mt2528

<ここでバミーを>K7/DA16-50

すでに到着したときには昼を回っていました。バンコクから2時間くらいですが、ちょっと遠いですね。

一通り写真を撮って、何か食べるものを探します。いくつか麺の店があります。見比べていくと、黄色い普通のバミーと並べて、緑の麺を扱っている店がありました。店構えもしっかりしているし、ここにします。

あいているテーブルに着き、「バミー・キアオ」と注文。

Mt2523

<緑のバミー>GR DIGITAL

本当に麺が緑です。葉物野菜などで色を付けたのでしょうか。食べてみると麺はごく普通です。でも、ツルツル、シコシコ感があって、美味いです。

Mt2525

<けっこうボリュームもあり>GR DIGITAL

具は肉と魚のルークチン。これがなかなか歯ごたえがあり、美味いです。肉入りの豆腐もありました。ワンタン風ですが、ちょっと違うような気がしますね。

これで、30バーツと、バンコクやフアヒンよりもぐっと安いです。この店、「楊煌盛」というようですが、戻りのロットゥでサームチュックの町を通り過ぎるとき、同じ名前の大型店舗を見かけました。地元では有名店だったりして。

とにかくこうした店構えのところは他にありませんので、緑のバミーを食べたいときは、ここに。

Mt2578

<巨大ルークチンの看板>K7/DA16-50

サームチュック百年市場を歩くと、いやが上でも目につくのが、巨大ルークチンです。こんな看板もあり、店もいくつかあります。けっこう有名みたいですね。

Mt2556

<サイズも様々>K7/DA16-50

先ほどバミーを食べたばかりですが、満腹にはほど遠かったので、これも食べていきましょうか。

サイズも様々です。一番小さく見えるものでも、普通のルークチンの1.5倍くらいありそうです。左奥のルークチンともなると、両拳を合わせたくらいの大きさです。これはもっぱら、客寄せ用でもあるらしく、コンタイがこれを手にとって、記念撮影していました。

太っ腹なことに試食用があり、タレ付きです。試食でも美味いです。先ほどのバミーのルークチンもこれが使われているんでしょう。「じゃぁ、中くらいの1本ね」

Mt2557

<切って袋に>K7/DA16-50

ルークチンはそのままではなく、包丁で切って食べやすいサイズにしてくれます。袋に入れて、タレも入れられます。1本50バーツ。

Mt2559

<ベンチにて>K7/DA16-50

小さくしてもこのサイズです。普通のルークチン1つくらいの大きさ。タレが激辛です。でも美味いです。そして独特の歯ごたえ。これぞ、今まで食べたルークチンの中ではナンバーワンですね。

緑のバミーと巨大ルークチンを食べに行くだけでも、サームチュック百年市場には行く価値があると思います。同じスパンブリー県には「ドラえもん寺院」があるそうですし。

|

« フアヒンの海岸 | トップページ | サームチュック百年市場までのアクセス »

916t Malaysia & Thailand」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

バミーキヨー旨そうですね(^^ゞ
巨大ルークチンもすげえ!
サームチュックにバミーキヨーとルークチンの旅、いいですね
日本の大食いタレントを連れていこうか

投稿: kimcafe | 2014年4月 5日 (土) 23時35分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
サームチュック、絶対お勧めです。
もはや、バンコクをぶらつくのは当分なしで、郊外のタラート巡りを続けるつもりです。
とんびさんの、記録を見ていると、バミーには黒い麺もあったとあります。
ワタクシも見た記憶がありますが、やはり緑にしてみました。何年か経ったら、また訪ねて今度は黒いのを食べたいです。それまで店がやっているといいんだけど。
ルークチンが美味いのは作りたてというのもあるかな。
原料はすぐ近くのタージン川から捕れた川魚でしょう。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年4月 6日 (日) 11時56分

同じお店に行ったようですね。店がまえからわかります。緑の麺、バーミーにしては透き通っていたような感じでしたね。ほかにも緑の麺が店頭においてあった店はありましたが、ここが一番賑やかでした。黒の麺もどんな麺なのか気になりますね。

http://tombi00.sblo.jp/archives/20131004-1.html

ヒョウちゃんもバンコクでタラートめぐりですか。なんか自分の病気?が感染したみたいな。自分もつぎはタイに行きますが、バンコク郊外のタラートめぐりにするか、クラビに行くか朝からいろいろ考え中で、迷っています。クラビは長距離バスの途中で通過して気になっています。崖のような山があったでしょう。

投稿: とんび | 2014年4月 6日 (日) 15時37分

chickとんびさん、こんにちは。
ワタクシもいくつかの店で緑のバミーを置いてあったのを確認しながら写真を撮っていたんです。
それでいざ食べようかと、店を回っていたら、他ではなくなっていて、ここになりました。
バンコクはほとんどのところを行っていますので、ひとつテーマを決めないとだめですから。
以前も書きましたが、自分もタラート巡りは前から目をつけていたんです。
クラビはもちろん未踏ですが、ハジャイからプーケットに行くとき奇岩が目に入りました。
最近の「世界不思議発見」でクラビに天然の温泉があるということが紹介されていましたよ。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年4月 6日 (日) 19時44分

緑の麺ワタクシがよく頂くこんにゃく麺に似ています
このこんにゃく麺はダイエット食品として売られてる
気休め麺と名づけておりますが

投稿: trintrin | 2014年4月 8日 (火) 08時04分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
いわれてみると、こんにゃくのようにも見えますね。
照りがあるからそう見えますが、間違いなくバミー、小麦粉麺です。
でも何となくヘルシーに見えませんか?

投稿: ヒョウちゃん | 2014年4月 9日 (水) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59417553

この記事へのトラックバック一覧です: 緑のバミーと巨大ルークチン:

« フアヒンの海岸 | トップページ | サームチュック百年市場までのアクセス »