« ビザランが危うい | トップページ | バーンプリー百年市場が火災 »

2014年5月22日 (木)

ヤンゴンの宿

あー、ついにタイで陸軍がクーデター宣言です。なんか結局旧権力(利権)の保持が第一なんだよなあ。当分は軍部による臨時内閣が続き、おそらく現在のタイ貢献党を解党措置にし、タイ貢献党の実力者たちを公民権停止にしてから、総選挙となるんでしょうか。いやもう、現国王にはがっかりだわ。

さて、この年末年始にミャンマーに行ってきたんですが、ヤンゴンのちょっと変わったホテルを紹介したいと思います。

Ym0065

<宿外観>K7/DA21mm

ヤンゴンで最初に泊まったホテルです。agodaで見つけました。その名はEast Hotel。ミャンマーの自由化の波を受けてか、ヤンゴンのホテルは凄く値上がりしてます。ここも、1泊1万円はしませんでしたが、けっこういい値段でした。

2006年に訪れたときには、1泊4000円程度のところに泊まったと思いますが、ホテルのランク的にはそれよりややグレードが上がっているかもしれません。決め手はロケーションです。トレーダーズ・ホテル(現スーレー・シャングリラ・ヤンゴン)の向かい、ボーヂョー・アウンサン・マーケットまで徒歩5分、スーレー・パヤーまで徒歩10分程度という立地です。

ここは某有名ガイドブックにも掲載されていますが、その文章に注目です。「客室はおしゃれな内装で最新設備が整い快適だが、ベッドルームとバスルームの仕切りがドアではなく球簾。トイレやシャワーがまる見えなわけではないが、2名で利用する際には注意。」とあります。

Ym0025

<確かに>GR DIGITAL

シャワーブースとトイレは別でした。球簾はトイレのみに付いていました。そして、シャワーブースは丸見えのようですが、やはり簾を降ろすことができます。まあ、ひとり利用なのでほとんど関係ありませんが。

でも、ちょっと落ち着かない。ドアの入口はカードキイをかざすだけで解錠できるんですけどね。部屋が少し暗いです。というのも、窓がトイレ側にしかないのでした。2006年になかったものは、WiFiですが、もちろんあります。ですが、初日は電波が入ったものの、翌日はだめでした。

Ym0037

<ミャンマー式朝食>GR DIGITAL

朝食付きのホテルで、洋食、中華、ミャンマーの朝食を選ぶことができました。もちろんミャンマー式です。モヒンガーかと思いましたが、スープのない麺でした。手前の揚げたものは、なんだかよくわかりませんが、お菓子のカールにそっくりの食感です。そして味の付いてなさそうな麺の下には結構な量の唐辛子が隠れていました。

スパイシーなのは結構なんですが、ちょっと味の深みにかけるかも。

翌日は早朝から空港行きなんですが、頼まなくてもテイクアウト式の弁当を用意してくれました。

エレベーターが修理中だったり、球簾を取り替えてドアをつけるなど、リフォーム中だったりしますが、まあ、悪い宿ではなかったです。

マンダレーからヤンゴンに戻ってきて、May Shan Hotelという、スーレー・パヤーから徒歩1分というところに宿替えしましたが、こっちはWiFiがばっちりでした。でも、窓はなかったです。2006年ではまだ、ホテルを名乗ってなくて、ゲストハウスでした。朝食は選択の余地がなく、トーストにバナナでしたけど。

ヤンゴンはダウンタウンにホテルが少なく、それが宿泊費の高騰につながっていそうです。地方は結構安いので、そちらで贅沢しろということでしょうか。

<お知らせ>
数日前から、大量のスパムのトラックバックが送られてくるようになりました。ちょっとこれを避けるため、当分トラックバックを受け付けない設定にしました。今までの記事は大丈夫です。

|

« ビザランが危うい | トップページ | バーンプリー百年市場が火災 »

02e Myanmar」カテゴリの記事

Hotel」カテゴリの記事

コメント

ヤンゴンのホテルは高いですね~
翌日WIFIがだめというのは、スイッチ入れ忘れとかかも(^^ゞ
タイは夜間外出禁止だそうです
カラオケ屋やばし(^_^;)

投稿: kimcafe | 2014年5月23日 (金) 08時56分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
いよいよ、クーデターという状況のタイですか。
ホントに貴重な体験です。でも、気をつけてください。
ヤンゴンのホテルはコストパフォーマンスが悪すぎます。
夜間外出禁止ですか。
いつまでこんな状況が続くんでしょうかねえ。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年5月23日 (金) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59794104

この記事へのトラックバック一覧です: ヤンゴンの宿:

« ビザランが危うい | トップページ | バーンプリー百年市場が火災 »