« マテーラとオレキエッテ | トップページ | イタリアでカジキ »

2014年7月 2日 (水)

カマレロの仁義

7月突入です。2014年も半分終わってしまったです。と、ともに、次の旅行までカウントダウン開始です。ないネタをひねり出し、何とかつないできましたが、あと少しです。

ということで、またしても古くてすいませんが、2003年のイベリア半周の旅より引っ張り出してきました。マドリッドから西に向かい、大西洋岸からポルトガル入りし、再びマドリッドに戻ってくる旅でした。

マドリッドから次のバリャドリッドに向かいました。ここを基点に近郊の都市巡りをします。スペインもユーロが導入されて2年目。当時の対円レートは今より悪かったと思います。それでも律儀に昼食と夕食にはレストラン通いをしてました。

バリャドリッド最初の夕食はバルの奥にあるレストランに入りました。なんと、オープンが21:00からです。ま、確かに、陽が暮れるのがかなり遅い時間でしたが。スペイン語でウェイターのことをカマレロといいます。

そのカマレロが、ちょっと気取った態度で迎え撃ちます。ちょっと高級な店だったようで、ワインのハーフボトルやキャラフ入りがありません。ハウスワインにしましたがなんとフルボトルでした。飲みきれるもんじゃないです(当時はワイン修行が足りません。今なら、何とか可能。)。

まあ満足して、1日おいて、また行ってみました。

Ib0239

<ワインと水>COOLPIX 880

頼んだものは生ハムとイカの墨煮です。メインがイカですから、白ワインです。でも、前菜が肉ですから、赤でもよかったですかね。

Ib0240

<ハモン・イベリコ>COOLPIX 880

最高級のハモン・セラーノではありません。イベリコ豚の生ハムです。それでもこれは絶品でした。イタリアの各地で生ハムを味わってきましたが、もう全然風味が違います。パルマの生ハムだけは味わっていないのですが、スペインのTKO勝ちではないでしょうか。

Ib0241

<カラマレス・エン・ス・ティンタ>COOLPIX 880

ご飯付きです。とはいえ、あちらじゃ、米は付け合わせの一種です。やはりパンが主食です。イカの墨って、ここまで染まるのかというくらい真っ黒です。でも、このイカ墨が旨味となっているんですね。

イカ墨はソースとしてパンに付けても美味しいです。これも満足です。

最後にコーヒーを頼みます。もちろん、イタリアのエスプレッソ、フランスのエクスプレスと同じものですが、スペインでは、「カフェ・ソロ」と呼びます。

Ib0242

<お菓子のサービス>COOLPIX 880

すると、カマレロは、ワゴンを運んできました。そこからトングで菓子をいくつか取り出します。をを、サービスというわけですか。頼んでないのにありがたい。

2晩通った見返りということでしょうか。他に客もあまりいなかったようだし。カマレロが、さりげなく出してくれたということです。態度は相変わらず尊大な感じですが、男気を感じましたね。旅人に対する仁義みたいなものかもしれません。

たまにはこういうこともあります。

ちなみに、レストランのメニューはスペイン語オンリーです。当時地中海沿いのいわゆるラテン系のヨーロッパを旅し、料理の素材の単語がほぼ同じであることと、当時の「地球の歩き方」に料理名が載っていたので、これを頭に入れていたのです。それでも何とかなりました。

また、当時の料理兼スナップ用のコンデジは、画素数も低く、ストレージも持っていなかったので、最低のサイズと解像度で撮っていました。同じ料理を何枚も撮り直すなんてこともなく、やはり今見返すと、鮮明な感じがしませんね。

今や、メインのカメラもデジタルですもんね。10年たつと旅のスタイルがやはり変わっていますね。宿もWiFiなんてなかったし。

|

« マテーラとオレキエッテ | トップページ | イタリアでカジキ »

04c Spain」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

10年前のお写真をお持ちなんですね
どういう風に保管なさっていらっしゃるの?
それに文章も昨日のことのように流暢です
旅日記が残っていらっしゃるのでしょうか
ワタクシは昨日何食べたかすら覚えていられないんです
感動を通り越して尊敬です

椎名林檎さんの記事:
スクムビットさまが書かれていた「カーネーション」
今再放送してまして毎日椎名さんを聞いてます
そしてドラマに号泣
水っ洟かんでお風呂に入ります

投稿: trintrin | 2014年7月 4日 (金) 08時56分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
すべてではありませんが、ほとんどの旅で撮った写真はカテゴリーごとに保存しております。
保存先は外付けのハードディスクですが、たまにDVDに焼いていたりしてます。
旅ごとにメモを取っています。
ブログデビュー前から海外旅行サイトをやっていて、旅行記をアップしていますが、これが元になっています。
とはいえ、ブログが中心となり、最近の旅行記は上げてません。
今ではほとんどブログですね。

ですが、欠けている写真も多くて、第一にスキャナーが壊れましたから、今から1枚1枚読み込むのもしんどいです。
業者に頼んで、DVDにしてもらえば楽ですが、かなり昔のものですから、それをやるほどの価値はないなと。
2000年のロンドンとリバプールもそんな写真がありますが、最新情報を直接撮って来た方がいいなと。

へえ、「カーネーション」再放送なんですね。
あのころのシーナリンゴは、癖のないナチュラルな歌い方をしていました。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年7月 4日 (金) 22時14分

こういうサービスがあるとうれしいですね。自分にはこういう経験は、ひょっとしたらあるかもしれませんが思い出せません。

今年にはいって、ちょっと疎遠気味になっているような気がしていたのですが、今日はまとめて書かせてもらっています。よかったらヒョウちゃんもどうぞ。

投稿: とんび | 2014年7月11日 (金) 20時48分

chickとんびさん、どうもです。
これ以外、なかったと思いますね。自分も。
もっとあるといいんですが。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年7月11日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/59913227

この記事へのトラックバック一覧です: カマレロの仁義:

« マテーラとオレキエッテ | トップページ | イタリアでカジキ »