« 沢木氏のパリ | トップページ | ドーバー海峡を渡る »

2014年9月28日 (日)

絶品の仔牛のクリーム煮でイギリス行きに備える

パリ最終日の夕食。相変わらず、パリ北駅前のブラッスリーに通います。毎回同じじゃつまらないので、3軒通いました。明日はイギリスなんだし、失敗しないよう美味いものを食べていこうと思います。

Fe1088

<テラス席にて>GR DIGITAL

飲み物はコート・デュ・ローヌ。なかなか白が登場しませんが、わたしゃ赤が好きということでそうなります。魚料理が登場しないのも関係ありますね。ま、フランス料理は肉が美味しいということもあります。

この日は天気がいまいちでしたが、テラス席で頂くことにしました。

Fe1087

<肉のパテ>GR DIGITAL

いかにもシンプルな肉を固めたもの。「terrine de campagne」です。前菜としてはワインにぴったりです。ズッキーニのピクルスがとても酸っぱいです。生々しく見えるかもしれませんが、癖がなく美味しいです。

Fe1089

<子牛のクリーム煮ライス添え>GR DIGITAL

名称は「blanquette de veau」。英語表記もあったので、シチューと思っていましたが、クリーム煮なんですね。ブッフ・ブルギニョンだったら、ワイン煮なんですが、こちらは比較的あっさりです。

Fe1091

<ゼラチン質>GR DIGITAL

すじ肉っぽい感じですが、肉を切り分けていくとこんな部分もしっかりと残っていました。美味かったです。

Fe1095

<ピーチメルバ>GR DIGITAL

実はどんなものか知らなかったんです。古内東子の曲があったなくらいで。アイスクリームにシロップ漬けの桃をのせて、果物のソースとアイスクリームで挟んだいささか重そうなデザートでした。

でも、美味いっすよ。

Fe1097

<食後のエクスプレス>GR DIGITAL

今まではケチって、頼まなかったですが、思い切って頼みました。前日の夕食でブラッスリーを出たあと、とあるカフェでエクスプレスを頼もうとしたら、拒絶されましてならここで頼むかと。

おかげでフランスで最も高い夕食となりましたが、イギリスに行くんだし、ケチケチしないと。でも、チーズは頼めなかったなあ。

|

« 沢木氏のパリ | トップページ | ドーバー海峡を渡る »

918t France & England」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

うわーっ!
すっごい生クリームです
ヒョウちゃんって甘いもの好きでしたっけ?
意外な展開でコメント3連発しちゃいました!

投稿: trintrin | 2014年9月29日 (月) 08時35分

boutiquetrintrinさん、こんにちは。
コメント3連発ありがとうございました。
わたしゃ基本甘いものは食べないんですが、せっかくフランスにいるので、頼んでみたのです。
プリンだのアイスクリームだのは飽きてしまい、これがあったので頼みました。
ところでピーチメルバはイギリス生まれみたいですが、考案者はフランス人とのことでした。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年9月29日 (月) 21時55分

写真だけでの判断ですが、特に子牛のクリーム煮ライス添えとピーチメルバが私は好きそう。
脛を煮込んでほろほろになったやつ、いいですね。
そしてピーチメルバですが、生クリームのやはりほろほろにホイップした自然な感じがいかにもいい。
ヨーロッパの乳製品はチーズも生クリームもまたバターでさえミルク感が強くておいしいです。

なぜ日本にないのだろう。restaurant


投稿: スクムビット | 2014年9月30日 (火) 21時03分

これはいいですね、おいしそう(^_^)
量はちと多いかもですが、満足できそうな感じですね
気になるのはお値段です
さて、〆ておいくらでしょうか?

投稿: kimcafe | 2014年9月30日 (火) 21時36分

golfスクムビットさん、連投ありがとうございます。
仔牛のクリーム煮はそれほどこってりはしていません。
これにモツが入っていたりすると、ワタクシ好みなんですが。
ピーチメルバは新しい発見でした。
どこかにまたあったら、食べたいです。
今回チーズを行ってみなかったんですが、これもいつかチャレンジしてみたいです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年9月30日 (火) 23時18分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
量は多そうに思えますが、普通に一人前が食べられる人なら、持てあますことはないと思います。
値段ですが、45.8ユーロプラスチップでした。
懐具合によろしくないです。
もちろんクレジット払いです。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年9月30日 (火) 23時20分

英国行きをひかえて、美味しそうな食事ができましたね。ブラッスリーはカフェ兼用の軽食店って感じですが、料理の質は高いですね。自分もパリに滞在した時にはブラッスリーに通いました。

投稿: とんび | 2014年10月 6日 (月) 06時37分

chickとんびさん、こんにちは。
ブラッスリーに初めて入ったのは、アヴィニョンでした。
次がリヨンでしたが、どちらも格式ありそうなところで、カフェ兼用の軽食店ということはまったくありません。
ただ、パリ北駅前にずらっと並ぶブラッスリーのいくつかは、カフェと区別のつかないところもありました。
地方のブラッスリーはレストランの比率がかなり高いですが、パリだと覗いて雰囲気を確かめないとだめですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月 6日 (月) 20時51分

自分が3年前にパリで行ったところはカフェ風が多かったです。カジュアルな感じでしたね。むしろ、そんな感じのほうが自分の中ではブラッスリーの印象です。

投稿: とんび | 2014年10月 6日 (月) 21時24分

chickとんびさん、こんにちは。
地方は正統的なブラッスリーが多いです。
実はレンヌでミシュラン一つ星のブラッスリーがあったのですが、入ろうと思ったら、休業中でした。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月 7日 (火) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60391440

この記事へのトラックバック一覧です: 絶品の仔牛のクリーム煮でイギリス行きに備える:

« 沢木氏のパリ | トップページ | ドーバー海峡を渡る »