« 英国国教会の総本山 | トップページ | カンタベリーのパフォーマーたち »

2014年10月13日 (月)

アフタヌーンティーで腹一杯

カンタベリー大聖堂でアフタヌーンティーの広告を見かけました。こうしたものはほとんど興味がないのですが、せっかくイングランドにいるんだし、一度くらいは体験してみようというノリで行くことにしました。

Fe1500

<ポットとカップ>GR DIGITAL

ティールームと呼ばれる店で、簡単な食事もできるようです。一応メニューを見て、やっぱりアフタヌーンティに決めます。黒っぽいメイド服を着たウェイトレスが対応します。紅茶はスペシャルブレンドというものを勧められ、それに従います。すぐに紅茶の入ったポット、カップ、砂糖、ミルクを持ってこられました。

Fe1502

<まずは一杯>GR DIGITAL

普段からあまり紅茶を飲まず、ティーバッグではなくリーフの紅茶ですから、茶漉しなども使い慣れていません。ちょっとこぼしてしまいましたが。

Fe1503

<ミルクを加え>GR DIGITAL

さらにミルクを加えてイングリッシュティーの完成です。砂糖は白とブラウンシュガーが混在です。イングリッシュティーではミルクを先に入れておくというこだわりもあるようですが、あとで入れました。

Fe1506

<アフタヌーンティーのセット>iphone 5c

紅茶はやはり美味いです。インドのチャイとはかけ離れていますが、上流階級から肉体労働者に至るまで紅茶に親しんだ味は何となくわかるような気がします。

もっとも、大英帝国の紅茶は、中国に阿片を売ることでもたらされ、インドで茶の栽培を始め、その利益を莫大にするために、政府をあげて「紅茶を飲もうキャンペーン」を張ったことから始まったもので、いささか暗い影があるのです。

そうしているうちに、メイドではなくウェイトレスがティースタンドと呼ばれる3段重ねのトレイを持って登場します。下から、サンドイッチ、スコーン、ケーキという順です。見た目よりもボリュームがあります。

Fe1508

<サンドイッチ>GR DIGITAL

ライ麦パンと普通の食パンのコンビネーションです。ライ麦パンにはバター、普通のパンにはハムというサンドイッチでした。かいわれ大根というのはヨーロッパでは珍しいと思います。

これで少しは腹が満ちてきました。

Fe1510

<スコーン>GR DIGITAL

レーズン入りのスコーンです。スコーン初体験ですが、固いんですね。かなりでかいので二つに割ってみます。これに、ジャムとクロテッドクリームを付けて頂きます。クロテッドクリーム、はじめはバターかと思いましたが、微妙に違うそうです。

これはボリュームありましたね。しかも、ポットの湯を差し替えもしてもらえるので、もう腹一杯です。

Fe1513

<ケーキ>GR DIGITAL

比較的歯ごたえがあります。自家製のものを盛り合わせたような感じです。少量のように見えても、少しずつ食べるとじわじわ効いてきます。

支払いはどうするかと思いましたが、そのままレジに行きました。テーブル番号をきかれ、申告すると、値段を告げられました。17.5ポンド、クレジットカードでの支払い。

お茶と考えると高額ですが、食事と思えばまあ妥当かも。事実これで昼食代わりにしたのですから。

|

« 英国国教会の総本山 | トップページ | カンタベリーのパフォーマーたち »

918t France & England」カテゴリの記事

Drink」カテゴリの記事

Food」カテゴリの記事

コメント

ヒョウちゃんは大のコーヒーマニアだから、ティーには関心がないのはわかります。ですがいってびっくり大正解でしたね。ティーの付録のはずの食べ物が立派で、ティーといより昼食でしたね。

投稿: とんび | 2014年10月13日 (月) 12時54分

三段重ねきたーー!
スコーンがハンパなく大きい!!
(初めて見ました。こんな大きいのが存在するとは・・・)

サンドイッチにのっているのは、大きさ的にブロッコリースプラウトかもしれませんね。
貝割れと姿形がよく似てますが、味が違います。辛くなかったのでは?

欧米ではポピュラーなスプラウト(新芽)、日本には貝割れともやしとアルファルファくらいしかなかったけど、数年前にブームが起きて、今はいろいろ売られてます。

投稿: にこちゃん(^v^) | 2014年10月13日 (月) 14時16分

chickとんびさん、こんにちは。
仰るように、ヴァラナシで購入したリーフの紅茶はまだ飲みきっていません。
でも、土産にフォートナム&メイソンのティーバッグを購入したりしました。
経験することは結構重要かもしれません。
これほどたくさんの食べ物が付くとは思っていませんでした。
台風の中ご帰国でしょうか。
気をつけてくださいませ。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 15時36分

mobilephoneにこちゃん、こんにちは。
ワタクシも食べたことなかったのですが、スコーンはもっと小さいものと思っていました。
こりゃ、ペニンシュラのアフタヌーンティーと比較せねば。
ブロッコリー・スプラウト、初めてききました。
そういうものもあるんですね。
確かに辛くなかったです。
これからもいろいろ教えてくださいませ。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 15時40分

クロテッドクリームは私の好きなモノでして、今は藤沢にある中沢フーズの中沢クロテッドが全国で買えます。
生クリームの水分をもっと絞ったようなものですね。
麻、これをトーストにつけて食べるのがいいのですが、太るのが気になって今はやめています。
cafe

投稿: スクムビット | 2014年10月13日 (月) 17時40分

golfスクムビットさん、こんにちは。
ほう、クロテッドクリームがお好きとは。
わたしゃ、ここでアフタヌーンティーを頂いて、あのバターのようなものは何かというところから、調べてたどり着いたのです。
「食」もこのブログの売りになってきましたが、文化圏が違うと知らないものが次々出てきますね。
またいろいろ教えてください。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 20時07分

アフタヌーンティ~♪
さすがイギリスって感じですね(^^)
シンガポールで一度だけ食べた事ありますが、
結構な量ですよね~
1食分になりそう。
私は甘いものは沢山食べられないので、三段が全部しょっぱいものだといいなーって思っています♪

投稿: prego | 2014年10月13日 (月) 20時49分

あこがれの3段重ねですね(^^ゞ
紅茶はポットがいいですよね
これだと17ポンドでも高く感じないところが不思議です

投稿: kimcafe | 2014年10月13日 (月) 20時50分

rougepregoさん、こんにちは。
香港お疲れ様でした。
ともかく、食に淡泊なイギリスなので、少しでも話題になるようなものをチェックしてきました。
値段を別にすれば、また体験してもいいかな。
一応、それほど激甘ではなかったっす。
でも、量が多いですね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 22時00分

karaokekimcafeさん、こんにちは。
あこがれというか、とにかく体験してみようと。
こういうところじゃないと、ポットで提供してくれませんね。
17ポンドはまあ、食事代としては妥当ですかね。

投稿: ヒョウちゃん | 2014年10月13日 (月) 22時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187000/60468335

この記事へのトラックバック一覧です: アフタヌーンティーで腹一杯:

« 英国国教会の総本山 | トップページ | カンタベリーのパフォーマーたち »